« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

Avid Artistシリーズ新日本語マニュアルがウェブにアップされました!

Artist_control_top_3

Artistシリーズの新日本語マニュアルがウェブにアップされました。

ユーザーの方はもちろん、今からAvid Artistシリーズを導入してみようかと思っている方も是非チェックください!
http://avid.custkb.com/avid/app/selfservice/search.jsp?DocId=427991

追加情報:

高さ調節ブラケットの取り外し方が、いくつかのマニュアルには記載されておりません。

その場合は、下記を参考にしてください。 お手数をおかけいたします。

Unlock_bracket_artist

Avid Artist シリーズのご紹介

旧EuphnixのMC Aritistシリーズが、装いも新たに、Avid Artistシリーズとして生まれ変わりました。

Euphonix時代に培われた、EUCONプロトコルはそのままに、Pro Tools 10においては、統合の第二段階(フェーズII)に突入しており、いままでよりさらに使いやすいコントローラーに仕上がっています。

EUCONとは、Artistシリーズと、コンピューターで現在フォーカスされているアプリケーションとの間で、フェーダー、ノブ、ディスプレイなどの高解像度のコントロール情報を伝達するプロトコルです。
その精度は、MIDIに比較し250倍高速&8倍の解像度です。 通常のMIDIコントローラーでは到底追いつけない精密なコントロールを提供します。

Avid Artist シリーズは下記のディバイスを必要に応じて単体またはコンビネーションで使用することが可能です。
接続もLANケーブルと電源ケーブルのみ、面倒な接続設定もミニマムで済みますので、デスクトップ上に綺麗にまとまります。

Artist Control   

Artist_control_top_2

先に書きましたように、Pro Tools 10では、フェーズIIとして、新たに500ものPro ToolsコマンドがEuCon化されました。 
これにより、Artist Controlにおいては、ショートカットを持たないコマンドもほぼすべてSoft Key上に網羅されました
これらのコマンドは、タッチスクリーンから、非常に直観的なハンズオンコントロールが可能です。
もちろん、Soft Keyは、自由にレイアウトが可能。 良く使うコマンドを使いやすい場所に配置しなおすと、さらに作業効率がアップすること間違いなしです。

英語で恐縮ですが、Avidの社員がArtist Controlの魅力を紹介しているビデオをご紹介いたします。
絵を見ているだけで、大体なにがコントロールできるのかご判断いただけるとおもいます。


YouTube: Euphonix Artist Series Touchscreen with Pro Tools HD - MC Control main touchscreen video 1


YouTube: Euphonix Artist Series Touchscreen with Pro Tools HD - MC Control main touchscreen video 2

こちらのビデオでは、当然弊社のソフトウェアであるPro Tools 9 をフューチャーしておりますが、もちろん、上記にかきましたようにPro Tools 10/Pro Tools HD 10でも使用可能です。
そして、Pro Toolsはもちろん、Media Composer、Logic、Nuendo、Cubase、Maestroなど一般的なDAWソフトウェアはもちろん、iTunesやメーラーソフト、さらには、Finderまでコントーロールすることが可能です。
これにより、ボタンひとつで、複数のアプリケーションばかりかワークステーション(PC)をすばやく切り替え、切り替えたアプリケーションにマッチするコントロールやディスプレイをすべて自動的に呼出しSoft Keyからハンズオンコントロールすことができます。

Artist Transport  

Euph_mc_transport_top_3000_4

トランスポート部分に特化したジョグシャトルタイプのコントローラーです。 カスタマイズ可能なボタンでトランスポート系を完ぺきにコントロール!

トランスポートは、一日に何回となく触る部分ですので、生産性&快適性UPのためには非常に有効です。

Artist Mix   

Artistseriesmixtopsl_6

フェーダー部分に特化したコントローラーです。 単体でも使用できますが、Artist ControlやArtist Transportとセットにして使用したり、フェーダーを拡張したい時に追加で購入したりすると大変便利です。

また、下記、ArtistシリーズのTransportとmixのコンビネーションでのデモンストレーションビデオとなります。 是非、ご覧ください。


YouTube: Euphonix MC Transport from Avid - Video Demo PTHD

Artist Color

Euph_mc_color_overhead_3600_2

ビデオ系のソフトをお使いの方には、カラコレ用のコントローラーもございます。
詳しくはこちら!

http://www.avid.com/jp/products/Artist-Color

2011年11月18日 (金)

Inter BEE 最終日

11月18日。いよいよInterBEE最終日です。
残念ながら天候は雨。

Girls
【ようこそAvidへ】

Booth_2
【Avid ブース】
雨ながら、沢山の方々が起こし下さいました。

Ozzie
【Ozzieのデモンストレーション】

Mainstage
【メインステージ】

お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

2011年11月17日 (木)

Inter BEE 2日目

11月27日。Inter BEE2日目、中日です。 今日も晴天、気持ちよく2日目が始まりました。

Audio

《Audioステーション》

Media_composer

《メインステージ Media Composer 6とプロダクションワークフローのデモ》

本日17日はMedia Composer 6のリリース日です。アメリカの17日なので、正確に言うと

日本では明日18日がリリース日となります。

Media Composerは64-bit ネイティブサポートに加え、Stereoscopic 3D編集機能が大幅に改善されています。さらにAJA/Matrox/Blackmagic Design/Bluefish 444/ MOTUのI/Oを新しくサポートしました。

2011年10月15日から11月14日までの間にMedia Composer 5.5、Symphony 5.5、NewsCutter 9.5を購入し、ユーザー登録を済ませたお客様は、無償でアップグレードできます。

 明日も同じ時間割でMedia Composer 6、Pro Tools 10とプロダクションワークフローのデモンストレーションを行います。おかげさまで、毎回満席が続いておりますので、お早目にホール5のAvid ブースまでお越しください。

オーディオステーションでも、本日と同様12:00と15:00に 「Pro Tools 10とEucon Phase 2」のデモンストレーションを行っています。

是非 明日最終日18日もホール5のAvidブース、よろしくお願いします。

スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。

2011年11月16日 (水)

Inter BEE 初日

11月16日(水)。 いよいよInter BEE幕開けです。

天気も良く、本日は朝から沢山の方にお越しいただきました。

Booth_4

ブースから人があふれんばかりの盛況ぶりです。

メインステージでは明日リリースのMedia Composer 6、そして先月リリースしたPro Tools 10を共有サーバーISIS5000とVideo Satelliteにつなげ、さらにInterplay Accessでデータを共有するプロダクションワークフローのデモンストレーションを行っています。こうすれば編集からMAへ仕事を受け渡す時に、テープにわざわざ落とす手間もはぶけ、テープ代もかからないし、時間も短縮、一石二鳥なわけです。

オーディオステーションではVenue、 System 5、 System 5- MCが展示してあり、12:00と15:00に 「Pro Tools 10とEucon Phase 2」のデモンストレーションを行っています。

Venue_3  Media Composer 6のプロダクションワークフローは午前10:50から、Pro Tools 10のプロダクションワークフローのデモンストレーションは午前11:30から行っています。

是非 Inter BEEのAvidブースにお越しいただき、各デモンストレーションをご覧ください。

アンケートに答えていただいた方にはAvidのノベルティを差し上げています。

明日もホール5、Avidブースにてお待ちしております。

2011年11月 9日 (水)

Inter BEE 2011 (2011 年国際放送機器展)

Header_3

Avidは、2011年国際放送機器展 (Inter BEE)に出展します。

日程:       2011年11月16日 (水)~18日 (金)

場所:       幕張メッセ
Avid ブース:   ホール5 (ブース# 5116)

【Avid メインステージ】

メインステージでは、製品の最新バージョンのほか、さらに進化したAvid のオーディオ・ビデオ製品の統合と、メディアを最大限に活用し収益を促進するファイルベースのワークフローをご紹介します。
メインステージでご覧いただける内容:
• プロダクション・ワークフロー
• ニュース制作ワークフロー
Media Composer® 6
Pro Tools® 10

【Avid オーディオ・ステーション】

Avidオーディオ・ステーションでは、スタジオからライブ・サウンドに至るまでの全てのコンソールを展示いたします。Pro Tools|HD システムとの連携でワークフローを促進し、創造性と芸術性のパワーを増幅することのできる最新のAvidコンソールをご覧いただけます。
展示製品: 
System 5
System 5-MC
VENUE
ICON

出展詳細はこちら

是非Inter BEE Avidブースへお立ち寄りください。

2011年11月 4日 (金)

Pro Tools SE 関連情報

こちらのページでは、M-Audioブランドのオーディオインターフェイスに付属しております、Pro Tools SEソフトウェア関連の情報をまとめております。

Pro Tools SEは、これからDAWを、、、または、これからPro Toolsを始めたい、、、という初心者様にピッタリのソフトウェアで、ソフトウェア単体での販売はありませんが、M-Audioブランドのさまざまなオーディオインターフェイスに無償で付属しているDAWソフトです。

Ptsescreenshotth_jp

Pro Tools SEは、シンプルな1ウィンドウレイアウトながら、本格的なレコーディングと編集がすぐにスタートできます。

トラック数など詳しい仕様は、下記をチェック!

http://www.m-audio.jp/index.php?do=products.bundled&ID=8826025bd89c6df433190a40eb1109dd

また、Pro Tools SEに関して不明な点がありましたら、先ずは、こちら下記ページをご参照ください。

http://www.m-audio.jp/index.php?do=support.faq&ID=1cc35f2fdb0c1bfc2225fd69470b3dc1

こちらでは、下記のようなコンテンツをチェックすることができます。

•最新ニュース
•最低システム必要条件
•最新バージョンとサポートされたOS
•インターフェース互換性
•ビデオ&チュートリアル
•最新ドライバー
•ドキュメンテーション& ユーザーガイド
•追加サポート

その他、サードパーティー様ですが、下記のようなチュートリアルビデオもご利用いただけます。

AVID Recording Studio の使い方を学べるチュートリアルビデオ (一部無償コンテンツあり)
http://soundworkshop.jp/software/tutorial/8

AVID Key Studio の使い方を学べるチュートリアルビデオ (一部無償コンテンツあり)
http://soundworkshop.jp/software/tutorial/9

AVID Vocal Studio の使い方を学べるチュートリアルビデオ (一部無償コンテンツあり)
http://soundworkshop.jp/software/tutorial/10

Pro Tools 10 / HDX  関連情報

Cw_700x700_protools10software

Pro Tools 10 / HDXに関する情報、まとめページとなります。

情報がアップデートされ次第、こちらのページもアップデートしてゆく予定です。

dangerこちらのページはAvid.comページのアップデートとは同時のアップデートにはなりませんのであらかじめご了承ください。いち早く最新オフィシャル情報が必要な方は、Avid.comへお願いいたします。

■Pro Tools 10の新機能  + 標準装備のエフェクトとバーチャルインストゥルメント
http://www.avid.com/JP/products/Pro-Tools-Software

■互換性とアップグレードについての情報
http://avid.custkb.com/avid/app/selfservice/search.jsp?DocId=353265

■Pro Tools 10 / HD10各種アップグレードに関するFAQ
http://avid.custkb.com/avid/app/selfservice/search.jsp?DocId=423131
こちらのページより、実際のアップグレード手順を説明した画像入りガイドがご覧いただけます。

■Pro Tools 10 FAQ
http://avid.custkb.com/avid/app/selfservice/search.jsp?DocId=419131
新機能の概要やアップグレードのポリシーに関する質問集です。

■Pro Tools HD 10 システム要件
http://avid.custkb.com/avid/app/selfservice/search.jsp?DocId=419191
Pro Tools HD 10に関する互換性の概要です。こちらのページに、対応機種など、互換性に
関する更なる詳細情報のリンクがございます。

■Pro Tools 10 システム要件
http://avid.custkb.com/avid/app/selfservice/search.jsp?DocId=419171
Pro Tools 10に関する互換性の概要です。こちらのページに、対応機種など、互換性に関す
る更なる詳細情報のリンクがございます。

■Pro Tools 10 FAQ (よくある質問集)
http://avid.custkb.com/avid/app/selfservice/search.jsp?Tab=search&Module=selfservice&&TargetLanguage=selfservice&DocId=419131&NewLang=ja

■Pro Tools|HDX FAQ(よくある質問集)
http://avid.custkb.com/avid/app/selfservice/search.jsp?DocId=423351

■機能比較一覧:Pro Tools HD 10/Pro Tools 10/Pro Tools MP 9/Pro Tools SE
http://www.avid.com/JP/products/family/pro-tools/compare

トラック数の比較などはここが便利!


YouTube: Introducing Pro Tools® 10 and Pro Tools® HDX - a gigantic leap in sound and speed

AvidオフィシャルWebサイト

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.