メイン | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月28日 (水)

Eleven Rack セミナー 開催のお知らせ  

Eleven Rack セミナー 開催のお知らせをいたします。

11r_w_ptmix_2 日時:2010年7月30日(金)19:00~

場所:ミュージックランドKEY 渋谷店 2F ギター売り場 Key_logo_small

デモンストレーターは、USTでおなじみの福地さんです!

生で福地さんのファンキーなギターを楽しみつつ、Eleven Rackの実力を「体験」する、またとないチャンスです! 今回はギター売り場にての開催ですので、常設展示してある、色々なギターをEleven Rackにつないで試奏することも可能です。 詳しくはKEYさんにお尋ねください。

Tomoya_fukuchi

参加無料ですが、要予約ですので、ご興味のある方は、いますぐ下記URLにアクセスしてください。

http://www.musicland.co.jp/event/index.php?seq=Detail&eid=300


当日、ご購入いただいた方には、特製Eleven Rackロンティーをプレゼント!

Tshirtsdesign_jp

では、皆さんのご参加をお待ちしております。

2010年7月27日 (火)

調号の設定

ト音記号やヘ音記号の隣についている♯または♭を 調号 (key signature) と呼びます。曲の途中に出てくる特定の音符についているものは 臨時記号 (accidentals) です。調は拍子と同じように曲の特徴決めとなる大きな要素となります。大きく分けて 長調 (major key) と 短調 (minor key)。単純に言うと、長調は明るく短調は暗い調性です。例えばベートーヴェンのピアノソナタに「悲愴」とタイトルの曲がありますが、これは C minor (ハ短調 / c moll) の曲です。チャイコフスキーの交響曲にも「悲愴」がありB minor (ロ短調 / h moll) です。クラシックの曲名とともに書かれている「dur(major)」や「moll(minor)」は「デュアー」「モール」というドイツ語です。

それではSibeliusで調号を設定してみましょう。

【TIPS – 調号】

Keyさて、拍子の設定が終わり 次へ> ボタンを押すと、こちらの調号選択が待っています。ここで調を決めてしまうこともできますし、Cメジャー で入力しておいて後から調号ごと移調なんて方法もあります。

単調か長調をラジオボタンで選択し、左側から♯系の調を、右側から♭系の調を選んでください。

楽譜の編集中に変更したい、曲の途中から調を変えたい、ある部分のみ調を変更したいという場合は、ショートカット K を使いましょう。Sibeliusにはこういったシングルショートカットが数多く用意されており、その多くは英語表記の頭文字です。

K = key signature : 調号

それでもショートカットが思い出せない!という場合は 作成メニュー から実行しましょう。前回紹介した拍子記号などもこのメニューにまとまってます。

Createkey

2010年7月23日 (金)

Pro Tools 8 機能紹介ビデオ 後編

Pro Toolsバージョン8がリリースされて間もない頃、販売店トレーニング用として作成されたビデオが、ついにYouTubeにアップされました!

先日、前半にあたる、01番から03番までをご紹介しましたが、今回は、後半部分(04~06)をご紹介します。

長らく一般公開されていなかった、ある種、レア(?)な新機能紹介ビデオですが、これからPro Toolsという方も、既に使っている方も、是非是非チェックしてみてください。 

Pro Toolsバージョン8の魅力がたくさん詰まってます!

04 PT8 The Movie Audio   / オーディオの新機能

YouTube: 04 PT8 The Movie Audio.mov

05 PT8 The Movie VI / バーチャルインストゥルメント


YouTube: 05 PT8 The Movie VI.mov


06 PT8 The Movie Outro / まとめ(アウトロ)


YouTube: 06 PT8 The Movie Outro.mov

2010年7月22日 (木)

MIDI設定不要でDAWをコントロールできるMIDI鍵盤Axiomとは!その3 ミキサー・モード

今回は実際にミキサー・モードを使ってみたいと思います。

まず最初にDirect Linkの対応機種はこちらから

ミキサー・モードは名前のとおりAxiomがDAWのミキサーとリンクしてくれます!

Axiom2_cf_directlink_49_61_big_2

フェーダーはミキサーのフェーダーに、ツマミはパンに。ちなみにフェーダーは9本あり、右端がマスターフェーダーです。トランスポートはそのままですね。ループボタンの使い方はアタマだしやループ録音・再生、さらにアンドゥなど結構色々使えるようになってるので、詳しくはマニュアルご参照ください。ProToolsの場合はコチラ の10ページです。ちなみに25鍵のモデルではフェーダーがないため、つまみが各トラックのボリュームになります。

Fader_button_2




フェーダーの下にあるボタンは各トラックのソロ・ミュート・録音待機のボタンになります。マスターフェーダーの下のF18とあるボタンが前述の3つの機能を切り替える役割になります。ポチっと一回押すとLCDの画面に、例えばソロボタンがアサインされているなら「solo」などと表示されます。もう一回押すとmuteに切り替わるというわけですね。ミュートやソロのときにいちいちマウスに手を持っていくのは疲労の元ですし、時間のロスになりますよね。





Img_2467

最後にグループボタンのご紹介です。

フェーダーの左上とツマミの左上にそれぞれあります。これを押すことによってダイレクトリンクのオン・オフを行います。ダイレクトリンクがオフになるとアクティブなパッチの割り当てが有効になります。









ということで、今回はこんなところで!

次回はインストゥルメント・モードを紹介します!実は色々やっているうちに、アレ?と思うことがあり開発者に問い合わせたところ「それはEaster eggだよ」とのことでした!ということでオフィシャルには紹介されてない機能ですが少し紹介してしまおうと思っています! 

ところで本日7月23日は第3回目のAvidオフィシャルUstreamの日です。詳細は以下のとおり。お時間が合いそうでしたら是非!

USTREAM 【Avid Music Japanチャンネル】
http://www.ustream.tv/channel/avid-music-japan/

Twitter ハッシュタグ:#avidjpn_music

第3回:2010年7月23日(金) 19時30分~20時30分

2010年7月20日 (火)

Turning Eleven Rack up to eleven ! ~Eleven Rackの名前の由来と、本当にイレブン(11)にする裏技~

Eleven Rackという名前は、前身となる、Elevenと いう名前のプラグインに由来しています。 

このことは、皆さん、周知の事実だとおもいます が、では、なぜElevenは「イレブン」という名前になったのでしょう?

実は、英語の慣用句で"Up to eleven"という言い回しがあり、意味としては、"Up to maximum volume.” つまり、「マックスまでボリュームを上げる」という意味でして、Elevenのネーミングは、それに由来しています。

要は、通常、ボリュームノブは10までしか目盛がないのですが、そこを"Up to eleven!" 「11まであげろ!」という言い方することで、「もっとボリュームを上げろ! 」というニュアンスになります。

どうやら、調べると、この慣用句は、Shorter Oxford English Dictionaryに も記載のある、由緒正しい(?)慣用句とのことでした。(wiki調べ)知らなかった~。

ということで、今回のブログのメインディッ シュ、下記になります。


Turning Eleven Rack up to eleven!

ニュアンスとしては、「ElevenRackのボリュームを11まで上げろ!」 ということになるのですが、、、勘の良い方ならお気づきかもしれません。そうです。Eleven Rackで モデリングされているアンプのボリュームノブは、通常「10」までしかありません。

それを、、、なんと、「11」までアップする裏技があるんです!

Soldano_clean_with_arrows_2





 

では早速、手順を紹介します。

(ここでは、Soldano Cleanを使用していますが、全てのアンプモデリング に対して有効です。)

まず、[EDIT/BACK]ボ タンを長押しして、ユーザー・オプション・モードに入ります。

11_edit_2




ユーザー・オプション・モードに入ったら、[SCROLL]ノブを回して、[Knob Display/Action]を選択(SW1を押す)します。

11_knobdisaction_2




[Knob Display/Action]のメニューに入ったら、[SW1]と[SW2]ボタン両方を同時に押します。 
11_sw1_2_2




これで完了です! 


では、早速、アンプのボリュームノブをチェック してみましょう。

そのまま、[EDIT/BACK]ボタンを押して、ユーザー・オプション・モードを抜け、アンプのノブを表示します。

 

さっきは10 だった目盛が11に!

11_11mode_2







ちなみに、この裏技、実は、出音には、まったく 変化は起こりません。(笑)

つまり、1目盛分さらに音が大きく出るかという とそういうわけではなく、純粋に目盛の表示が「10段階表示」から「11段階表示」に変わるだけです。

Eleven Rackの開発に関わったエンジニアの粋な計らいというか、ちょっとしたジョークですね、、、きっと。 

当然、マニュアルにも載っていませんので、あしからず。


*このモードを元に戻したいときは、上記の手順を繰り返してください。

拍子の設定

Sibeliusブログ vol.2へようこそ♪

突然ですが楽譜というと、

分かりません・読めません
敷居が高い・苦手
使う・読む機会がありません

と、ネガティブな言葉が返ってくることが多いです。分からなくもないです。楽譜というと音楽のルール楽典がつきもので、しいはずの音楽がこの「楽典」という響きでどうも楽しくなさそうな感じを醸し出していますよね。。。

楽譜は音楽のスクリプト(台本)であり、芸術でもあります。音楽を共有し、歴史に残す役割も果たします。偉大な作曲家達が残した音楽を私達が演奏し聴くことができるのは、楽譜のおかげ。そこには音楽の尺も調もテンポも発想記号も含まれていて、国や音楽のジャンルを超え伝え継がれていくものなのです。楽譜は大事なのです。

ということで、気分的には音符入力のテーマに行きたいところですが、今回は拍子の設定についてのTIPSどうぞ!

【TIPS – 拍子の設定】

楽器の設定の後、ウィンドウ下の 次へ> ボタンを押して次に進みます。ハウススタイル(楽譜の見栄えやフォント)の設定がありますが、今回はスキップして(変更なし)のまま 次へ> をもう一度押します。ここで 拍子記号とテンポの設定ができます。

7/8といった変則的な拍子も設定するには その他 を選びます。7/8は8分音符が7つ1小節に入るので、分母を8分音符の8に、分子にその個数、7を選びます(数字を打ち込んでもOKです)。連桁と休符のグループ というボタンが気になりますね。これは連桁(ビーム)のグルーピングを決める設定なのですが、基本的には標準的な設定になっています。どうしても8分音符の区切り方をこうしたい!というのがあれば、こちらで変更できます。

もちろん、単純に3/4やC(4/4)を選ぶこともできます。そもそも 拍子 って何ぞや?という方にはまず様々な拍子の楽曲を聴くことをおススメします。耳にする多くの音楽は4拍子ですが、まず3拍子と4拍子の違いをしっかり身につけましょう。3拍子といえばワルツ。ワルツといえばショパンが有名ですね。ぜひ週末の午後は紅茶片手にショパンのワルツを。

7/8で拍子を設定すると、こんな風に8分音符が7つ1小節に入ります。

Seveneight_3

「連桁」のグルーピングは、連桁と休符のグループ ボタンで変更できます。カンマで3,2,2(標準設定)と区切られているのを、例えば2,3,2や2,2,3(合計が7になればOK)に変更すれば、8分音符の区切られ方が変わります。

特定の小節のみグルーピングを変更したい場合は、楽譜編集時に テンキー の第3レイアウトのボタンで調整することができます。

Beamgroupchange_2

ここでは先に設定してしまいましたが、編集中に拍子記号を入力するには T というシングルショートカットを押すと 拍子記号 ウィンドウが表示されます。

T = time signature : 拍子記号

頭文字となるアルファベットを打つのみ。覚えておくと便利です。

2010年7月16日 (金)

次世代MIDIコントローラー第2世代Axiomとは!その2 設定してみます。

こんにちは、 Avid Japan Music BlogのM-Audio系担当のDJ YUIと申します。ちなみに紛らわしい名前ですが男子です。トラックメイカーやDJにとってのDAW関連のお話を親しみやすい形でご紹介していければと思っています!

今回はM-Audio 第2世代Axiomの設定方法を簡単にご紹介します。

Step 1

まずはDAWソフトとAxiomのドライバーをインストールですね。

ドライバーは付属のインストーラーディスクにも含まれていますが、出来ればこちらからご自身のOSを選んでいただき、最新のものをダウンロードして、インストールしてください。

Step 2

DAWソフトの設定でAxiomをオンにします。今回はPro Tools LE 8.0.4で設定してまいります。ProToolsのメニューから設定>ペリフェラル>MIDIコントローラーのタブという順で見ていきます。

以下の写真のようにタイプ、受信を設定してください。チャンネルは初期設定のまま放置で大丈夫です。

Photo_3

以上!設定完了!

 

かなり簡単ではないでしょうか?MIDIの設定と聞いただけで悪寒がする自分ですが、これは本当に簡単でした!

ハスタラビスタ!MIDI設定!

では早速フェーダーを動かしてみましょう!

Fader_up

Pro Toolsのミキサー画面と動かしているフェーダーがリンクしています。マウスやボリュームの数値打ち込みで、1チャンネルずつ調整するといった辛いミックス作業とはお別れです。再生しながら最大8チャンネルまで同時にコントロールできるフェーダーで感覚的に音を調整していく・・このやり方のほうがミックスのクオリティは上がりそうですね!変にプラグインを増やすより、ミックスのバランスを見直したほうが、仕上がりが向上することありますよね!

勿論トラックの選択やミュート・ソロ・RECなどもフェーダー下のボタンで出来ます。

作業のスピードも向上します。誰もがDAWで手軽にスタジオ・クオリティのソフトウェアを使える時代なので、便利機材での作業時間短縮もクリエイターの方にとっての重要な要素になると思います。

例えばこの機材で1日10分ほど制作時間を短縮できたとしましょう。

すると年間で60時間の短縮!1日平均2時間制作される方なら1か月分の制作時間に相当します。1年間が13ヶ月あるようなものです!

使い方によっては更なる時間短縮も可能です。

次回も引き続き新Axiom紹介します!

2010年7月13日 (火)

次世代MIDIコントローラー第2世代Axiomとは!

全米ベストセラーMIDIコントローラーAxiomシリーズがリニューアルとなりました!

Axiom61mkiiheroltsl
http://www.m-audio.jp/products/jp_jp/Axiom61.html
なんですか?なにが違うんですか?
Oxygenとの違いは?Axiom Proとの違いは?
と、早速ですが多くのご質問を頂戴しています。

これまでとの大きな違いはやはりDirectLink機能です。
MIDIコントローラーといえば面倒なのがMIDIアサインやプリセットの呼び出し。
その手の面倒作業をコンピューターがやってくれます。

ドライバーをインストールしUSBケーブルさして、Pro Tools設定でAxiomを選ぶだけ!以上でDirectLinkがオンになり、Pro Toolsのミキサーがコントロールできるようになります。

さらにインストゥルメントスイッチ!Oxygenには無い機能です!こちらのボタンを押すと、起動しているプラグインのMIDIコントロール出来る部分を自動アサイン。シンセもコンプもツマミが勝手にアサインされます!さらにさらに!本体のパッチボタンを押すと、そのプラグインのプリセットが切り替わります。これはDAW側に保存されたプリセットを移動してくれるのですが、本当にハードのシンセを使っているような感覚です。地味な機能ですがとても便利。

さらにうれしいのがこのDirect LinkはPro Toolsだけでなく、主要なDAWに対応してくれます。詳しくは以下のリンク!

http://www.m-audio.jp/index.php?do=products.directlink

何回かにわけて詳細をレポートしようと思います!

Pro Tools 8.0.4リリース!

Avid® は、全てのPro Tools 8登録ユーザーを対象とした無償アップデート、Pro Tools® 8.0.4をリリースしました。

この最新版のアップデートにより、パフォーマンスの強化や数多くの修正が施されたほか、Pro Tools LE® および Pro Tools M-Powered™ システムがWindows 7 に対応しました。また Pro Tools LE 8.0.4 を対象とした新しい PC ドライバーにより、互換性のあるラップトップおよびデスクトップ コンピューター数も増加しました。

日本語ニュースページはこちらです。
Pro Tools 8.0.4の詳細はこちらです。

ここでは各プラットフォーム毎の直接のダウンロードリンクをご紹介いたします。
既にPro Tools 8.0.3までバージョンアップなさっている方にとって、v8.0.4は主な追加点はバグフィックスが中心となりますので、下記リンクページを直接ご利用なさると便利だと思います。

Pro Tools HD 8.0.4 Update for Mac OS X

Pro Tools HD 8.0.4 Update for Windows

Pro Tools LE 8.0.4 Update for Mac OS X

Pro Tools LE 8.0.4 Update for Windows

Pro Tools M-Powered 8.0.4 Update for Mac OS X

Pro Tools M-Powered 8.0.4 Update for Windows

Pro Tools M-Powered Softwareは製品版フルバージョンのみの対応となり、Pro Tools M-Powered Essentialには対応しておりませんので、ご了承ください。

=以下の文章は、2010/7/18に修正されました(修正ポイントはコメント欄をご参照ください)=

Pro Tools 8.0.4では、Pro Tools 8.0.3 for Macで、問題点として多くの方にご指摘いただいていたトラック/プレイリスト等のネーミング時の「入力言語自動切り替えモード」をオフにする為の初期設定が追加されました。 下図のように「初期設定」ウインドウ内で、この「入力言語自動切り替え」をオフ(アンチェックの状態)にしておくことで、トラック/プレイリスト等のネーミング時でも、英語入力モードのまま作業継続が可能となります。

尚、Pro Tools 8.0.4は、この「入力言語自動切り替え」オフ状態が「初期値(ディフォルト)」となっております。

Housemove_input_2_2

Pro Tools 8 機能紹介ビデオ

Pro Toolsバージョン8がリリースされて間もない頃、販売店トレーニング用として作成されたビデオが、ついにYouTubeにアップされましたsign03 


長らく一般公開されていなかった、ある種、レア(?)な新機能紹介ビデオです。 

これからPro Toolsという方も、既に使っている方も、是非是非チェックしてみてください。 Pro Toolsバージョン8の魅力がたくさん詰まってますhappy01

01 PT8 The Movie Intro.mov  イントロ

02 PT8 The Movie GUI.mov  グラフィックユーザーインターフェイス

03 PT8 The Movie MIDI 01.mov MIDIについて 前編

03 PT8 The Movie MIDI 02.mov MIDIについて 後編

とりあえず、今日はここまで japanesetea
この続きはまた次回ご紹介します〜sign01

AvidオフィシャルWebサイト

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.