« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月21日 (木)

毎日の作業を少し楽にするワザをご紹介: トラック・プリセット

最初からプラグインがインサートされている状態でトラックを作ることができたら便利だと思いませんか? そんな思いを叶えるワザが、海外のPro Toolsブログとして有名な「Pro Tools Expert」にアップされましたので、ご紹介させていただきます。


YouTube: Pro Tools Hack - Create Track Presets In Pro Tools

トラックプリセットの作り方

1. いつもの通りトラックを作ります
ここでは、インスゥルメントトラックを作成してみます

20120621_112445

2. 作成されたインスゥルメントトラックに、Xpand!をインサートして、トラックネームを入力します。(トラックネーム部分をクリックすると名前が変えられます。)

20120621_112644_2

3. 上記で作成したトラックを選択して(トラックネーム部分をクリックしてハイライトさせる)、Pro Toolsの「ファイル」メニューより、「エクスポート」>「選択されたトラックを新規セッションとして、、、」を選択します。

4. 最初に表示されるこのウィンドウは、何もせずにそのままOKをクリック。

20120621_112716_2

5. 次に表示されるウィンドウにて、下記のディレクトリに「Track Presets」(英語のみ)という名前のフォルダをつくります。

20120621_112910

そして、そのフォルダの中に、さらにサブフォルダを新規作成します。このサブフォルダは、自由に名前を入力していただいてOKです。ここでは、判りやすく日本語で「インストゥルメント」としています。
最後に、保存するセッション名を入力して「保存」ボタンをクリックします。もちろん保存先は、いま作成したサブフォルダ(インストゥルメント)の中です。
名前は自由につけていただいてかまいません。ここではわかりやすく「Xpand!」としています。

20120621_114208

6. 保存された、「Xpand!.ptx」ファイル名の拡張子を、.ptxtに変更します。

20120621_114553

20120621_114616

7. これで完成です。 Pro Toolsで新規トラックを作ってみると、トラックの種類のプルダウンメニューに、先ほど作った「インストゥルメント」という項目ができていますので、それを選択しますと、その次の画面にて「Xpand!」という項目が選択できるようになっています。
「作成」ボタンをクリックするとXpandがプリインサートされたトラックが作成されます。

20120621_114659

20120621_114719

ビデオにもありましたが、例えば、オーディオトラックにお気に入りのコンプとEQ、さらには、リバーブセンドなどを仕込んでトラックプリセットとして登録したり、マスタートラックにマキシマイザーとメータープラグインを仕込んで登録したり、、、と自由にカスタマイズが可能です。

是非お試しください!

danger注意danger  

ご紹介させていただきましたこのトラックプリセット作成は、公式なマニュアル等には記載されておりません、したがって、弊社テクニカルサポートなどにお問い合わせをいただいてもサポート提供ができません。ご理解、ご了承の上、ご自身のリスクにてお試しいただけますようお願い申し上げます。

2012年6月20日 (水)

DAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #4 ボーカルレコーディング

DAW・DTM入門講座「歌もの楽曲を作ってみよう 」、シリーズ第4段です。

今回は、ボーカルの録音についてです。
ボーカリストの起用には、一般公募を行い、アーティストの深海ネオンさんに歌ってもらうことになりました。

Neon_jake03_3

深海ネオンshinkaineon

トラックメイカー、ヴォーカリスト

プログレッシブやテクノとポップを融合させた新しいジャンルの楽曲制作する次世代シンセガール。2005年から本格的にDTMキャリアをスタートさせ、パリやバルセロナ、イビサといった世界各地のパーティで体験した最先端サウンドを吸収し、数多くの楽曲を制作。近年ではDJとしても活動を始める。

Twitter : https://twitter.com/shinkaineon

Soundcloud : http://soundcloud.com/shinkaineon

myspace : http://www.myspace.com/shinkaineon 

blog : http://blog.livedoor.jp/shinkaineon/ 

Blogtop2_2

ネオンさんは、自称「LOVE Synth ♡ GIRL」ということで、なんと、シンセ大好き女子なのであります。ネオンさんのように「オリジナル曲を作ってみたいんだけどなぁ、、、」という女子の皆さん!このブログを読んで、この夏は是非曲つくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
なお、ネオンさん、近くオリジナル曲をリリースする予定とのことですので、皆さんも是非応援してあげてください!

では、早速ビデオをご覧ください。


YouTube: DAW・DTM作曲入門講座:歌もの楽曲を作ってみよう #4.mov

やはりオーディオレコーディングには、世界中のプロが信頼を置くPro Toolsが一番です。ビデオを見ていただいても判るように、プロが使うソフトだからって、特別に難しい作業はありません。テイクをたくさん録ったり、修正したい部分だけをパンチイン録音したり、Pro Toolsならすべてのステップがとても直感的。今からDAWをはじめてみようと思っている方にも安心して導入できます。

Pro Toolsを試してみたい方は下記よりトライアルバージョンをゲット!
Pro Tools
ソフトウェア: 30日間無料で使用できるトライアルバージョンをリリース

さて、残すところ最終回のみとなりましたこちらの連載ですが、次回は、「ミックス作業」に関してのお話になります。 是非ご期待ください!

1話:

曲のアイデアをスケッチ

Pro Tools Express標準装備の音源「Xpand! 2」を使って、ソングアイデアをMIDIで打ち込みしてみます。

見逃した方はここからチェック!

DAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #1 スケッチ

2話:

仮歌をいれてみる

今回の楽曲は、女性ボーカル向けの歌詞なので、とりあえず、バーチャルなボーカルトラックを、、、ということで話題のVocaloid「初音ミク」をPro Tools Expressと一緒に使ってみます。

見逃した方はここからチェック!

DAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #2 初音ミクで仮歌をいれてみる

3話:

アレンジに挑戦

アレンジングのノウハウを惜しみなくご紹介します。

見逃した方はここからチェック!

 

DAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #3 アレンジングに挑戦

4話:

ボーカルレコーディング

初音ミクで作成したボーカルトラックを、生ボーカルに差し替えます。  ボーカルのレコーディングに関するノウハウもご紹介。

今回の連載です。

 

DAW・DTMDAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #4 ボーカルレコーディング

5話:

ミックスをしてみよう

各楽器を個別に処理する方法をご紹介します。 EQやコンプレッサー、リバーブといった基本エフェクトの使い方から、さらには、ボーカルのピッチ補正の方法まで。

最後は、オーディオファイルの書き出しとiTunesを利用したCDの作成方法や、Sound Cloudへの書き出し方法をご紹介します。

 

DAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #5 ミックスをしてみよう

最後に、、、
今回のビデオで使用している機材は、下記となります。

Mbox(Pro Tools Express同梱)
MacおよびWindows対応の、超高品質でハイパフォーマンスな4x4 Pro Tools Expressスタジオ・バンドル

Cw_700x700_mbox_2

Mbox  オーディオインターフェイス

Avid_protools_expresf2fa8b_2

Pro Tools Expressソフトウェア

Mbox ファミリーの製品紹介ページ:http://www.avid.com/JP/products/family/Mbox

関連情報:Avid Mbox 対 他社インターフェイスの聞き比べ

ヘッドフォン: Studiophile Q40

ちなみに、今回は場所を変えて、Avidのショールームにて撮影を行いましたので、キーボードには、M-AudioのAxiom Pro 49を使用しております。M-Audioブランドにはこのほかにも、たくさんのお勧めキーボードコントローラーがあります。

詳しくは下記ページをご覧ください。

http://www.m-audio.jp/index.php?do=products.family&ID=keyboardcontrollers

では、皆さんも、この連載と一緒に、是非、DTMライフをスタートしてみてください!
次回最終回をお楽しみに。

辻 敦尊(つじ あつたか) ~プロフィール~
シンガーソングライターとしての活動を中心としながら、作詞家、作曲家、アレンジャー、プロデューサー、映像や舞台の音楽監督、サウンド・デザイナー、ボイストレーナー、ライターなどとしても活躍中!シンセサイザーやコンピューターを用いた音楽制作では定評が高い。
日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)  理事

Atsutaka_tsuji_prof_2

2012年6月 5日 (火)

DAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #3 アレンジングに挑戦

DAW・DTM入門講座「歌もの楽曲を作ってみよう 」、シリーズ第3段です。

今回は、アレンジングについてです。
特に歌もの楽曲は、アレンジング次第で良くも悪くもなります。
今回のビデオで紹介しているアレンジングテクニックが、皆さんの楽曲に少しでも役に立てば大変うれしく思います。

では、早速ビデオをご覧ください。


YouTube: DAW・DTM作曲入門講座:歌もの楽曲を作ってみよう 第3話:アレンジ

Pro Toolsを使えば、MIDIでもオーディオでも、レゴブロックを積むように簡単に動かしたりコピーペーストしたりできるので、とても便利!
また、移調など、紙と鉛筆ではなかなか面倒で難しい作業も本当に簡単に行うことができます。
また、Pro Toolsなら、本当に気軽にトライ&エラーを繰り返すことができますので、納得が行くまでアレンジングに時間をかけて楽曲を詰めてゆくことができます。

Pro Toolsを試してみたい方は下記よりトライアルバージョンをゲット!


Pro Tools
ソフトウェア: 30日間無料で使用できるトライアルバージョンをリリース

なお、こちらの連載、以降は、以下のようなトピックでお話を進めてゆく予定です。
今後もご期待ください!

1話:

曲のアイデアをスケッチ

Pro Tools Express標準装備の音源「Xpand! 2」を使って、ソングアイデアをMIDIで打ち込みしてみます。

見逃した方はここからチェック!

DAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #1 スケッチ

2話:

仮歌をいれてみる

今回の楽曲は、女性ボーカル向けの歌詞なので、とりあえず、バーチャルなボーカルトラックを、、、ということで話題のVocaloid「初音ミク」をPro Tools Expressと一緒に使ってみます。

見逃した方はここからチェック!

DAW・DTM入門講座: 歌もの楽曲を作ってみよう #2 初音ミクで仮歌をいれてみる

3話:

アレンジに挑戦

アレンジングのノウハウを惜しみなくご紹介します。

今回の連載です。

4話:

ボーカルレコーディング

初音ミクで作成したボーカルトラックを、生ボーカルに差し替えます。  ボーカルのレコーディングに関するノウハウもご紹介の予定です。

5話:

ミックスをしてみよう

各楽器を個別に処理する方法をご紹介します。 EQやコンプレッサー、リバーブといった基本エフェクトの使い方から、さらには、ボーカルのピッチ補正の方法まで。

最後は、オーディオファイルの書き出しとiTunesを利用したCDの作成方法や、Sound Cloudへの書き出し方法をご紹介します。

最後に、、、
今回のビデオで使用している機材は、下記となります。

Mbox(Pro Tools Express同梱)
MacおよびWindows対応の、超高品質でハイパフォーマンスな4x4 Pro Tools Expressスタジオ・バンドル

Cw_700x700_mbox

Mbox  オーディオインターフェイス

Avid_protools_expresf2fa8b

Pro Tools Expressソフトウェア

Mbox ファミリーの製品紹介ページ:http://www.avid.com/JP/products/family/Mbox

関連情報:Avid Mbox 対 他社インターフェイスの聞き比べ

Sibelius_6_first_box_left_en_highre

楽譜作成ソフト: Sibelius First

ちなみに、辻さんの自宅スタジオでは、打ち込み用の鍵盤として、M-Audioのシンセサイザー Venom (ヴェノム)が使われていますが、そのほかにも、たくさんのお勧めキーボードコントローラーがあります。

詳しくは下記ページをご覧ください。

http://www.m-audio.jp/index.php?do=products.family&ID=keyboardcontrollers

では、皆さんも、この連載と一緒に、是非、DTMライフをスタートしてみてください!
次回をお楽しみに。

辻 敦尊(つじ あつたか) ~プロフィール~
シンガーソングライターとしての活動を中心としながら、作詞家、作曲家、アレンジャー、プロデューサー、映像や舞台の音楽監督、サウンド・デザイナー、ボイストレーナー、ライターなどとしても活躍中!シンセサイザーやコンピューターを用いた音楽制作では定評が高い。
日本シンセサイザープログラマー協会(JSPA)  理事

Atsutaka_tsuji_prof_2

AvidオフィシャルWebサイト

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.