« [5月13日開催]Avid Live Sound Summit 2016のご案内 | メイン | Avid Connectジャパン・セッションを行いました! »

2016年4月18日 (月)

Avid Connect 2016速報!新製品『Avid NEXIS』、エンド・トゥ・エンドLongGサポート、MediaCentral PlatformとAdobe Premiere Proとのコラボレーションを発表

NAB 2016に先駆けて、今年で3回目となるAvid Connectを4月17日&18日にラスベガスにあるWynn Las Vegasホテルにて開催しました!今年も様々な発表が行われました。このブログでは、Avid Connect 2016の様子を速報でお届けします。 

Dscn5146_2

 

まず初日の午前中は、CEOのルイス・フェルナンデスJr.がAvid Everywhere最新アップデートからです。

Dscn5143 

今年のNAB期間中、Avidブース(ブース#902)では、Pro Toolsクラウド・コラボレーションの展示・デモを予定しています。Avid Connectでも、アーティスト・コミュニティから素晴らしいギターリストを見つけ、クラウド・コラボレーション経由でセッションを共有・共同作業し、CM制作するデモをご覧頂きました。

Dscn5161_2

MediaCentral PlatformとAdobe Premiere Proとのインテグレーションを発表しました。Premiere Proから、Interpaly | PAMやInterplay | MAMなどのAvidプラットフォームにある素材をダイレクトにビンに入手したり、編集結果をAvid環境に送ることができるようになります。

Dscn5182

 

Avid Spark、Maestro、Playmaker、4Designerなどのスポーツ&グラフィックス製品もAvid MediaCentral Platformに組み込まれ、よりパワーアップしています。

Dscn5195

さらに、次世代のファイル転送環境に対応するVideo over IP、Panasonic Long Gビデオフォーマットのエンド・トゥ・エンドワークフロー対応なども発表されました。

Dscn5300

 

 

…そしていよいよ、今年の発表の目玉、ネクスト・ジェネレーション・インテリジェント・ストレージ『Avid NEXIS』の発表です!

Dscn5211

Dscn5223

Newnexisblack

Avid NEXISは、リアルタイムのメディア制作のための拡張性の高いインテリジェントなストレージです。

制作規模に応じてストレージ・エンジンを選び、ニーズに応じて柔軟に拡張することができます。小規模なワークグループや施設向けにはNEXIS | PRO、中規模もしくは大規模制作向けにはNEXIS | E2 / NEXIS | E4から選択いただけます。System Directorが内蔵されており、メタデータを高度に管理します。大規模な制作環境の場合には、外付けのNEXIS | System Director Applianceを追加することで、最大1.44 PBのストレージ容量(24個のメディア・パックを使用、合計帯域幅9.6 GB/s)、330のアクティブ・クライアント、2,000万ファイルまで拡張することが可能です。セキュリティのオプションも豊富で、ディスク障害からのメディア損失を防ぎます。ハードウェアも冗長化構成が可能で、現代そして将来のメディア制作に最適です。

Avid NEXISの詳細は弊社Webページを御覧ください。

 

また2日目のAvid Connectでは、MediaCentralプラットフォームの仕組みもご紹介。今後、オープンプラットフォームによる、Connectivity Partnerはますます増えることでしょう。

Dscn5293_2

 

 

いよいよ明日から、NAB 2016が始まります。Avid(SU 902)ブースの様子もお届けしますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

AvidオフィシャルWebサイト

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.