« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月25日 (水)

Pro Tools | Duet & Pro Tools | Quartet パッケージ内容が大幅にグレードアップ!約10万円相当のバリューがバンドル

Pro Tools | Duet, Pro Tools | Quartet - パーソナルなプロフェッショナルレベルの音楽スタジオ
YouTube: Pro Tools | Duet, Pro Tools | Quartet - パーソナルなプロフェッショナルレベルの音楽スタジオ

Pro Tools | Duet 及びPro Tools | Quartet は、業界標準DAWソフトウエアであるPro Tools と伝説のサウンド・クオリティーを誇るApogeeオーディオ・インターフェイスをバンドルしたプロフェッショナル・クリエイターの為のプロダクション・ツールです。
 

そのPro Tools | Duet 及びQuartetの「標準ソフトウエア仕様」が大幅にグレードアップします。AAX Tire 2とTire 3が各1本に加え、Pro Tools年間アップグレード/サポート・プランも付属!

  • Avid Tier 2 plug-in (税別価格35,000円の価値) 1つ及び Tier 3 plug-in (税別価格58,500円の価値)1つが無償でゲット可能に!
  • Avid 年間アップグレードプラン(税別価格21,900円の価値)が付属-  Pro Tools 12を含む1年間のアップグレードが無償に!

 

本オファーは、これからご購入されるお客様に加えて、既にPro Tools | DuetおよびPro Tools | Quartetをお使いのユーザー様にも適用されます!

これからご購入されるお客様:

Pro Tools | DuetあるいはPro Tools | Quartetをご購入される場合、Avid Master Account へログインすると、2つのAvidプラグイン及び1年間のPro Toolsアップグレード/サポートプランのアクティベーション・コードが現れます。

既にご使用中の既存のお客様:

既存のお客様のAvid Master Accountへのアクティベーションは、3/23の週より順次ディポジットされます。1年間のAvidアップグレードプランも同様に3/23の週から順次「有効」となり、既にアクティベーション済みの既存ユーザーの皆様も、その日から新たに1年間アップグレードプランが「有効」となります。

既存のお客様へのディポジット作業は順次行っておりますが、対応には時間がかかる場合もございますので、予めご了承賜れれば幸いです。


 

ご購入

Pro Tools | Duet & Pro Tools | Quartetはこちらの販売店よりご購入いただけます

 

日本語参照情報:

Ptquartetlifestyle

2015年3月23日 (月)

東通様事例: Pro Tools | S6とAvid ソリューションで実現するスムーズかつスピーディな制作ワークフロー

東通様事例:
~ Pro Tools | S6とAvid ソリューションで実現するスムーズかつスピーディな制作ワークフロー ~

Totsu_s6_cs_header_620x160_2

2014年9月、営業拠点を移しリニューアル・オープンした東通 ビデオセンター。これを機に、3室あるMAルームのうちMA-3のコンソールとしてAvid Pro Tools | S6が導入された。これは制作プロダクションとしては国内初の事例である。東通では、Pro Tools | HDXベースのパワフルなPro Tools HDシステム、Video Satellite経由でMedia Composerの画とPro Toolsの音の同期、素材は全てメディア共有ストレージであるISIS|5500で管理する、Avidシステムを中心としたスムーズかつパワフルなワー クフローを構築している。営業開始より20数年が経過し、設備の老朽化やシステム拡張の制限が表面化していた旧編集センター。そこから移転した新しい社屋 では、現代のワークフローに即した効率的なスペースの配置と快適な作業環境が実現されている。今回は、機材選定などにあたった野村光宏氏、MAセクション を代表して横田良孝氏、編集セクションを代表して総合技術担当の原田文睦氏のお三方にお話をうかがった。

 

ドラマ制作に必要なスムーズかつスピーディなワークフローを構築

Totsu_s6_story_e_210x110_2

まず野村氏は、同社のシステム構築について次のように語ってくれた。「弊社の業務で比較的多いドラマの仕事は、編集とMAの作業が途切れなく続くためかな りのスピードが求められます。それを可能にするためにVideo Satelliteを介してPro ToolsとMedia Composerをつなぐシステムを3年ほど前に構築しました。編集とMAの連携を上げるためには、すべてAvidのシステムにするのがよいだろうという 判断です。高い機能を備えた機材を導入し、制作プロセス間での連携を高めることで、スムーズかつスピーディなMA作業環境を実現しています。Media ComposerとVideo Satelliteを導入する前は編集された映像はテープに収められていたので、MAに入るときに取り込む作業が必要でした。それがなくなったことによる 時間短縮は非常に大きかったですね。無駄がなくなり、厳しい納期の場合でも完全納品が可能なスピーディなワークフローとなっています。」(野村氏)また、 横田氏は、作業側にとってもワークフローは大事なことだと言います。「セッション内の目的のどんな場所へもすぐ移動できるので、作業しやすくなりました。 それに、HDシステムはやっぱり絵がきれいなので、クライアントからも喜ばれています。」(横田氏)

ICONからPro Tools | S6へ

Totsu_s6_story_d_210x110

さらに今回のリニューアルで、MA-3のPro ToolsはHD 3からHDXにアップグレード。コンソールもICONからPro Tools | S6にリプレイスされた。 「システムのリプレイスを考えたとき、世の中に様々なコンソールの選択肢があったのは事実ですが、Pro Tools | S6が出るのを待っていました。Pro Tools | S6は、ICONの機能的なものを継承して、なおかつパーツのアレンジができて扱いやすそうなところが魅力でした。導入を決める前には横田をはじめ現場の 人間が実際に触り、納得した状態で決めました」(野村氏)

Pro Tools | S6はフェーダーの動きが滑らかで動かしやすいです。オートメーションを書き込む機能をオンにしたとき、ICONではフェーダーに少し抵抗を感じたのです が、Pro Tools | S6はそれがなくなった。ほんのわずかなことなのですが、多用する機能ですし長時間の作業になるとずいぶん楽になったと感じます。」(横田氏)

Totsu_s6_story_c_210x110

今回導入されたPro Tools | S6は、より高性能なM40、24フェーダー/5ノブという仕様。横田氏は「部屋の大きさを考え、可能な限りコンパクトかつフェーダーの本数を確保できる この仕様にしました」と振り返る。さらに「ICONよりもカスタマイズ性が高いので、より作業しやすい形になりました。手が届く範囲に機能が集約できて、 動き回らなくてもよくなったのがありがたいですね。フェーダーの横にもメーターが付いているのでどこから音が出ているか直感的に把握できます。様々な作品 を制作しますが、ときには100トラックもある大規模セッションを扱うこともあり、コンピューターの画面を占拠しがちなプラグインなどを Pro Tools | S6のMTMディスプレイに表示できるのは便利だと感じています。」と、その魅力を語ってくれた。

複数の担当者が同時に協業しながらミックスダウン

Totsu_s6_story_f_210x110

編集からMAに至るフローではメディア共有ストレージのISIS|5500が採用されており、最大26式の端末がリアルタイムでメディアに同時アク セス可能となっている。「編集室では、収録された映像と音をMedia ComposerとSymphonyで編集します。完パケが出来上がったらあとはなにもする必要はありません。MAチームがISISに入っている編集デー タを取って作業を進めてくれますからね」と原田氏。

「完成の連絡をもらったら、そこから音付けに入ります。音効担当の方と私で作業を分担し、音効担当の方は音楽とSE、私は収録されたセリフを担当し ます。MA-3には音効用の Pro Tools と Artist Mix が用意されていて、メインのPro Toolsとは Satellite Link でつながっています。このリンクされたシステムを活用して、複数の音効担当やミキサー担当者が同時に協業しながらミックスダウン作業を行っています。」 (横田氏)

Totsu_s6_story_a_210x110

ドラマ仕事の場合、付けた音を監督が確認し、OKが出たところでミックスを開始する。完パケを納品する形態はまだテープが主流とのことで、ミックス終了後、テープに落とす作業に入るとのこと。

「弊社では、クライアントの意向に合せて、映像は編集の担当者がテープに落とし、音はMAの担当者がテープに落とすようにしています。この作業が最 終確認を兼ねていて、映像や音にノイズなどが入っていないかをチェック。役割を分担した方が、より事故は少なくなると思います。」(横田氏)

将来の高解像度4K制作を見据えて

Pro Tools | HDXシステムをインストールしているためサラウンド制作にも対応。MA-3に併設したアナウンス・ブースは、大人数のアフレコにも対応しており、他の MA室からも利用できるよう、室内の様子が見られる旋回型カメラを設置するなど、クライアントのニーズに柔軟に応えられる体制が整えられている。MA- 1、MA-2も順次Pro Tools | S6へのリプレイスが予定されているとのこと。各セクションが有機的につながったワークフローは、効率アップだけでなく、品質向上にも大きく寄与している という印象を受ける。

Totsu_s6_story_b_210x110

さて今後はどのような方向に進むのだろうか。展望を野村氏にうかがった。「これからは現在のシステムをバージョン・アップしながら4Kにも対応して いきたいですね。既に様々な検証を行っていて、4K制作対応の準備を進めています。弊社の場合は共有サーバーの位置づけが非常に重要なものになってきてい るので、ISIS を 4K 環境の中でどう運用するかがカギになるでしょう。4Kの次は8Kの時代もやってくる。そのころには、映像の高画質化だけではなくオーディオのチャンネル数 も相当に増えてくるはずです。しかしオペレーションする人間は限られている。そうなると、今以上に機材の連携を取っていかなければならないでしょう。いか に作業者の負担を軽減できるか、それがますます求められると思います。」東通はそのパワフルなシステムに加え、制作ワークフローの効率性とスピードを常に 向上することで、あらゆるクライアントのニーズに応え、今後も進化を続ける。

 

 

Photo_3

 

 

 
 株式会社東通
〒107- 8330 東京都港区赤坂5- 2- 20 赤坂パークビル9F
www.totsu.com

 
Pro Tools | S6販売代理店: タックシステム株式会社

 


課題

  • ドラマ制作での厳しい納期に対応できるスムーズかつスピーディな制作環境の構築

ソリューション

  • Pro Tools | S6、ISIS | 5500、Video Satellite、Media Composerを含む包括的なAvidソリューションの導入により、編集とMAの高い連携によるスムーズかつスピーディなワークフローを実現

導入製品


2015年3月17日 (火)

プロの現場ではこうする!Sibeliusを使った効率的な楽譜の作成方法

Photo_2

Sibeliusを使うとかんたんかつ効率的に美しい譜面を作成することができます。

Pro Toolsでプロジェクトを作曲・アレンジした後、Pro Toolsの楽譜エディタからSibeliusへとエクスポートし、Sibeliusで調整します。楽譜が完成したら、事前に演奏者に渡すPDF版をエクスポートすることもできます。

このビデオでは、本ブログでもおなじみの辻敦尊さんが、プロのレコーディング現場での楽譜作成ソフトSibeliusの活用例を紹介しています。プロのノウハウを知って、楽譜作成・レコーディングに役立ててください!

 

 

【FF公式】Sibeliusを使ったプロのレコーディング現場の一例紹介
YouTube: 【FF公式】Sibeliusを使ったプロのレコーディング現場の一例紹介

 

【出演(敬称略)】

 辻 敦尊
 古垣 未来
 榊 渚

【企画・制作】

 AT-Music合同会社

 


 

辻さん執筆のSibelius操作ご紹介ブログシリーズはこちら!

『Sibeliusで歌もの楽曲の楽譜作成にチャレンジ』

  1. クイックスタートから始めて、マウスとテンキーで音符入力
  2. アルファベットキーによる音符入力と連音符やスラーの入力 
  3. 画面のスクロール操作、旗の向きの調整、小節の追加・削除
  4. 音符のコピーや括弧(カッコ)の入力、その他改行ポイントの調整 
  5. MIDIキーボードを使っての和音入力  
  6. MIDIキーボードを使ってリアルタイム入力(フレキシタイム入力) 
  7. リタルダンドやフェルマータの入力   
  8. コード記号の入力
  9. 歌詞とテキストの入力    
  10. 声部を切り替えてのコーラスパート入力   
  11. 楽譜全体の外観スタイル変更    
  12. 作成した楽譜の印刷やPDF化


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2015年3月 2日 (月)

【3/4セミナー情報】Pro Tools 12最新情報も多数!『Avidプロミキシング・ソリューション 最新動向セミナー』

いよいよ今週水曜開催!『Avidプロミキシング・ソリューション 最新動向セミナー』のアジェンダをご紹介します。Pro Tools | S6の最新機能(V1.4)に加え、Pro Tools 12の最新アップデートも多数ご紹介を予定しています。


 

3/4開催: Avidプロミキシング・ソリューション 最新動向セミナー

予定内容

  • Pro Tools | First & Pro Tools 12最新アップデイト情報
  • Pro Tools | S6概要説明
    • Pro Tools | S6最新バージョンv1.4新機能紹介
    • 2014年追加機能及び最新バージョン v1.4新機能紹介
    • S6新機能ハイライトデモ
  • Pro Tools | S6 vs. ICON比較
    • ICON vs. S6比較
    • 年間保守プログラム説明
  • Pro Tools | S6リモート・マイクプリオプション/モニタリングセクション紹介
    • リモート・マイクプリ:DirectOut Andiamo MC, Millenia HV-3R, NTP Penta-720/DAD AX-32
    • モニタリングセクション:TAC VMC-102、EUCON対応 DAD AX32.

 

 

Pro Mixingワークフローを再定義するAvid Pro Tools | S6。お客様のリクエストに応える活発な開発によりその進化は続きます。最新ソフトウェアのバージョンv1.4では、日本語表示にも対応。タックシステム社開発のモニタリングセクションや、リモート・マイクプリなど、S6を取り巻くミキシングシステムの使いやすさが向上しています。

こ のセミナーでは、Pro Tools | S6新機能や、Pro Tools | S6用のオプション製品など、最新のPro Tools | S6システムについてご紹介するとともに、今年のNAMM Showにて発表となったPro Tools製品の最新動向も併せてご紹介します。

 

概要

  • 日程: 2015年3月4日
  • 時間: 15:30 ~17:30(受付開始 15:00)
  • 会場: アキバシアター
  • 住所: 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトアキバプラザ(地図
  • 人数: 80名(事前登録制)
  • 申込: こちらよりお申し込みください

 

ゲストスピーカー

Rich_nevens_2_2

リッチ・ニーヴンス | Rich Nevens
Director WW Pro Audio Solutions Specialists at Avid Technology

Avid Technology Inc.のワールドワイド・プロオーディオ・ソリューション・スペシャリストチームを率いる。音楽、TV、映画メディアのプロフェッショナルや施設に、 オーディオレコーディング、ミキシングや放送局向けのソリューションを長年提供し、オーディオ業界の全体に対する業界スタンダードの革新に長年貢献。

 

 

お申し込み

本セミナーは無料でご参加いただけますが、事前のお申し込みが必要です。下記よりお申し込みください。

こちらよりお申し込みください >> 登録ページ

 

S6_500x281

 

なお、Pro Tools | S6の最新ソフトウェアバージョンv1.4の新機能についてはこちらにてご紹介しております。併せてご覧ください。

AvidオフィシャルWebサイト

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.