« 新ICON to S6交換プログラム期間限定プロモーション! | メイン | [IBC 2015: Avidプレスリリース] Avid Everywhere、Pro Tools | S6の革新的ワークフローと ミキシング・モジュールにより勢いを加速 »

2015年9月14日 (月)

Avid @ IBC 2015

Photo

オランダ・アムステルダムのRAI国際展示場で開催中の欧州最大の国際放送機器展『IBC 2015』に、今年もAvidは参加しています。その様子を少しご紹介します!

 

9月11の午前には、Avid CEOルイス・ヘルナンデス, Jr.がAvid Everywhereビジョンの最新情報をお話しました。

  
 
【メインステージ:エディターBarney Pilling氏】

20150912barneypilling03_2

メインステージでは、Wes Anderson監督による映画『グランド・ブダペスト・ホテル』のエディターで、2015年アカデミー賞にノミネートされたBarney Pilling氏が、40週間にわたった制作でのコラボレーションについてご紹介しました。

 

Photo_2
"映画は、コラボレーティブなアートなのです" - Barney Pilling

  

【メインステージ:サウンド・エディターJames Mather氏】

C70b6011

 

現代の映画制作において、サウンドは決して切り離せない要素です。エミー賞受賞のサウンドエディターでありハリー・ポッター4作などを手がけたJames Mather氏に、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のサウンド制作についてお話を伺いました。

 

 

「この5~10年の間で、画のエディターはミキサーがどんなふうに仕事するかを理解するようになりました。」 - James Mather

 

映画の作曲は、先に仕事にとりかかります。そして、サウンドデザインがスコアを補完します。

 
 
 
 
【メインステージ: 新しいStudio SuiteにOrad製品を統合】

OradがAvidの一員になったことで、Avid MediaCentral Platformに新しいStudio Suiteを追加しました。その結果、遠隔地の取材チームとのコラボレーション、複数のプラットフォームへの配信など、Oradソリューション、Avid製品、3rdパーティ製品を使うユーザー間でのニュース制作プロセスが変わります。

Broadcastingpresentation_platform_i

 

 

【メインステージ: Media Composerを使った高解像度制作】

2K、4K、UHDで60Pのプロジェクトや、8KまでのカスタムラスターのプロジェクトをMedia Composerを使ってどのように制作するのか、また、その際の高解像度I/OやMedia Composer向けのFusion Connectプラグインなどんいついて、Avidのアプリケーション・スペシャストが、映画『Star Trek; Into Darkness』を例に、トップエディターがどのように編集しているかをご紹介するセッションもあります。

20150911ibc2015videoediting03

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

AvidオフィシャルWebサイト

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.