« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月24日 (水)

[日程追加!] Pro Tools 11での楽曲制作デモ・ツアー第2弾のご案内

Protools11_activation_boxshot_3qtr_
去年行った「Pro Tools 11での楽曲制作デモ・ツアー」。ご好評につき、第2弾を開催します。初心者の方向けにPro Toolsの使い方をいちからご説明します。お近くの方は是非ご参加ください!

 

Pro Toolsを古くから愛用し、その機能を熟知するDJ/クリエイターNo Milkこと内山氏が発売されたばかりのPro Tools11で 最先端の楽曲制作ワークフローを解説。
マニュアルや攻略本ではわかりづらい部分も一目瞭然。
フル64bit化 により非常に軽快になったPro Tools 11で、MIDI打ち込みからレコーディング、波形編集、MIXなど、楽曲制作に必要なすべての作業が快適になり、クリエイティブ作業の効率・クオリティを高めます。

今回のセミナーはこんな人にオススメ!

  • 楽曲制作を始めたいクリエイター/DJやバンド
  • Pro Toolsユーザーでアップグレードを検討中
  • SonarやCubase, Liveなどを利用していて、スタジオとの互換やMIX作 業用途でPro Toolsの導入や、DAW自体の乗り換えを検討している
  • 使用しているDAWや パソコンが重く、最新の環境に移行したい
  • 楽曲制作やミックスのクオリティが上がらない
  • 楽曲制作の効率をよくしたい


内容解説

  1. MIDI打ち込みも伝統のスマートな操作性と64bit化により作業が早くなります
    Pro ToolsでのMDI入力の利便性や楽譜ウィンドウの使用、標準装備されている高品質なバーチャ ルインストゥルメントなどをご紹介いたします。Pro Tools 11では完全な64bit化 によりCPU効率がこれまでの数倍に高められました。多数のバーチャル・ インストゥルメントやプラグインを使用しても非常に軽快に動作しますので、打ち込み作業の多いクリエイターの方にも大きなメリッ トがあります。オフライン・バウンスで、いわゆるフリーズトラックのような作業も簡単になりました。昨今の楽曲に求められる多様 な音色を利用した膨大なセッションも自宅のノートパソコンで制作可能です。
  2. レコーディング・波形編集・MIXはPro Toolsでプロ・スタジオで99%と 言われるほどのシェアを持つPro Toolsの機能を使用したレコー ディングや波形編集、MIX作業をご紹介します。ループ&コンピングや、 音質劣化の少ない高品質のエラスティックオーディオなどの機能は、ホームスタジオ環境でこそ必須。YoutubeやSoundCloud, iTunes配信など、誰にでもチャンスのある時代だからこそ、プロと同じ品質でのMIX・レコーディング環境を整える必要があります。
  3. 自分にあうPro Toolsシステムはどれ?
    Pro Toolsシステムは様々な購入方法 があります。シンプルにソフトウェアだけを購入することも出来ますが、スタジオ標準のインターフェースHD I/Oのエンジニアが設計した高品位インターフェースとのお買い得なセット 購入から、プロスタジオと同じ構成での購入まで、用途に最適なシステム導入に向けて知っておきたいPro Tools製品ラインナップをご紹介します。

 




講師ご紹介(No Milk プロフィール)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Nomilk

No Milk:
98年よりRhapsody、Capricious、Outergaze、Music Conception、USB、Yore、Quintessentials、Ragrange、Third Ear、Universal Musicなど国内外のメジャー、インディー問わず良質なテクノ/ハウスレーベルよりコンスタントにリリースを重ねるアーティスト。
Pro Toolsのスペシャリストであり、新進気鋭オーディオブランドPHONONの立役者、WACOMのDJ機器”nextbeat"の開発者という肩書を持 ち、音楽機材への造詣も深い。
2014年JOYFUN RECORDをスタートさせ、サバーバン・アコースティック・ポップ・デュオ Afri Californi a fricaのアルバムをリリース。 趣味は園芸。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


ツアー日程

日程 時間 会場 住所/問合わせ
9月20日 13:00~
(1時間)

島村楽器(株)
新宿ペペ店 

〒160-00210
東京都新宿区歌舞伎町1-30-1
西武新宿ペペ5F
03-3207-7770

10月5日 14:00~
(1時間)
島村楽器(株)
梅田ロフト店 

〒530-0013
大阪府大阪市北区茶屋町16-7
梅田 ロフト8F
06-6292-7905

10月11日
14:00~
(1時間)
島村楽器(株)
新潟ビルボードプレイス 
〒950-0909
新潟県新潟市八千代2-1-2
ビルボードプレイス4F 

025-240-4666

10月19日

15:00~
(1時間)

(株) ミュージックランド
KEY福岡 天神ビブレ店
福岡県福岡市中央区天神1丁目11-1
天神 ビブレ
092-716-0404
11月2日 17:00~
(1時間)
山野楽器ロックイン新宿

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-34-1
ジュラクツインB棟 4F
03-3354-5502

11月9日 15:00~
(1時間)
(株) ミュージックランド 
KEY 渋谷店

〒150-0031
東京 都渋谷区桜丘町16-12
03-3463-0606

11月16日 14:00~
(45分)
島村 楽器(株)
ミーナ町 田店
〒194-0013
東京都町田市原町田4-1-17
ミー ナ町田 B1F
042-710-6088
11月23日 15:30~
(1時間)
JEUGIA三条本店

〒604-8036
京都府京都市中京区三条町新京極角
075-254-3750

2014年9月22日 (月)

[最新Pro Tools | S3ご紹介あり!]10/21大阪開催: MIKI Digital World 2014 Avid Pro Tools | S6 セミナー

三木楽器株式会社主催によるPro Tools | S6イベントのご案内です。10月9日から12日までロサンゼルスにて開催されるAESイベントで発表の最新情報もご紹介予定!関西エリアの方はぜひ、ご参加ください。

Photo

Avid の全く新しいS6 コントロール・サーフェスにより、再びミキシングが再定義されました。 革新的な新モジュール設計で業界をリードするICON とSystem 5 製品シリーズを強化し、直観的でリアルな体験ができる、人間工学に優れた高性能なスタジオ・コントロールを、現代のサウンド・エンジニアに提供します。

 

MIKI Digital World 2014
〜Avid S6 セミナー〜

  • 日時: 2014年10月21日(火)14:30~
  • 場所: 三木楽器株式会社 開成館
  • 講師: Avid社 ダニエル・ラヴェル

  

アジェンダ:

①14:30〜15:30 Avid S6 新機能紹介:
   AES LAで紹介されるS6新機能をご紹介する特別デモンストレーション

②16:00〜17:30 Avid S6概要説明:
   S6の設計コンセプト及び機能の全貌をご紹介いたします

* セミナーの内容は予告なく変更される場合がございます。
* 当日、会場には超コンパクトなライブサウンド製品 VENUE | S3L-Xの展示も予定しています。

*また、発表されたばかりのPro Tools | S3製品についてのご紹介・展示もございます。

 

セミナーの詳細およびお申し込みについては、下記にお問い合わせください。

三木楽器株式会社 法人営業部 CAI 営業グループ 
〒541-0057  大阪市中央区北久宝寺町3 丁目3 番4 号
電話:06-6252-0922
e-mail:okano@miki.co.jp
担当:岡野様

2014年9月19日 (金)

Roland社のIOでの動作について

Pro Tools 11.2において、下記の動作について簡単な動作の確認をいたしましたのでお知らせいたします。

 

動作確認マシン

  • Win7 64bit HP製ラップトップ
  • Win8 64bit HP製ラップトップ
  • Mac OSX Marverick MacBookPro (core i7)

 

検動作確認オーディオインターフェース

  • Roland社
  • STUDIO-CAPTURE
  • OCTA-CAPTURE
  • QUAD-CAPTURE

 

検証内容(2014年8月15日時点)

  • Pro Toolsデモセッションの20分程度のループ再生
  • 2トラックでの10分程度の同時録音

 

※検証結果はあくまで参考のためのものであり、上述する環境も含め、全ての環境での動作、また、パフォーマンスを保証するものではありません。

※上記の情報により、お客様、およびお客様が第三者に対して行なう行為、あるいはその行為による結果に対して、弊社がいかなる保証をするものではありません。

ご提供しました情報による派生的、間接的な損害に対して、弊社はいかなる責任も負いません。

※将来的に製品の仕様変更、ソフトウェアのアップグレードに伴い、上述の検証結果とは異なる結果となる可能性がございます。あらかじめご了承ください。

2014年9月16日 (火)

Avid Everywhere、ライブ・サウンド制作および スタジオ制作ワークフローを再定義

※本プレスリリースは、アムステルダム時間2014年9月11日に発表されたプレスリリースの抄訳です。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Avid Everywhere、ライブ・サウンド制作および
スタジオ制作ワークフローを再定義

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Avid、ステージやスタジオの外でも比類ない機能性や信頼性を提供する
Avid Artist Suite
の新しいコンパクト・ライブ・システムを発表

 

IBC (ホール7、ブース#J20)、アムステルダム、2014911 - Avid® (OTC: AVID)は、本日、Avid | S3Lシステムの成功に基づきAvid Everywhere™ 構想を具現化するコンパクト・サウンド・システムAvid VENUE | S3L-X を発表しました。新たなシステムにより、ライブ・サウンドのプロフェッショナルは、スペース、サイズ、複雑性、多様性等、今日のライブ・サウンドにおいて増幅する要件にも容易に対応することができます。エンジニアはAvid VENUE | S3L-Xの比類のないパワーと効率性を用いて、ライブ・ショーをミックス、録音することができます。また、商業目的で新しい素材を作成する、またはライブ録音をミキシングすることができます。

Avid MediaCentral Platformを基盤とするAvid Artist Suiteの一部であるAvid VENUE | S3L-XとPro Tools® | Softwareの併用は、合理化され、ライブ制作におけるミキシングおよびレコーディングに対して経済的かつ密接に統合された最強の方法をもたらします。

「ライブ・サウンドのプロフェッショナルは、厳しい予算やアセットからより多くの収益を上げるというプレッシャー、膨大な技術の選択肢に直面しています」とAvidの製品および技術担当シニア・バイス・プレジデントのクリス・ガヘイガンは話します。「S3Lを発表した時、弊社のお客様は、その透明な音質、パワー、ミキシングでのクリエイティビティ能力から、大規模なフェスティバル、クラブ、ツアーで、即座にS3Lを採用しました。Avid VENUE | S3L-Xにより、お客様は、ライブ・サウンドでのパフォーマンスだけでなく、最終アセットへミキシングしての収益化する両方を一つのシステムで行うことが可能になります。」

このシステムは、拡張的なネットワーク接続、コントロール、処理能力を提供し、ライブ・パフォーマンスの幅広い要求に対応します。お客様は、完全自動のゲイン補正機能を搭載する複数のS3L-Xシステム間で同じI/Oを共有することで、複雑性および経費を削減します。64ビットAAX DSPプラグイン、オープンEUCON、Ethernet AVBネットワーク・プロトコルに対応するAvid VENUE | S3L-Xは、現行およびこれからのAvidおよびサードパーティ製の幅広い製品との互換性を約束します。

 

業界トップの実績と信頼を重ねたライブ・サウンド・ソフトウェア・プラットフォームの最新版VENUE 4.5ソフトウェアを搭載するAvid VENUE | S3L-Xの主な利点は:

  • 大規模なフェスティバルから限定された空間のクラブ環境まで、あらゆる場所で、あらゆるものをミックス
  • 完全自動のゲイン補正機能を搭載する複数のAvid S3L-X Systemsで、同一のI/Oを共有
  • スタンドアロンのミキシング・サーフェスおよび4x6オーディオ・インターフェイスとしてAvid S3を使用しDAWをミックス
  • 64ビット AAX DSPプラグインをサポートして、最新のサウンド処理技術に対応
  • 16から64のマイク・プリアンプを搭載するモジュール・システムにより、あらゆるサイズのパフォーマンスに対応
  • かさばるケーブル配線が不要であると同時に優れた音質、そして信頼できるEthernet AVB接続
  • Avid S3Lの2倍のRAMでパフォーマンスをアーカイブ
  • 簡単なモバイルのEthernet 接続で、Pro Tools(またはその他のDAW)へ直接録音
  • 強化されたいかついエンジン・デザインで、ツアーでも安心の安定性を提供
  • 高出力、低ノイズのヘッドフォン・アンプから安心してモニター

 

 

販売について

Avid VENUE | S3L-Xは、2014年度第4四半期(10月~12月)の時期に、全世界のAvidディーラーより発売が予定されています。

VENUE 4.5ソフトウェアアップグレードは、2014年度第3四半期(7月~9月)後半、既存のS3L Systemユーザーへの販売を開始します。

 

 

Cw_700x700_s3lsystem

 

AvidオフィシャルWebサイト

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.