j. イベント/セミナー・レポート

2016年11月 7日 (月)

Japan Avid Blog引越しました

この度、Avid Japan BlogはAvidブログへ引越しました。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

Avideverywhere2016_2

2016年7月11日 (月)

Creative Summit 2016 オンデマンドビデオ公開

2016年5月26日~27日に南青山のFuture Sevenにて開催した『Avid Creative Summit』から、Avid製品/ソリューションに関するプレゼンテーションおよびデモンストレーションの模様をビデオにてご紹介します。

S6muse__i4a8388edited

Avid Creative Summit for MA

Avidからプロオーディオ・ソリューション・スペシャリストのリッチ・ニーブンスが、Avidプロミキシング・ソリューション「Pro Tools | S6」の最新バージョンv2.2の新機能や改善点をプレゼンテーションとデモンストレーションでご説明します。また、DAD社のルーティングおよびモニタリング・システム「DAD AX32」をS6の統合環境およびその活用方法についてご紹介、これまでのDSPコンソールとの比較を交えてその機能や特徴をご説明します。

ビデオリスト

  1. Avidコンソール・ソリューション概要説明 
  2. S6 v2.2新機能説明&デモ
  3. S6 + DAD "ポストDSPコンソール"概要説明&デモ

視聴

Creative Summit for MAオンデマンドビデオはこちらよりご視聴いただけます。 

 

 

Ptcloudcolab_creativesummit_w520xh2


Avid Creative Summit for Music

Pro Tools 12.5 クラウド・コラボレーションの概要から、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDによるPro Tools 12.5とAvidクラウド・コラボレーション・デモ、さらに音楽プロデュサー/エンジニアの佐藤純之介氏による最新のPro Tools | Dockクイック・デモをご覧いただけます。

ビデオリスト

  1. Pro Tools 12.5クラウド・コラボレーション概要説明 
  2. TECHNOBOYS.P.G x Pro Tools 12.5 クラウド・コラボレーション・デモ
  3. Pro Tools | Dockクイック・デモ

視聴

Creative Summit for Musicオンデマンドビデオはこちらよりご視聴いただけます。

2016年4月20日 (水)

Avid @ NAB 2016、2日目も大盛況!

Dscn5436_2

 

NAB 2016の二日目を現場からお届けします。2日目には、大人気の音楽オーディション番組『The Voice』の、スーパーバイジング・エディターであるジェイソン・スチュワート氏とA.J. ディッカーソン氏によるメインステージ・セッションが行われました。

Dscn5437

 

メインステージでは、4種類のAvidセッションが毎日行われています。その中の『Make the World Your Studio』では、メインステージ上のデモンストレータがプロジェクトオーナーとなり、別の場所にいる別のコラボレーターとPro Tools 12.5のクラウド・コラボレーション機能を活用してプロジェクトをシェアし、協業しながら音楽を作成するデモンストレーションです。最初にプロジェクトオーナーがコラボレーターにテキストチャットで協業の招待をします。コラボレーターが追加・編集した内容は、すぐにクラウド上のプロジェクトに反映され、まるで同じスタジオにいるかのようなワークフローを実現します。無償で使用可能なクラウドストレージは500MBですが、必要に応じて1,200円/月で20GB(5プロジェクト)、3,100円/月で60GB(10プロジェクト)のクラウド・ストレージを購入することもできます。

Dscn5432_2

 

また、『Be First with Breaking News』のメインステージでは、MediaCentral | UX活用する素早いニュース速報を実現する現代の報道制作のためのAvid報道制作ソリューションをご説明しています。新たに加わったStudio Suite製品もデモンストレーションでご紹介!

Dscn5469

  

オープン・プラットフォーム・パートナーのエリアでは、Marquis、Root 6、SGL、Spectra Logic、x.news、Non Liner TechnologyなどのMediaCentral Platformアライアンスパートナーによる製品をご紹介しています。Connectivity PartnerがAPIを活用することでMediaCentral Platformと統合するハードウェアおよびソフトウェアの両方の製品開発が進んでいます。今後、ますますスムースかつ利便性の高いプラットフォームが展開していくことを感じていただけると思います。

Dscn5453_2

 

メインステージ後方では、最新のVENUE | S6Lを使ってメインステージセッションを実際にレコーディングしています。VENUE | S6Lは人間工学に優れたデザインのモジュラー・システム式ハイパフォーマンス・ライブサウンド・ミキシング・システムです。搭載されたタッチスクリーンが全チャンネルへの簡単かつ素早いアクセスを提供し、オンボード・プラグインとPro Toolsレコーディングシステムの統合、300を越えるプロセッシング・チャンネル、これまでより多くのプラグインおよびトラック数をサポートできる非常に高い処理能力とパワーを提供します。NAB期間中のメインステージセッションは、S6Lで安心のサウンドをお届けします。

Dscn5467_2

 

 

Dscn5463

2016年4月19日 (火)

Avid @ NAB 2016!

いよいよNAB 2016が開催しました!Avidブースは例年と同様South Hall Uppoer Levelのブース#902にあります。しかし、今年は、ライブ&スポーツ番組制作ソリューションの統合により、メディアエンタープライズ、ビデオ、ライブ&スポーツ番組、オーディオ、ライブサウンド制作にいたるオープンかつ幅広いソリューションをより大きなブースからお届けしています。

Dscn5379_3

 

メインステージの映画『レヴェナント: 蘇えりし者』サウンド・デザイナーのマーティン・ヘルナンデス氏によるゲストセッションでは、本映画におけるサウンドデザインニングのための、映画そのものの世界観と裏話を様々な角度から語っていただきました。たくさんの人に集まっていただきました!

Dscn5377

 

新製品NEXISの展示も行っています!Inteligent Media Storageエリアには、NEXIS | E4、NEXIS | E2、System Director Applianceの実機を設置しています。表面カバーを外して内部のメディアディスクや、メタデータを管理する内蔵System Directorを確認するお客様の姿が多数いらっしゃいました。NEXISはファンや電源、システムディレクターが冗長化されていますが、最新ソフトウェアのv6.0を使用することで、1ディスクまでの保護、2ディスクまでの保護、ディスク保護無しといった、メディア保護方法を選択することが可能になります。

なおこれらのNEXISストレージは、今年のAvidブース内のたくさんのPODシステムに繋がっており、デモの素材を提供・支援する大事な役割を果たしています。

Dscn5403NEXIS | E4、NEXIS | E2、System Director Appliance


Dscn5399NEXIS | E2、NEXIS | E4は混在して構成することが可能です

 

Dscn5404フロントカバーを取ったNEXIS | E4

  

 

また、Video Wall Controlエリアでは、コンベンションセンター1Fにあるグラスバレー社ブースから、SDIシグナルをSMPTE 2022-6プロトコルを活用してIPでリアルタイムにビデオ伝送するデモを行い、次世代のビデオファイル転送環境を実現するTD Controlシステムを御覧頂いています。

Dscn5408

 

もちろん、最新のMedia Composer 8.5.1の展示も!v8.5から対応したHDR制作で活用可能なBaselightとのカラーワークフローを展示しています。

Dscn5423

 

シングルUIから全制作をコントロールできるProSetとXyncを活用したバーチャルスタジオの展示・デモもあります。

Dscn5415

 

  

3Dオーディオ環境を準備し、Pro Tools | S6を活用したAtmos Dolbyサウンド制作の展示コーナーは大人気です。デモンストレーションでは臨場感ある映画サウンドを体験いただけます。

Dscn5411

 

 

Audio Mixing & Collaborationエリアでは、Pro Tools | DockやPro Tools | S3、Pro Toolsソフトウェア最新版v12.5によるクラウド・コラボレーションをご紹介。ミュージック制作のための最新ソリューションをデモンストレーションしています。

Dscn5412

 

 

NAB 2016はまだまだ続きます!NABにいらっしゃる方はAvidブース(#902)に是非お越しください!

Dscn5373 

2016年4月18日 (月)

Avid Connectジャパン・セッションを行いました!

4月17日および18日の2日間続いたAvid Connectイベントの締めくくりに、発表内容を日本語でご紹介するジャパン・セッションを行いました。

Dscn5330 

アビッド ジャパンのビデオ・カントリーマネージャである池内より、新しいストレージ製品『Avid NEXIS』や、MediaCentral PlatformとAdobe Premiere ProとのコラボレーションPanasonic Long Gビデオフォーマットのエンド・トゥ・エンドワークフロー対応、など、今回のAvid Connectにて発表した内容を改めて日本語でご紹介しました。

Dscn5344

 

次は、オーディオ・アプリケーション・スペシャリストのDaniel Lovellより、先日リリースされたばかりのPro Tools 12.5に実装されたPro Tools向けクラウド・コラボレーション機能の概要をご説明しました。なお、NAB期間中、Avidブース(ブース# SU902)では、クラウド・コラボレーションのデモを実際にご覧いただけます。

Dscn5351

 

 

そして最後に、今年のNAB出展およびメインステージについてご紹介しました。新しいストレージ製品のAvid NEXISも展示を予定しています。メインステージでは、Avidセッションをはじめ、『レヴェナント: 蘇えりし者』サウンド・デザイナーのマーティン・ヘルナンデス氏、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』共同プロデューサーのベン・ローゼンブラッド氏、『The Voice』スーパーバイジング・エディターのジェイソン・スチュワート氏、Sinclair Broadcast Groupからはニュース部門VPのスコット・リビングストーン氏などの豪華ゲストスピーカーによるセッションも予定。見どころたっぷりです!

NABに行くご予定の方は、Avidブースに是非お立ち寄りください。

 

 

Avid Connectジャパン・セッションも先ほど無事に終えることができました。

お集まりいただきました皆様、どうもありがとうございました!

 

Dscn5336

Avid Connect 2016速報!新製品『Avid NEXIS』、エンド・トゥ・エンドLongGサポート、MediaCentral PlatformとAdobe Premiere Proとのコラボレーションを発表

NAB 2016に先駆けて、今年で3回目となるAvid Connectを4月17日&18日にラスベガスにあるWynn Las Vegasホテルにて開催しました!今年も様々な発表が行われました。このブログでは、Avid Connect 2016の様子を速報でお届けします。 

Dscn5146_2

 

まず初日の午前中は、CEOのルイス・フェルナンデスJr.がAvid Everywhere最新アップデートからです。

Dscn5143 

今年のNAB期間中、Avidブース(ブース#902)では、Pro Toolsクラウド・コラボレーションの展示・デモを予定しています。Avid Connectでも、アーティスト・コミュニティから素晴らしいギターリストを見つけ、クラウド・コラボレーション経由でセッションを共有・共同作業し、CM制作するデモをご覧頂きました。

Dscn5161_2

MediaCentral PlatformとAdobe Premiere Proとのインテグレーションを発表しました。Premiere Proから、Interpaly | PAMやInterplay | MAMなどのAvidプラットフォームにある素材をダイレクトにビンに入手したり、編集結果をAvid環境に送ることができるようになります。

Dscn5182

 

Avid Spark、Maestro、Playmaker、4Designerなどのスポーツ&グラフィックス製品もAvid MediaCentral Platformに組み込まれ、よりパワーアップしています。

Dscn5195

さらに、次世代のファイル転送環境に対応するVideo over IP、Panasonic Long Gビデオフォーマットのエンド・トゥ・エンドワークフロー対応なども発表されました。

Dscn5300

 

 

…そしていよいよ、今年の発表の目玉、ネクスト・ジェネレーション・インテリジェント・ストレージ『Avid NEXIS』の発表です!

Dscn5211

Dscn5223

Newnexisblack

Avid NEXISは、リアルタイムのメディア制作のための拡張性の高いインテリジェントなストレージです。

制作規模に応じてストレージ・エンジンを選び、ニーズに応じて柔軟に拡張することができます。小規模なワークグループや施設向けにはNEXIS | PRO、中規模もしくは大規模制作向けにはNEXIS | E2 / NEXIS | E4から選択いただけます。System Directorが内蔵されており、メタデータを高度に管理します。大規模な制作環境の場合には、外付けのNEXIS | System Director Applianceを追加することで、最大1.44 PBのストレージ容量(24個のメディア・パックを使用、合計帯域幅9.6 GB/s)、330のアクティブ・クライアント、2,000万ファイルまで拡張することが可能です。セキュリティのオプションも豊富で、ディスク障害からのメディア損失を防ぎます。ハードウェアも冗長化構成が可能で、現代そして将来のメディア制作に最適です。

Avid NEXISの詳細は弊社Webページを御覧ください。

 

また2日目のAvid Connectでは、MediaCentralプラットフォームの仕組みもご紹介。今後、オープンプラットフォームによる、Connectivity Partnerはますます増えることでしょう。

Dscn5293_2

 

 

いよいよ明日から、NAB 2016が始まります。Avid(SU 902)ブースの様子もお届けしますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

2016年4月11日 (月)

[5月13日開催]Avid Live Sound Summit 2016のご案内

S6l_robartscovill_header_w520

Avid VENUE | S6L は、世界で最も信頼を集める実績の高いVENUEの伝統を受け継ぐモジュラー・システム式ハイパフォーマンス・ライブサウンド・ミキシング・システムです。

4月に新しいソフトウェアバージョン v5.1がリリースされ、2枚目のAVB-192 Ethernet AVBネットワークカードをサポート。最大3つのStage 64 I/ Oラックの接続が可能となり、より大きなステージの実現が可能になりました。このセミナーでは、Avid Technology Inc.のライブサウンド製品シニア・マーケット・スペシャリストであるロバート・スコヴィルが来日し、最新のS6Lについてご紹介いたします。また、Avidライブサウンド・ワークフロー・セミナーでは、スペシャルゲストにサウンド&レコーディング・マガジン編集人の國崎 晋氏をお迎えし、ライブ・コンテンツのビジネス面での可能性についてご講演いただきます。

 

Avid Live Sound Summit 2016

  • 日程 2016年5月13日(金)
    • 時間 14︰30~18︰00(14︰00会場)
    • 会場 恵比寿ガーデンプレイス内 The Garden Room
    • 住所 153-0062 東京都目黒区三田1-13-2(地図

  

【内容】

  • Avid Everywhere for Live Sound & NAB 2016情報 
    ラスベガスにて開催されるNAB 2016でのAvidライブサウンド製品の最新情報をお伝えします。

  • Avid Live Sound Workflowセミナー ~ライブパフォーマンス・コンテンツ化の可能性:
    ゲストスピーカー: サウンド&レコーディング・マガジン編集人 國崎 晋氏
    3月に実施された「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at Spiral」で収録されたライブ・コンテンツ使用したワークフロー・セミナー。 当日使用されたS6L、Pro Tools、Tascam DA-6400に関する技術解説に加え、ライブ・パフォーマンスをコンテンツ化していくことのアーティスト/プロダクションにとってのビジネス的な可能性についてサウンド&レコーディング編集人でもあり今回のHIGH RESOLUTION FESTIVAL at Spiralの仕掛人の一人でもある國崎 晋氏に講演していただきます。
  • 休憩
    S6L展示実機を御覧ください

  • VENUE | S6L テクニカルセミナー
    スピーカー: ロバート・スコヴィル
    最新のS6Lについて、基本的な概要から、最新ソフトウェアバージョン v5.1の新機能(モニタリング・エンジニア向けのユニバーサルビュー、スピルワークフロー、レイアウトのカスタマイズなど)をご紹介します。また、超コンパクトで持ち運びしやすいライブサウンド・システムのS3L-Xについてもご紹介します。 

 

【参加方法】

イベントは参加無料ですが、事前のお申込みが必要です。下記申込みページからご登録ください。

 Avid Live Sound Summit 2016イベント参加申し込み >>

 

【スピーカーご紹介】

ロバート・スコヴィル

604b92a4a4ae40f7a5b8872285b95eb1_ro

プロフェッショナル・コンサートでのサウンド/レコーディングで30年のキャリアを持つベテランエンジニアで、3000以上のイベントでミックスを手掛け る。トム・ペティ & ザ・ハートブレイカーズ、マッチボックス・トゥエンティ、プリンス、ラッシュ、デフ・レパートなどの人気の高い音楽活動に参加協力。
現在は、Avid Technology Inc.のライブサウンドおよびレコーディング製品のシニア・マーケット・スペシャリストとして、同社のライブサウンド市場における成長を様々な側面から支えている。

 

 

【機材展示】

セミナー会場入り口にて、VENUE | S6L、VENUE | S3L-X、Pro Tools 12.5の実機を展示いたします。是非、最新のS6Lをご体験ください。

機材協力: オーディオ・ブレインズ社、Sunphonix社

 

2016年3月 4日 (金)

Avid @ NAB SHOW 2016

Nab_avid

2016年4月18日~21日にラスベガスにて開催されるNAB SHOW 2016に、Avidは今年も出展いたします!

 

NAB 2016

  • 期間: 2016年4月18日(月)~4月21日(木)
  • 時間: 4月18日10:00am ~ 6:00
       4月19日&20日 9:00am ~ 6:00pm
       4月21日9:00~2:00pm
  • 場所: Las Vegas Convention Centrer(地図)
  • Avidブース: South Upper Hall SU902

  

NAB 2016にてAvidは、Avid Everywhere構想を次なる段階となる、最新の製品およびソリューションを発表します。

 

Avidブース(#SU902)

Avidブース(ブース番号:#SU902)では、報道、スポーツ番組制作、ポストプロダクション、オーディオ、ライブサウンドに向けたBroadcast Everywhere、Graphics Everywhere、Video Everywhere、Audio Everywhereのソリューションを展示・デモンストレーションします。メインステージでは特別ゲストの講演、報道、ビデオ、オーディオ、スポーツ番組制作用のAvid ソリューションのデモンストレーションを行います。

 

Photo_5

 

Avid Everywhere構想とは

Avidは様々な開発ベンダーと共に、コンテンツ制作に関わるクリエイターを他のクリエイターやメディア企業、様々なテクノロジーと結び付け、さらには完成作品を販売することが可能となるプラットフォームの構築を目指しています。

Avideverywhereproductstack80515v1


 

Avid Connect 2016

また、4月16日と17日にプレNABイベントとして、Avid Connect 2016をWynn Las Vegasにて開催します。Avid Connectは、メディア業界の主要なリーダーや思想リーダーとAvidやお客様との関係を深めるためのコミュニティであるACA(Avid Customer Association)が、業界の未来について話し合うコミュニティ・イベントです。ACAを通じて放送局や制作、オーディオといったメディア業界のお客様、その他の業界リーダーを互いに結びつけるネットワークを構築し、戦略的リーダーシップと最先端の技術ソリューションを提供することで、メディア業界が直面する最も重要な課題を考えていきます。

4月17日13:00からは、日本語でのジャパン・レセプションを予定しておりますので、是非Avid Connect 2016にご参加下さい。

 

Ac_16_saved_720x90_v4

2015年9月14日 (月)

Avid @ IBC 2015

Photo

オランダ・アムステルダムのRAI国際展示場で開催中の欧州最大の国際放送機器展『IBC 2015』に、今年もAvidは参加しています。その様子を少しご紹介します!

 

9月11の午前には、Avid CEOルイス・ヘルナンデス, Jr.がAvid Everywhereビジョンの最新情報をお話しました。

  
 
【メインステージ:エディターBarney Pilling氏】

20150912barneypilling03_2

メインステージでは、Wes Anderson監督による映画『グランド・ブダペスト・ホテル』のエディターで、2015年アカデミー賞にノミネートされたBarney Pilling氏が、40週間にわたった制作でのコラボレーションについてご紹介しました。

 

Photo_2
"映画は、コラボレーティブなアートなのです" - Barney Pilling

  

【メインステージ:サウンド・エディターJames Mather氏】

C70b6011

 

現代の映画制作において、サウンドは決して切り離せない要素です。エミー賞受賞のサウンドエディターでありハリー・ポッター4作などを手がけたJames Mather氏に、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のサウンド制作についてお話を伺いました。

 

 

「この5~10年の間で、画のエディターはミキサーがどんなふうに仕事するかを理解するようになりました。」 - James Mather

 

映画の作曲は、先に仕事にとりかかります。そして、サウンドデザインがスコアを補完します。

 
 
 
 
【メインステージ: 新しいStudio SuiteにOrad製品を統合】

OradがAvidの一員になったことで、Avid MediaCentral Platformに新しいStudio Suiteを追加しました。その結果、遠隔地の取材チームとのコラボレーション、複数のプラットフォームへの配信など、Oradソリューション、Avid製品、3rdパーティ製品を使うユーザー間でのニュース制作プロセスが変わります。

Broadcastingpresentation_platform_i

 

 

【メインステージ: Media Composerを使った高解像度制作】

2K、4K、UHDで60Pのプロジェクトや、8KまでのカスタムラスターのプロジェクトをMedia Composerを使ってどのように制作するのか、また、その際の高解像度I/OやMedia Composer向けのFusion Connectプラグインなどんいついて、Avidのアプリケーション・スペシャストが、映画『Star Trek; Into Darkness』を例に、トップエディターがどのように編集しているかをご紹介するセッションもあります。

20150911ibc2015videoediting03

2015年4月14日 (火)

Avid Everywhere For Everyone: Avid CEOルイス・フェルナンデスJrによるNAB製品発表ビデオ

NAB直前の4/11日、シーザーズパレスにて開催したAvid Customer AssociationイベントAvid Connect 2015にて、弊社代表取締役 および最高経営責任者のルイス・フェルナンデスJr.が、Avid Everywhereビジョンの次なる段階と、アーティスト、クリエイティブチーム、メディア企業をグローバル規模でつなぎ協業しあえる環境を可能にするパワフルな新製品を発表しました。

ライブサウンドミキシングシステムVENUE | S6Lや新しいSibelius最新リリースの発表模様をビデオでご覧いただけます(英語)。

下記登録ページより「Register to Watch Now」に、メールアドレスと住所(都道府県)、国(Japan)を入力し、「SUBMITT」ボタンを押してください。

登録ページ >>

Photo

AvidオフィシャルWebサイト

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.