« 教育者向けAvid Sibelius チュートリアルビデオシリーズ:第5回目「作曲のためのデジタルアイデア帳」公開 | メイン | Pro Tools用「All Access年間アップグレード再加入プラン」販売開始! »

2016年3月 7日 (月)

第88回アカデミー賞でAvidユーザーが大活躍

第88回目となる今年のアカデミー賞では、『レヴェナント:蘇えりし者』『マッド・マックス~怒りのデス・ロード』『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』『オデッセイ』等の映画や専門家がノミネート/受賞しました。

Avidのクリエイティブ・ソリューションを使う比類のない映画編集者、作曲家、サウンド・エディターやサウンド・ミキサーが素晴らしい映画に命を吹き込みます。今年は、作品賞を受賞した『スポットライト・世紀のスクープ』を含め、編集賞、音響編集賞、録音賞、歌曲賞にAvidの映像・オーディオのクリエイティブ・ツールであるAvid Artist Suiteのユーザーの方々がノミネートされました。

2015-06-26_Mad-Max-Fury-Road-01_1280x852
ワーナー・ブラザーズの映画『マッド・マックス~怒りのデス・ロード』で、マックス・ロカタンスキーを演じるトム・ハーディ。Photo by Jasin Boland
世紀末スリラー『マッド・マックス~怒りのデス・ロード』が最多の賞を受賞し、6つの賞を手に入れました。編集賞を受賞したのはマーガレット・シックセル(Margaret Sixel)で、Avid Media Composerを使ってBAFTA やACE エディー賞も受賞しています。

マーク・マンギーニーやディビッド・ホワイトは同作品で音響編集賞を受賞しています。

「聞いた事のないサウンドや、もしくは伝統的なサウンド編集において、Pro Tools は、映画音楽を編集したりデザインするツールの業界のスタンダードです。」 と、サウンド編集のスーパーバイザーであるマンギーニは話します。「世界のスタンダードとして、Pro Toolsを使ってシドニーでプロジェクトを始めるのが簡単にできました。最後のミックスのプロセスをロサンゼルスまでトランスファーするのも簡単でした。」

マンギーニの同僚はフルサービスのポストプロダクション サウンドカンパニーのフォーモサグループのロン・ベンダーで、同じカテゴリーで『レヴェナント:蘇えりし者』の彼の作品がノミネートされました。

「『レヴェナント:蘇えりし者』で沢山のサウンドスケープを発展させる機会がありました。毎日、チームから素材をもらって、Avidコントロールサーフェイスでアレンハンダロとのレビューのために磨きをかけます。 ツールが私たちのワークフローに新たなアプローチをみせつづけるように、私たちも輝き続けます。」 

fc0430.x1219.trl3_088001.v03

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』

Ph: Film Frame..© 2014 Lucasfilm Ltd. & TM. All Right Reserved.

音響カテゴリーでノミネートされた5人全員がPro Toolsのユーザーです。クリス・ジェンキンス、グレッグ・ルドロフ、ベン・オスモは『マッド・マックス~怒りのデス・ロード』で家に賞を持ち帰りました。

歌曲カテゴリーでノミネートされた5人全員とも、『ヘイトフル・エイト』のエンニオ・モリコーネも含め、Sibeliusのユーザーです。ジミー・ネープズ、サム・スミスは歌曲賞を受賞した『007 スペクター』の「Writing’s On The Wall」でもSibeliusを使いました。

この度アカデミー賞にノミネート/受賞されたAvidユーザーの皆様、心からお祝い申し上げます。

サラ・グリッグス

Sara_2

AvidオフィシャルWebサイト

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.