« 【Pro Tools関連セミナー】Media Integration MiM主催「Rock oN UMEDAサウンドゼミ」 杉山勇司氏のノウハウであなたのミックスをクオリティアップ | メイン | ICON to S6交換プログラム »

2016年2月26日 (金)

Avidライブサウンド・ワークフローを3/12「ハイレゾ・フェス at SPIRAL」ライブイベントで実践!

ハイレゾのいまを体感する3日間

2016年3月11日(金)~13日(日)
スパイラルホール (東京都港区南青山5-6-23 スパイラル 3F)

Highresfes_logo
音楽の聴きかた、楽しみかたが多様化する現在、アーティストやレコーディング・エンジニアから「スタジオで聴いていた音にもっとも近い」と評され、オーディオ機器/ファイルフォーマットの一大潮流となっているキーワード「ハイレゾ」。

HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRALは、機器の展示販売、トークイベント、試聴会、さらにはライヴレコーディングなどを通して、多角的に「ハイレゾ」の魅力とその「いま」を体感していただく3日間です。

このHIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRALの2日目に実施されるライブイベント「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND LIVE“THE REC”」では、新たに24bit/96kHz対応となったAvidの新しいライブコンソールS6LとPro Toolsを使用した「Avidライブサウンド・ワークフロー」が実践されます!


TECHNOBOYS
PULCRAFT GREEN-FUND LIVE
“THE REC”
3/12 19:00~
前売券:3,000円(当日券:3,500円)
チケット販売についてはオフィシャルサイトをご覧ください。

近年のアニメへの提供曲を中心にライブを行い、それをAVIDの最新ライブ・コンソールS6Lを使用して24ビット/96kHzにてマルチトラック・レコーディングを実施。
ステージで使用するシンセはProphet-5やJupiter-8など、すべてビンテージのアナログ(ノー・デジタル・シンセ!)で、同期用リズム隊もアナログ・リズム・マシンが務める。
またサポートにギタリストとドラマー2名を迎え、生ドラムとSIMMONSのツイン・ドラムも披露。
そしてボーカリストには大竹佑季の参加が決定!

Technoboys
1994年結成。「イノセント・ヴィーナス」などの音楽を担当した石川智久、エレクトロニカ界隈で高い評価を得るフジムラトヲル、多くのアニメ作品の主題歌、関連楽曲の作詞を手掛ける松井洋平が参加。2006年に1stアルバム『music laundering』、2014年には2nd『good night citizen』を発表。アニメの劇伴やEDとして「ウィッチクラフトワークス」、「トリニティセブン」、「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」などを手掛けており、今シーズンの秋冬アニメ「おそ松さん」のEDはパターンの多さが話題を呼び、大人気となっている。technoboys.tv

  • イベント詳細については、HIGH RESOLUTION FESTIVAL at SPIRALオフィシャルサイトをご覧ください。
  • 入場は無料ですが、一部のイベント(「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND LIVE“THE REC”」など)への参加は有料となります。


関連情報

VENUE | S6L 製品詳細

S6l_header_w520

Avidライブサウンド・ワークフロー概要

Avidlivesoundworkflow 製品についてはAvid販売代理店までお問い合わせください。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

AvidオフィシャルWebサイト

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.