« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月28日 (火)

Avid S6 & Pro Tools 11、Rock oN AWARD 2014 審査員特別賞を受賞!

 

Photo_3

イノベーションある優れた製品を称え、ユーザーの望みをメーカーに届け、お互いの熱い想いの橋渡しの場として毎年開催されている「Rock oN AWARD」。
そのRock oN AWARD 2014審査員特別賞を、Avid S6とPro Tools 11が受賞しました!

ありがとうございました!

Rock oN AWARD 2014詳細 >> Rock oN Pro サイト



今後も皆様に喜んでいただけるよう、Avid社員一同これからもがんばります!

Rockon

↑ カリフォルニア州アナハイムのNAMM期間中、メディア・インテグレーション社様よりRock oN AWARDをいただくAvidワールドワイド・プロオーディオ部門バイス・プレジデントのティム・キャロル(写真、一番右)と、ワールドワイド・プロオーディオ部門プロダ クトスペシャリスト・ディレクターのリッチ・ニーブン(写真、中央)。

2014年1月27日 (月)

三木楽器主催:2月6日大阪『MIKI Digital World ~Avid S6セミナー~』ご案内

三木楽器が最新のAvid S6コントロール・サーフェスのセミナーを開催します。実機をご覧いただきながら、S6の全貌を詳しくご紹介します。

大阪近郊の方、必見です!

 

【三木楽器主催: Avid S6セミナー概要】

  • 日程: 2014年2月6日(木)
  • 時間: 15:00開始(14:30 受付開始)
  • 場所: グランフロント大阪 北館 ナレッジキャピタル 2F ACTIVE STUDIO
  • 講師: Avid ダニエル・ラヴェル他
  • 入場: 無料
  • 参加: お申込みは三木楽器Webサイトをご参照ください。

 

【参加申し込み・イベント問い合わせ先】

セミナー詳細は三木楽器Webサイトをご覧ください。

 三木楽器株式会社 法人営業部 CAI 営業グループ
 〒541-0057 大阪市中央区北久宝寺町3 丁目3 番4 号
 電話:06-6252-0922
 e-mail:okano@miki.co.jp
 担当:岡野

 

【会場地図】

【参考情報】

無償のスタンドアロン版Eleven Rack Editorリリース!

カリフォルニア州アナハイムで開催されたNAMM 2014期間中、Avidブース(#6400)にて、リリースされたばかりのEleven Rack Editorを弊社アプリケーションスペシャリスト、ダニエル・ラヴェル(写真中央)がデモンストレーションにてご紹介しました!

20140123_introducingelevenrackedito

 

Pro Tools 10以前のソフトウェアバージョンに搭載されていたEleven Rack Control Windows の64ビット・スタンドアロン版the new Eleven Rack Editorが発表されました。Eleven Rackユーザーから最もリクエストの多かった機能がついにリリースです。

下記より今すぐお試しください!

Eleven Rack Editor機能:

  • Mac でもPCでも、Pro Toolsを起動することなくEleven Rackの設定可能
  • グラフィカル・インターフェースから、ギターペダル、アンプ、スピーカーを設定
  • ElevenRackPresets.comから何千ものプリセットをダウンロードして再生

20140123_introducingelevenrackedi_2

なお、Adam Kranitz率いるAvid Blogsのライター達が、Avid Blogsにて、毎日NAMMショーの様子をレポートしました(英語)。ゲストセッションをはじめ、Sibelius 7.5やEleven Rack Editor、Avid Spaceプラグイン、さらにS6の展示など、 Avid at Winter NAMM 2014 on Avid Blogs (英語)も是非チェックしてみてください。

Massenburg DesignWorks MDW Hi-Res Parametric EQ 5 プラグインがAvid Pro Tools 11に対応

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Massenburg DesignWorks MDW Hi-Res Parametric EQ 5
プラグインがAvid Pro Tools 11に対応

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------ 

かつてないほどの透明度、滑らかさ、卓越した高周波数レスポンスで、
MDQ Hi-Res Parametric EQ 5
プラグインがAvid Pro Tools 11ユーザーに
最適なミックス制作を可能に

Avid®Massenburg DesignWorks 社は、MDW Hi-Res Parametric EQ 5® プラグインがPro Tools® 11 に対応したことを発表しました。パラメトリック・イコライザーの創始者であるジョージ・マッセンバーグ氏により開発された、Massenburg DesignWorks® Hi-Res Parametric EQ プラグインは、正確に周波数を捉え、ヒューマン・インターフェース、相互運用性、オートメーション統合を向上します。バージョン5では、新しくAAX Native 64ビットおよびAAX DSP 64ビットフォーマットを提供し、Pro Tools 11.1以降のバージョンと互換性があります。これにより、最高のサウンドクオリティを実現するPro Tools|HDX システムを含むPro Tools 10ベースの全ての製品群でEQを使用することができるようになりました。Avid Pro Toolsソフトウェアは今日のプロフェッショナルの音楽およびオーディオ制作をワークフローから再定義します。新しいオーディオおよびビデオエンジン、64ビットパフォーマンス、拡張メーターや新しいHDビデオワークフローといったテクノロジーにより、Pro Tools 11は最も要件の厳しいセッションにも対応でき、クリエイティビティを最大限に引き出すことを可能にします。

マッセンバーグ氏はこのAAX 64ビットバージョンについて、長年、改善を施し、磨きをかけてきました。「最新のMDW® EQ5-AAX DSPでは、市場にあるどのデジタルイコライザーよりも自然かつ最高品質、倍精度計算、そして計測可能な最高パフォーマンスの提供といったMDWのこれまでの伝統を引き継いでいます。MDW EQのユーザーインターフェースは、エルゴノミクスに基づいたEQコントロール・操作に加え、きめ細かく調整されたEQヒューマン・インターフェースを提供します。ノブ調整では、エンジニアが期待する音を創ることができますし、MDQ EQコントロールは常に読みやすく、コントロールの設定も簡単です。EQプラグインの中で、MDW EQやMDW EQ5 AAXはスタンダードであり続けます。」

ジョージ・マッセンバーグ氏は、パラメトリック・イコライザーを世界で初めて開発し、GML 8200はパラメトリックEQのデ・ファクト・スタンダードを打ち立てました。マッセンバーグ氏はまたGerge Massenburg Labsを設立し、独自の回路設計に基づく画期的かつ広範囲にわたるコンソール・オートメーションデバイス、アナログシグナル・プロセッサ、マイクプリアンプ、電力装置などを発表してきました。マッセンバーグ氏は、200以上のアルバムをプロデュースし、彼の秀でたスタジオスキルは国際的に有名です。1998年の”The Grammy for Technical Achievement”を含む4つのグラミー賞や、数多くのMix Magazine TEC Awardを受賞しました。Massenburg DesignWorks社の高性能ソフトウェア製品の全ラインナップで、プラグインEQのコンセプトを手掛けています。

Massenburg DesignWorks: http://massenburgdesignworks.com/

 

販売と価格

MDW Hi-Res Parametric EQ 5プラグインは、Pro Tools 11およびPro Tools|HDXをサポートしています。現在すでに世界中で発売開始中です。MDW Hi-Res Parametric EQ 5 プラグインのご購入については、Avidのウェブサイトをご覧ください。

 

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 03-3505-7937(代表) news_jp@avid.com

8470746980805312_3

 

2014年1月24日 (金)

Avid、ギタリストが刺激的なサウンドを制作するためのスピーディ かつオープンなワークフローを提供

※本プレスリリースは、米国時間2014年1月23日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Avid、ギタリストが刺激的なサウンドを制作するためのスピーディ
かつオープンなワークフローを提供

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Eleven Rack Editorが、プロのアーティストやミュージシャンの望むサウンドの
スピーディかつ効率的な制作を支援~

NAMM (ホールA、ブース #6400)、カリフォルニア州アナハイム、2014123 Avid® (NASDAQ: AVID) は本日、Eleven Rack Editorを発表しました。Eleven Rack Editorは、Eleven Rackギターシステムのユーザーに、スピーディかつオープンなワークフローを提供し、クオリティの高い刺激的なギター音の制作と編集を可能にします。Eleven Rack Editorアプリケーションは無料でダウンロードいただけます。このEleven Rack Editorを使うと、Pro Tools 11やサードパーティ製オーディオ・ワークステーション・ソリューションをコントロールすることができます。

「サウンドのクオリティに対する視聴者の期待が高まってきており、アーティストやミュージシャンには、高品質で刺激的な音楽を制作するための革新的かつ低価格なソリューションが必要です。」Avidプロダクトおよびサービス部門のシニア・バイス・プレジデントを務めるクリス・ガヘイガンは述べています。「Eleven Rack Editorは、スタンドアローン型ソフトウェアエディターに対するお客様からのリクエストに応えると同時に、アーティストやミュージシャンがクオリティの高い刺激的なギター音をスピーディかつ効率的に制作するためのソリューションに対するリクエストの両方に応えます。」

Eleven Rack Editorは、ご使用のDAWの種類に関係なく、世界に通用するギター音を制作するためのパワフルなソリューションです。

  • Pro Tools 11との使用Eleven Rack Editor は、Pro Toolsの以前のバージョンに付属されていたソフトウェアコントロールウィンドウと同様の機能を提供します。アプリケーションをスタンドアローンで使用することができます。これにより、Eleven Rackユーザーは、世界で最も最先端のデジタル・オーディオ・ワークステーションPro Tools 11のパワフルな機能、メリット、64ビットパフォーマンスをお楽しみいただけます。
  • 直感的なグラフィカル・インターフェースグラフィカル・インターフェースには、ギターペダル、アンプ、スピーカーをシンプルに表示。ここから、MacでもWindowsコンピュータでも、直感的にEleven Rack設定を調整できます。これで、Eleven Rack前面からコントロール調整する必要はありません。
  • DAWとの互換性Eleven Rack Editorは、プロのアーティストやミュージシャン用にソフトウェアコントロールを強化しました。どのデジタル・オーディオ・ワークステーション環境でも、Eleven Rackの操作が可能で、サウンドを完全にコントロールすることができます。
  • Eleven Rackプリセットオンラインのポータルサイト(http://www.elevenrackpresets.com/)から、豊富なギターサウンドのEleven Rackリグプリセットをダウンロードいただけます。

 

互換性

Eleven Rack Editorは64ビットの下記オペレーティング・システムをサポートします:

  • OS X 10.7以上
  • Windows 8 64-bit
  • Windows 7 64-bit

 

販売と価格

Eleven Rack Editor は2014年1月23日から世界中でダウンロードが可能になります。

 

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 03-3505-7937(代表) news_jp@avid.com

 

Erehero

Avid、Sibelius 7.5で実績ある楽譜作成ソリューション革新を継続

※本プレスリリースは、米国時間2014年1月23日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

AvidSibelius 7.5で実績ある楽譜作成ソリューション革新を継続

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

~作曲者を支援する高品質なプロフェッショナル楽譜の素早く簡単な
制作ソリューションに対するコミットメントを強調

NAMM (ホールA、ブース#6400)、カリフォルニア州アナハイム、2014123 Avid® (NASDAQ: AVID) は本日、世界中でベストセラーの作曲・楽譜制作ソフトウェアの開発継続となるSibelius® 7.5 ソフトウェアを発表しました。Sibelius 7.5では、作曲家、編曲家、音楽家、楽譜出版社、学生、教育関係者がこれまで以上にクリエイティビティを表現、拡大、促進するための方法を提供します。

「Sibelius 7.5により、プロフェッショナルレベルの楽譜をよりスピーディに作成できるとともに、より高いクオリティの素晴らしいコンテンツ制作が可能になります。」Avidプロダクトおよびサービス部門のシニア・バイス・プレジデントを務めるクリス・ガヘイガンは述べています。「Sibeliusは、プロや学生が、素早く、簡単、そしてスマートな方法で楽譜を書くことを可能にするソリューションです。ライブパフォーマンス、映画、TV番組、さらにメディア・エンターテイメントに至るまで幅広くご活用いただけます。」

今日の作曲者は、スコアを素早く完成・納品しなくてはならない厳しいプレッシャーにさらされています。一方で、プロジェクトの複雑性は益々高まり、納期は短くなっています。Sibelius 7.5は、ワークフローを促進する新しい革新的な機能を搭載しており、作曲者はクリエイティブ作業に集中し、さらに優れた楽譜をより効率的に制作することが可能になります。

 

Sibelius 7.5新機能:

  • ナビゲーション機能の強化 — 楽譜全体を一目で見渡せるタイムライン・ウィンドウが新機能として追加。いかに大規模あるいは複雑な楽譜であっても、簡単に編集、再生ができます。作曲者は、タイムラインコード・ルーラーあるいはアイコンをクリックすするだけで、該当箇所へジャンプします。
  • さらに表現豊かな再生 — 完全に再設計されたエスプレッシーボ2.0機能により、楽譜の各部分のリズム感のカスタマイズを完全にコントロール。さらに、楽譜の解釈能力が向上し、さらに表現豊かでリアルな雰囲気を出すことが可能になりました。また、スウィング・リズム用にカスタマイズ可能です。
  • 楽譜解釈の能力向上— テンポ記号、メトリックモジュレーション、装飾音符、モルデント、ブレイク、ブレスマークなど記譜特徴の解釈を高め、Sibelius再生機能が大幅に向上。これで高価なオーケストラがなくても、楽譜の微妙なニュアンスをリアルなサウンドで再生することができます。
  • コラボレーションや共有が簡単 — Sibelius 7.5は、画期的な楽譜共有機能およびソーシャルメディア機能を追加したことで、作曲作品の共有や配信が可能になりました。楽譜を電子メールで共有したり、ScoreExchange.com上にアップロード、出版したりすることができます。あるいはビデオやオーディオファイルをYouTube、Facebook、SoundCloud上で共有できます。
  • Scorchアプリの完全統合 — SibeliusスコアをiPadのAvid Scorch®へ直接エクスポートすることが可能。再生、練習、パフォーマンス、出版機能が統合されたことにより、Sibeliusが自動で楽譜を最適化し、ページ方向、五線の段数、余白の大きさなどをiPadに合わせて表示します。
  • ブラジルとロシア向けローカライゼーション — Sibelius 7.5には、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、日本語、簡体字中国語に加え、ロシア語やブラジル・ポルトガル語のサポートが追加されました。

 

販売と価格について

Sibelius 7.5は、近日中に販売開始を予定しています。国内の出荷開始時期および価格、製品の詳細については、こちらをご参照ください

Sibelius 7.5製品ラインナップ

  • Sibelius 7.5 (フルバージョン)         
  • Sibelius 7 から 7.5 へのアップグレード   
  • Sibelius v6以前のバージョンからのアップグレード
  • Sibelius以外のソフトウェアからのクロスグレード  
  • Sibelius FirstからSibeliusへのトレードアップ   
  • Sibelius 7.5アカデミック版     

 

日本時間1月24日以降にSibelius 7製品(新規フルバージョン、アップグレード版、クロスグレード版)をご購入いただいた方には、Sibelius 7.5が出荷開始後、Sibelius 7.5への無償アップデート(ダウンロード版)をご提供致します(製品登録が必要です)。Sibelius 7の詳細およびご購入はこちらをご参照ください

なお、こちらにご登録いただくと、Sibelius 7.5の出荷開始のご案内をお受け取りいただけます。

 

現在、日本語ページを準備中です。製品の詳細はこちら(英語)にてご参照ください。

 

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 03-3505-7937(代表) news_jp@avid.com

 

Sibelius75_signupform

Avid、Pro Tools 11オーディオ制作ソフトウェアの勢いを維持

※本プレスリリースは、米国時間2014年1月23日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Avid、Pro Tools 11オーディオ制作ソフトウェアの勢いを維持

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 ~ 64ビットAAXフォーマットのAvid Spaceがリリース。
利用可能なAAXプラグインが850以上に増え、オーディオ・プロフェッショナルに
音楽制作のための膨大なパワーを提供

NAMM (ホールA、ブース #6400)、カリフォルニア州アナハイム、2014123 Avid® (NASDAQ: AVID) は本日、80社を超えるAvid開発パートナーが、850以上のプラグインについて、オーディオ制作の新しいスタンダードを打ち立てるデジタル・オーディオ・ワークステーションのPro Tools 11をサポートする64ビットAAXフォーマット版をリリースしたことを発表しました。また、多数のアーティストや音楽プロフェッショナルが使用するリバーブプラグインAvid Spaceの64ビットAAXフォーマット版をリリースしたことを発表しました。このリリースにより、Avidが開発するプラグインのPro Tools 11ソフトウェア用AAXフォーマットへの移行が完了したことになります。

Avidプロダクトおよびサービス部門のシニア・バイス・プレジデントを務めるクリス・ガヘイガンは述べています。「これまでのPro Tools|HDXシステムの出荷数は10,000式を超え、64ビットAAXプラグイン市場は急速に成長しています。今や850種類にも及ぶAAXプラグインがリリースされ、最も要件の厳しい制作において、オーディオ・プロフェッショナルに更なるパワーと高いオーディオクオリティ、そしてレコーディング、編集、ミックスが簡単に行える方法を提供します。」

「64ビットのアーキテクチャと新しいAvid Audio Engineにより、Pro Tools 11は以前のPro Toolsバージョンより何倍ものプロセッシングパワーを提供します。新しいAAX 64ビットプラグインフォーマットでは、RAMアクセスが向上し、スピードやパフォーマンスがさらに高まります。これらのパワフルな新機能により、プロフェッショナルは素晴らしいコンテンツをより速くそしてより高いクオリティで仕上げることが可能になります。」

Avid Spaceは、Pro Tools環境での音楽およびポストプロダクション・プロジェクトのための高機能コンボリュージョン・リバーブ・プラグインで、64ビットAAX Native、DSP、AudioSuiteのフォーマットでご用意しています。Spaceを使うと、大規模コンサートホールから密度の高いプレートリバーブに至るまで、ハイエンド・ハードウェア・リバーブユニットのようなコントロールで自然なリバーブ空間のサウンドを創りだすことができます。本物のリバーブスペースを最新のDSPアルゴリズムでサンプルしたアコースティック音と合わせることで、モノ、ステレオ、サラウンドフォーマットでのリバーブパラメータのフルコントロールを提供します。

マドンナ、ゴリラズ、ダフト・パンク、シャキーラなどのアーティストを手掛けるリミキサーのジュニア・サンチェス氏は次のように評価しています。「Avidは既に、EQ 3、Pro Limiter、Pro Compressor、その他Pro Tools 11のための数々の素晴らしいプラグインで、オーディオ制作の方法を根本から変えてきました。多数の優れたPro Toolsプラグインに加え、Spaceが64ビットAAXフォーマットの仲間入りした今こそ、Pro Tools 11にアップグレードする最高のタイミングだと思います。」

 

販売と価格

Spaceは2014年1月23日からavid.comより発売を開始します。詳細および価格についてはこちら(英語)をご参照ください(日本語ページ近日公開予定)。

  • Space — ¥49,400 (税別)
  • TL SpaceからSpaceへのアップグレード — 無料

 

 

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 03-3505-7937(代表) news_jp@avid.com

Cw_611x472_tlspacetdm_2

2014年1月23日 (木)

Winter NAMM 2014いよいよ今日から開催!

20131210_avidatwinternamm2014_1280x

世界最大規模の楽器ショーであるNAMMがいよいよ米国時間1月23日から4日間、カリフォルニア州アナハイムで開催されます。今年で第19回目となるNAMM。Avidもクラス最高のオーディオ製品をブースにて展示・参加いたします!

Avid @ Winter NAMM 2014

  • Avidブース    : ホールA、ブース#6400
  • 期間            : 2014年1月23日~2月26日(アメリカ時間)
  • 展示予定製品  : Pro Tools 11、AAXバーチャルインストゥルメント、Sibelius記譜製品群、Avid S6コンソール、S3Lライブサウンド製品など

 

なお、Avid Blogsのライター達が、NAMMショーの様子を毎日ブログレポートします(英語)。レコーディング、ミキシング、楽譜作成、ライブサウンドなど、Avidブースや製品の最新情報については、 Avid at Winter NAMM 2014 on Avid Blogs (英語)を是非チェックしてみてください。

2014年1月 9日 (木)

楽譜作成ソフト"Sibelius"で、リアルなオーケストラ・サウンドを 再現する『NOTE PERFORMER FOR SIBELIUS』販売開始!

WALLANDER社より、楽譜制作ソフトSibelius専用のオーケストラ総合音源バーチャルインストゥルメントがリリースされています(ダウンロード販売)。リアルなオーケストラ・サウンドを是非お試しください。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Wvnpfs_2



楽譜作成ソフト「Sibelius」(シベリウス)専用の高品位オーケストラ音源、WALLANDER『NOTE PERFORMER FOR SIBELIUS』のダウンロード販売が開始されました。

使い方は至って簡単。「Sibelius」の「再生デバイス」項目で『NOTE PERFORMER FOR SIBELIUS』を選択するだけ。必要な楽器のロードや各楽器のボリューム調整は『NOTE PERFORMER FOR SIBELIUS』が自動で行います。楽譜の再生中はまるでミュージシャンのごとく、メロディをアナライズ(分析)して演奏しますので、MIDIの打ち込みやミキシング、サンプル・ライブラリ(ソフトウェア音源)を別途用意する必要なく、SIBELIUS上でリアルなオーケストラ・スコアのモックアップを制作頂けます。

RAMを多く使わない軽量設計なので、モバイル環境でもお使い頂けます!
 

『NOTE PERFORMER FOR SIBELIUS』

 
 ※『NOTE PERFORMER FOR SIBELIUS』は、「Sibelius 6」、「Sibelius 7」、  「Sibelius First」に対応しております。それ以外のバージョンには対応  しておりませんのでご注意下さい。
 ※ダウンロード販売価格は、為替レートに応じて都度変動します。

AvidオフィシャルWebサイト

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.