« 2011年3月 | メイン | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

Avid、Media ComposerチュートリアルをYouTube/USTREAMで続々配信

Media ComposerチュートリアルビデオをYouTubeにて提供

フラッグシップ編集システムの最新版Media Composerのチュートリアルビデオ をYouTube Avidチャンネルにてご紹介しています。
このチュートリアルビデオは、Media Composerの操作方法の基本を手順ごとに2~5分程度のレッスンビデオでご提供するものです。この機会に、Media Composer について学んでみませんか?

今回は、Lesson 11からLesson 20まで、以下の内容を新たに掲載しました。

  
Lesson 11:トリミング~カット点の調整 Lesson 16:セグメントエフェクト
Lesson 12:トリミング~スリップとスライド Lesson 17:モーションエフェクト、フリーズフレーム
Lesson 13:カット全体のオーディオレベル調整 Lesson 18:スタビライズ
Lesson 14:キーフレームを使ったオーディオレベル調整 Lesson 19:タイトルツール
Lesson 15:トランジションエフェクト Lesson 20:エクスポート


また、過去のチュートリアルについても併せてご覧ください。

  
Lesson 01:ユーザーとプロジェクト Lesson 06:サブクリップ
Lesson 02:インターフェイ Lesson 07:基本編集-上書きとスプライスイン
Lesson 03:プロジェクトウィンドウ Lesson 08:基本編集-削除
Lesson 04:ビンウィンドウ Lesson 09:基本編集-カットの移動
Lesson 05:ソースモニタ Lesson 10:基本編集-トラックの選択




USTREAMによるインタラクティブ・チュートリアル・セミナー実施

また、4月に再開した Media Composer インタラクティブ・チュートリアル・セミナーを5月も引き続き実施しております。
5月の予定は、以下の通りです。

『オーディオ基本、環境設定』
  第1回 5/9(月)16:00~   
  第2回 5/12(木)20:00~

『エフェクト基本、モーションエフェクト』
  第1回 5/16(月)16:00~   
  第2回 5/19(木)20:00~

『マルチレイヤー、ネスティング』
  第1回 5/23(月)16:00~   
  第2回 5/26(木)20:00~

『リアルタイム再生、レンダリング、カラーコレクション基本』
  第1回 5/30(月)16:00~
  第2回 6/2(木)20:00~


※配信日時、内容は変更になる場合があります。日時の変更及び以降の配信スケジュールについては、順次USTREAMセミナーなどで発表してまいります。

このMedia Composer インタラクティブ・チュートリアル・セミナーはこちらからご覧いただけます。

このMedia Composerインタラクティブ・チュートリアル・セミナーは、Avid公認トレーニングセンターであるPST Training Station( http://www.pstts.co.jp )が、USTREAMを活用して実施するものです。主にMedia Composerビギナー、Final Cut Proを始めとする他社製品ユーザー、学生、その他デジタルコンテンツクリエイターを対象とし、20分程度のコース内容を基に、USTREAMの手軽さとインタラクティブさを最大限に活かし、質問やリクエストを随時受け付けながら進めていくトレーニングセミナーです。

是非、Avid のチュートリアルをご活用ください。

2011年4月27日 (水)

「Pro Tools フォローアップセミナー」 

宮地楽器神田店さま主催のPro Tools有料セミナー<全6回シリーズ>のご紹介です。

大好評のPro Tools フォローアップセミナーも3回まで終了。
いよいよ残りも半分です。

途中からでも参加可能ですので、ご気軽に宮地楽器様までお問い合わせください。
今週末開催の第4回目は、エフェクト処理に関しての60分です

絶賛予約受付中! 

第4回の内容はこちらをどうぞ!

Pro Tools フォローアップセミナー」 <全6回:初回のみ無料5/28>

初心者の方でも段階的にスキルアップをできるセミナーです。

☆ノートPC持参者はハンズオンでの受講が可能。
☆各回、セミナー内容(レジュメ)を記載した小冊子を配布。
☆全セミナー参加者には特典プレゼント。

という、充実の内容です。
もちろん、前回参加する必要はありません。
ピンポイントで、参加したい回のみの参加も可能です。

●第1回:基本編(60分/参加無料)  満員御礼
●第2回:MIDI打ちこみ、編集(90分/有料) 満員御礼
●第3回:オーディオ録音と編集(90分/有料) 満員御礼
●第4回:エフェクト処理(60分/有料) 絶賛予約受付中! 詳しくはこちらをどうぞ!
●第5回:ミックス、バウンス(60分/有料)
●第6回:自分の作品を発表(60~90分/有料)

詳しくは、こちらをご覧ください。

Sibeliusユーザー様限定・サポートニュースメール配信スタート!

Sibeliusユーザー様限定・サポートニュース配信が開始されましたnote

Supportnews

ユーザー登録済みでこのメールが届かない方は、登録メールアドレスが間違っている可能性がございます。

http://www.sibelius.jp/support/form/sibelius_mail.html で再度ご登録いただきますようお願いします。

また、旧バージョンにてEメールアドレスの登録をされていない方も、この機会にご登録をお願いします。

バックナンバーはこちら  (是非ブックマークください)
http://www.sibelius.jp/support/mailnews/index.html

2011年4月25日 (月)

テキスト#5 ~再生に反映するテキスト(Swing)~

お久しぶりでございます!間が空いてしまいましたが、前回は「テンポテキスト」が実際のテンポに反映し、その情報は「音楽辞書book」の中でコントロールされている・・というトピックでしたね。

今回は、Swing(スウィング)/ Straight(ストレート)を、テキストを用いて切り替え再生してみましょう!

Swing1_2

通常、8分音符で記譜すると、ストレート8分音符の長さで再生されます。しかし、楽譜の表記はそのままでSwing演奏する場合もあります。

Sibeliusでは「テンポ記号」のような大譜表テキストにて「Swing」とテキスト入力するだけでSwing再生します。

Swing2

逆に、「Straight」の表記でストレート再生(Swingしない通常の再生)に戻ります。

これらも [ 再生 ] > [ 再生辞書] でコントロールされているものです。実際に見てみましょう。

Swingsetting

大譜表テキスト」のタブを選択し、Swingを探してみましょう。

エフェクト覧に「リズミックフィール / 通常のスイング」と表示されています。実はSibeliusには、テキスト入力以外の方法でスウィングを実行する機能があります。 [ 再生 ] > [ パフォーマンス ] でリズミックフィールを「ストレート」「ライトスイング」「通常のスイング」… といったリズミックフィールを調整できる仕組みになっており、この機能を、テキストを使ってコントロールしているのです。

また、テキストを表示させたくない場合は、(ニョロ)をテキストの頭につけ、非表示にしてください。

次回もSibeliusのテキストに関する内容をお届けしますdog

2011年4月 7日 (木)

好評発売中Avidによる次世代型DJソフトTorq 2.0


YouTube: Torq 2.0 DJパフォーマンス・ソフトウェア

Pro Toolsのメーカーが提供するDJソフトウェアの最新版Torq 2.0が発売となりました。
DJソフトは多く世に出ていますが、Torqの特徴は
多機能&高音質
だということです。
業界標準の耳でつくられた音質の良さはさることながら、次世代DJソフトと呼ぶにふさわしい、DJパフォーマンスを単なるピッチ合わせや曲つなぎから、大きく進化させ、クリエイティブにさせる機能を搭載しています。

DJの歴史を知り、基本的な技術を学ぶ事は重要ですが、それと同時にクリエイティブな姿勢で、これまでになかったスタイルを追求することも重要です。
Torqの次世代的な機能はDJスタイルを進化させる可能性を秘めています!

次世代DJソフトとしてのオススメの機能として

・クロスフェーダーを進化させたTraq Morph機能

曲のミックス中にエフェクトをかけるという、高度な作業を行ってくれます。これによりこれまで2本の腕では不可能だった複雑なミックスとエフェクトを共存させて進行させる事が出来ます。これまでの常識では考えられなかったミックスなど、DJの想像力次第で非常に大きな可能性を秘めた機能です。最大4トラック再生なども合わせれば、可能性は無限大です。

70年~80代のソウルやディスコ、ロックなど生演奏楽曲のリズムの揺れをテンポ・アンカーで補正。

70年~80代はDJカルチャーの黎明期と言うべき素晴らしい時代ですが、多くの名曲は生演奏で録音されており、近年の楽曲のような完全なテンポではありません。したがってこれらの楽曲をスムースにミックスするのは至難の技で、ベテランDJでも完全なミックスは難しいものでした。Torqはこのリズムの揺れを修正し、これまでのDJミックスの歴史には無かったような生演奏の楽曲の完全なロングミックスやミックス中にエフェクターを操る余裕も生まれます。

Rewireにより対応ソフトウェアと同期。

主要なDAWソフトウェアと同期し、プロ顔負けの本格的で高音質なDJミックスも簡単に作成できます。またTorqはサンプラーなどの楽器のような使い方もできるので、クラブ系のトラックメーカーや作曲家にもご活用いただけます。

・ヴァイナルでの針飛び無しモードでスクラッチ中にずれがほとんどない※

多くのDJは今でもヴァイナルでの操作感を重要視しています。ヴァイナルの最大の弱点は針飛びですが、この点は多くのPCDJソフトが克服してきました。しかしながらテンポの早いチョップなど細かい動きを続けていると、少しずつマーキングがズレるなど「針飛びしないモード」特有の問題がありました。この点をTorqはあらたなアルゴリズムで克服し、テスティングにかかわったバトルDJよりTorqはマーキングがズレないと評価されています。
※ヴァイナルでのスクラッチにはConnectiveが必要です。

またTorq2.0では以下の新機能が付加されました。

4デッキ対応。

Torq 2.0からはソフトウェア単体での販売となり、ハードウェアの制限はなくなります。

・多くの他社製コントローラーにも対応。

まずは是非無償版をお試しください!

http://apps.avid.com/Torq_trial/jp/

(いきなり曲が再生されるのでお仕事中の方はご注意を・・)

2011年4月 6日 (水)

Avid、Media ComposerチュートリアルをYouTube/USTREAMで配信開始

この度の東日本大震災により被災された皆様、そのご家族の方々に謹んでお見舞い申し上げます。皆様の安全と一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。

Avid、Media ComposerチュートリアルビデオをYouTubeにて配布開始
USTREAMによるインタラクティブ・チュートリアル・セミナーを再開

~アビッド テクノロジー株式会社では、震災の影響により販促活動を自粛してまいりましたが、この度ユーザーサービスに関わるものを中心に活動を再開いたします~

フラッグシップ編集システムの最新版—Media Composer® 5.5の出荷開始に合わせた特別企画第二弾として、Media Composerのチュートリアルビデオ をYouTube Avidチャンネルにて配布開始いたしました。このチュートリアルビデオは、Media Composerの操作方法の基本を手順ごとに2~5分程度のレッスンビデオでご提供するものです。今回は、Lesson 01からLesson 10まで、以下の内容を掲載しました。

Lesson 01:ユーザーとプロジェクト  Lesson 06:サブクリップ
Lesson 02:インターフェイス  Lesson 07:基本編集-上書きとスプライスイン
Lesson 03:プロジェクトウィンドウ  Lesson 08:基本編集-削除
Lesson 04:ビンウィンドウ  Lesson 09:基本編集-カットの移動
Lesson 05:ソースモニタ  Lesson 10:基本編集-トラックの選択

Media Composerチュートリアルビデオは、今後も毎月10レッスンのペースでご提供していく予定です。

さらに、3月9日より開始したMedia Composerインタラクティブ・チュートリアル・セミナーについても、4月6日より順次再開してまいります。4月の予定は以下の通りです。

4/6(水) 21:00~ 4/18(月) 16:00~
4/8(金) 16:00~ 4/21(木) 20:00~
4/11(月) 16:00~ 4/27(水) 20:00~
4/14(木) 20:00~ 4/28(木) 16:00~

※配信日時は変更になる場合があります。日時の変更及び以降の配信スケジュールについては、順次USTREAMセミナーなどで発表してまいります。

このMedia Composerインタラクティブ・チュートリアル・セミナーは、Avid公認トレーニングセンターであるPST Training Station( http://www.pstts.co.jp )が、USTREAMを活用して実施するものです。主にMedia Composerビギナー、Final Cut Proを始めとする他社製品ユーザー、学生、その他デジタルコンテンツクリエイターを対象とし、20分程度のコース内容を基に、USTREAMの手軽さとインタラクティブさを最大限に活かし、質問やリクエストを随時受け付けながら進めていくトレーニングセミナーです。

より多くの方に参加していただけるよう、セミナーの実施内容や実施の時間帯などについて参加者からの要望を取り入れ、順次対応してまいります。また、Media Composerのヘビーユーザー向けティップスコースや、ユーザー対談など、様々な要求にお応えする企画の実施も予定しています。

USTREAM配信は、PST Training Stationが行います。

AvidオフィシャルWebサイト

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.