a. ホット・ニュース

2016年11月 7日 (月)

Japan Avid Blog引越しました

この度、Avid Japan BlogはAvidブログへ引越しました。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

Avideverywhere2016_2

2016年8月 1日 (月)

Pro Toolsコンポーザー/アレンジャー向けクロスグレード特別価格期間限定プロモーション実施!

Pt_main_on_mac

AvidではPro Toolsスタンダード・ソフトウエアの「永続ランセンス版」と「年間サブスクリプション版」を通常表示価格の約23%オフで、以下の条件の対象となるお客様に販売する期間限定プロモーションを、下記の要領で実施します。

実施期間:2016/8/1—2016/9/30

プロモ価格:

  • Pro Tools永続ライセンス版:税別表示プロモ価格¥57,000(通常価格¥74,600)
  • Pro Tools年間サブスクリプション版:税別表示プロモ価格¥28,500(通常価格¥37,300)

Pro Toolsスタンダード・ソフトウエア「永続ライセンス版」と「年間サブスクリプション版」の内容比較はこちらからご覧ください(リンク先ページ内で表記されている価格は、通常価格となります)。

本プロモ対象となるお客様:

他社DTMソフトを作曲/アレンジ用途でお使いのお客様

  • 対象ソフト:Garageband / Cubase / Logic / Live / FL STUDIO /Audition / Reason / Digital Performer / ABILITY /Singer Song Writer / Studio One / Sonar / SONY ACID
  • 各ソフトウエアのバージョン/クラスは問いません。但し、I/O等に無償で付属しているソフトは非対象となります。
  •  本クロスグレードは、上記DTMソフトウエアとのデータ互換や同時動作を保証するものではありません。データ移行の方法並びに、それぞれのソフトウエアの共存動作環境は、お客様自身にてご確認ください。
  • お手持ちのDTMソフトは返却/交換の必要はありません。そのまま継続してご利用いただけます。

さらに、Elevenプラグインが無償バンドル中!

クロスグレードでお求めのPro Tools永続ライセンス版/年間サブスクリプション版に、2016/9/30までの期間限定でElevenギター/ベース・アンプ・エミュレーション・プラグインが付属中です!詳しくは、こちらでご覧ください。

Pt_cloud_image_2

ミュージック・クリエイターがPro Tools 12.5を使用するメリットとは?

Pro Tools 12.5は、それ自体でも作曲/アレンジ等のミュージック・クリエーションに適した数多くの機能を搭載していますが、他のDTMツールで楽曲制作をなさっている方が併用する場合でも、有意義な幾つかの特徴を持っています。

その中で、最も特筆すべきなのは、共同で作業するPro Toolsを使用している多くのアレンジャー/エンジニア/プロデューサーそして、本番用素材を録音/ミックスする為のレコーディング・スタジオとの「データ互換」が効率的になるということが上げられるでしょう。

クリエイター自身が、Pro Toolsも併用することで、作曲/アレンジ/プリプロ/レコーディング/ミックス/(場合によっては)マスタリングといった大部分の制作過程を通して、ひとつの共通言語で「会話」のやり取りが可能となります。

特にPro Tools 12.5で対応した「クラウド・コラボレーション」機能は、そういったデータのやり取り時の「利便性」の向上だけではなく、クリエイターの「創造性」をも大きく高める可能性持っています。

 その可能性を最大限に発揮する為、Pro Tools 12.5には、コラボレーションの際のプロジェクト互換を高める為の「コミット」「フリーズ」といった運用性向上の為の機能も追加されています。

この二つの機能を持つPro Tools 12.5を使用することで、クリエイターの皆様は、ひとたび作曲したデータをPro Tools 12.5に移行後は、協同作業者やスタジオといった"外の世界"との「プロジェクト相互互換の維持」という束縛を気にせずに、お好きなクリエイティブ・ツール(VIやエフェクト・プラグイン)を選択し、自分の作品のサウンド・メイクに使うことが可能となったのです。

Pro_tools_125_workflow_for_music_2

是非、今回のプロモーションをご利用いただき、Pro Tools 12.5とクラウド・コラボレーションによって生み出される「束縛の無い自由なコラボレーション環境」を前提に、自分にあったクリエイティブ・ノウハウ/ワークフローを見つけてみてください!

本プロモーションに関する、さらに詳しい情報はAvidオーディオ・チャンネル・パートナーまでお問い合わせください。

関連情報:

HDX交換プログラム+Avidアドバンテージ・クレジットバック・期間限定プロモ実施!

Pro_tools_hd_to_hdx

Avid Japanでは、2016/8/1から2016/9/30までの期間限定で「HDX交換プログラム」と「Avidアドバンテージ・HDエキスパート・プラス・ハードウエア初年度保守プログラム」を同時にご購入いただいたお客様に対して、22万円のクレジットバックを行う「HDX交換アップグレード+Avidアドバンテージ・クレジットバック・プロモーション」を実施します。

本プロモーションに関する詳細は、Pro Tools HDチャンネル・パートナーまでお問い合わせください。

HDX交換プログラムとは?

「HDX交換プログラム」を利用すると、現在お使いのPro Tools | HDシステムまたはPro Tools | HD Accelシステムを下取りに出すと、任意のPro Tools HDシリーズ・インターフェース(Pro Tools | HD I/OPro Tools | HD OMNIまたはPro Tools | HD MADI)が搭載された新しいPro Tools | HDXシステムを最大20%引きでご購入いただけます。

さらに、本プロモーション期間中に「HDX交換プログラム」と「HDエキスパート・プラス・ハードウエア初年度保守」を同時にお求めいただくと22万円のクレジットバックが実施されます。

この機会にぜひアップグレードをご検討ください。

Pro Tools | HDXへのアップグレードをお勧めする理由

  • Pro Tools | HD Accelと比較して、1枚のカードにつき最大で5倍のパワーを発揮します。
  • 1枚のカードにつき最大256個のオーディオ・トラックを使用し(最大合計数768個)、より大規模で優れたミックスを作成できます。
  • 1枚のカードにつき最大64チャンネル(最大合計数192)のI/Oにより、入出力が倍増します。
  • より大きなヘッドルームを使用して、32ビット/192 kHzの高解像度でレコーディングとミキシングを行うことができます。
  • かつてないほどの低いレイテンシーで、トラックとモニターを処理することができます。
  • 自動遅延補正能力が4倍になるため、プラグインを大量に使用したミックスも簡単に処理できます。
  • 原音に限りなく近い透明度でオーディオをキャプチャーし、これまでは不可能だったサウンドをPro Tools HDシリーズ・インターフェースで実現することができます。
  • Pro Tools | HD 12ソフトウェアの最新機能を活用できます(年間アップグレード・プランと年間サポートプランが付帯)。

Pro Tools|HD AccelとPro Tools | HDXとの比較

対象製品やクレジットバック方法等の詳細は、Pro Tools HDチャンネル・パートナーまでお問い合わせください。

関連情報:

2016年7月 6日 (水)

7月21日(木)、22日(金) Avid@九州放送機器展2016

Avidqbee_3

7月21日、22日に福岡国際センターで開催される九州放送機器展2016にてAvidはセミナーを開催します。 NAB 2016で発表された製品の最新情報を九州放送機器展のセミナーでご紹介します。

 また、各Avid販売代理店ブースで、ビデオおよびオーディオの最新製品を展示する予定です。 是非お立ち寄りください!

Nexis2_2

九州放送機器展2016

開催日時

7月21日(木) 10:00 - 18:00

7月22日(金) 10:00 - 17:00

場所福岡国際センター


Avidセミナーを両日開催!

セミナータイトル 「Avid製品最新情報と4K HDR制作」

日時:

7月21日(木) 15:30-16:30 セミナー室D

7月22日(金) 14:30-15:30 セミナー室D    

Nishioka


講師: アビッド テクノロジー株式会社

ソリューションデザイン・アンド・コンサルティング ビデオ・ソリューションズ・スペシャリスト 

西岡崇行

セミナー概要

  • Avid製品最新情報

新しいストレージ製品Avid NEXISのほか、4K / HDRワークフロー対応やPanasonic AVC LongGフォーマットのサポート、Avid MediaCentralとAdobe Premiere Proとの連携など、次世代のメディア制作を実現する最新のAvidソリューションをご紹介します。

  • Avid Media Composerの4K HDR制作

新たな規格として今注目されている「HDR」。ポストプロダクションにおけるAvid Media ComposerのHDR最新対応状況をご紹介します。

  • Avid | JNEWS

最新の報道支援システムとの連携等Avidの報道ワークフローをご紹介します。

登録方法: こちらよりご登録下さい。

Buttonfw_5

Mae_2Avidセミナーにご参加の方にもれなくAvid特製ポーチが当たる! 

※当日受付にてお渡しします。

ダブルチャンス!!

Mediacomposer_boxshot_right_17aug_2

セミナー出席者の中から抽選でMedia Composer 年間サブスクリプションが10名の方に当たります!

(発表は発送をもって代えさせていただきます。)


タックシステム株式会社 主催セミナー

Taclogo

Avid S6システム・インテグレーション・セミナー~MAスタジオ モニタリングシステム紹介

開催日時:

  • 7/21(木) 15:30〜16:15 セミナー室C
  • 7/22(金) 15:30〜16:15 セミナー室C

セミナー参加方法: フリー入場

Tacimage003

近年、Pro Tools内での「In the Box」によるMA作業が一般的となりました。

ミキシング・コンソールではなくEuCon対応DAWコントローラーをベースとしたシステムを組む場合、どのようにシステムインテグレーションする事が望ましいかを解説します。

本セミナーは、6月17日(金)に東京で開催されましたJPPAオーディオ部会主催の「Avid S6システム・インテグレーション・セミナー」の内容を、TAC VMC-102とDAD AX32を例に紹介いたします。

*ご来場の方に特典あり

Avid Media Composerユーザー向け iZotope RX ノイズリダクションセミナー」

開催日時:

  • 7/21(木) 11:45〜12:30 セミナー室C
  • 7/22(金) 11:45〜12:30 セミナー室C

セミナー参加方法: フリー入場

Tacimage001

Tacimage002

「編集室である程度のオーディオ処理(整音やノイズ取りなど)をこなしたい」とお考えの方向けの「ビデオ・エディター向けオーディリペア基礎セミナー」です。
Avid Media Composer上でオーディオリペアソフトとしてデファクトスタンダードとなった 「RX5 Audio Editor」 をどのように使えるかを解説致します。
*ご来場の方にRX5 Plugin Packクーポン発行

Avid製品をご覧になれるブース

Booth2016_11f_2

ブース番号Avid販売代理店  Avid製品展示
#J-76 池上通信機株式会社 4K/HDR対応Media Composer+メディア共有ストレージAvid NEXIS | PROArtist | DNxIOの編集システム
#I-74 共信コミュニケーションズ株式会社 メディア共有ストレージAvid NEXIS | PRO とRevnes4Kの連携
#L-85 株式会社 フォトロン

Avid NEXIS | E4を展示。

「Media composer」だけでなく、EDIUS、FinalCutPro、Adobeなどのノンリニア編集機とのシームレスな運用、またMedia ComposerArtist | DNxIOによる4K/HDR編集ワークフローをご紹介。

#C-26

報映産業株式会社

(伊藤忠ケーブルシステム株式会社 共同出展)

Avid NEXIS | E4Media Composer 4K HDR編集の展示。
Avid NEXIS Pro とGrass Valley EDIUS、Adobe Premiere などの
ノンリニア編集機とのシームレスな連携もご紹介します。
#E-46 タックシステム株式会社 S6Pro Tools | HDX, Pro Tools|Dock, Pro Tools|S3

(※展示・セミナー内容は変更する可能性もあります。)

2016年5月22日 (日)

Pro Tools | Duet またはPro Tools | Quartet購入時、 2年分のPro Toolsアップグレード更新無償進呈プロモ実施!(期間限定)

Protoolsduetrightui

Avidは、Pro Tools | Duet & Quartetをお求めの、現在年間アップグレードプラン付きPro Toolsをご使用のお客様に対して、年間アップグレードプラン更新を追加で2年分無償提供する期間限定(9/30まで)プロモーションを発表しました。

既に年間アップグレード・プランをお持ちのPro Toolsユーザー様が、より高品位なオーディオ・インターフェイスを、よりお得な条件で購入するチャンスです!

製品情報は下記よりご覧いただけます。

2製品の機能比較はこちらからご覧いただけます。

Protools_quartet_stackPro Tools | Quartet

本プロモーションは、2016/9/30までの期間限定です。

* Pro Tools | Duet 及びPro Tools | Quartet には、Pro Tools アクティベーションカードが含まれます。もし、お客様がPro Toolsをお持ちで無い場合は、Pro Tools年間サブスクリプションをアクティベーと可能となります。また、既に年間アップグレードプラン付きPro Tools永続ライセンス版をお持ちのお客様は、このカードを使って、2年間の更新プラン追加が可能となります。

さらに詳しくは最寄のAvidオーディオ・チャンネル・パートナーへお問い合わせください。

2016年5月16日 (月)

5/27開催「Pro Tools 12.5 & Avidクラウド・コラボレーション・セミナー」内容のご紹介

Technoboysapict1_6

5/27 18時より開演(17:30開場)のAvid Creative Summit for Music第二部「Avidクラウド・コラボレーション・セミナー」の内容をお知らせいたします。

アーティスト本人が語る「クラウド・コラボレーション」の活用方法を是非、お確かめください。

 Pro Tools 12.5 :クラウド・コラボはこう使う!

アーティスト/エンジニア/プロデューサー間の真のコラボレーション・ワークで、このイベントの為に制作された楽曲を使った「Pro Tools 12.5 with Avid クラウド・コラボレーションのデモンストレーション&セミナー」。

モデレーター國崎 晋氏の進行により、アーティスト/クリエイターから見た「クラウド・コラボレーションの可能性」についても触れていきます。

18:00-18:40 Pro Tools 12.5最新機能概要説明&デモンストレーション

    • Avid Everywhere for Music最新アップデイト
    • Pro Tools 12.3以降で追加となっている「コミット」「フリーズ」等のワークフロー効率化機能の概要を紹介
    • Pro Tools 12.5でサポートした「クラウド・コラボレーション」機能の概要を「Technoboys Pulcraft Green-Fund」セミナーのイントロダクションとして解説

19:00-20:00 TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND meets Avid Cloud Collaboration

    • 今回のセミナーの為に実際にクラウドコラボレーションを実施して制作した楽曲を素材とした実践セミナー
    • メンバー同士、メンバーとエンジニア間、コラボ楽曲のプロデューサーのレビュー&アプルーバルなど楽曲制作に於けるコラボレーション環境を想定
    • アーティスト/クリエイターから見た「クラウド・コラボレーションの可能性」についても言及
    • 特別ゲストに音楽プロデューサー・佐藤純之介氏&モデレーターに國崎 晋氏

ご登録のご来場いただいた皆様の中から抽選で3名様へPro Toolsをプレゼント!

  • Pro Toolsをまだお持ちでない方へは....
  • 年間プラン加入済みPro Toolsをお使いの方へは...

をご進呈いたします。

Pro Toolsを持っていても、持っていなくても安心!
セミナーにご参加いただいた全ての皆様がご参加いただけます*。

抽選方法は、メンバーとの「ジャンケン・ゲーム」!

*抽選参加には、ご登録の上、本セミナーの最初からご参加いただく必要があります。18時開始のAvidセミナー時にご入場いただいた全員に「抽選参加券」をお配りします。セミナー最後に行われるメンバーとの「ジャンケンゲーム」には、この「抽選参加券」をお持ちの方のみが参加可能です。

アーティスト・プレゼンテーターのご紹介

Technoboysapict2

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

1994年、TECHNOBOYS として結成。

各自のソロ活動や、他メディアへの提供経験を経て、2005年、フランスの映像会社『Le Pivot』PV曲のリミックスからTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND として活動。

2006年、1st.album 『music laundering』を発表。Claude Young によるリミックスや海外コンピレーションCD参加曲も収録。

2014年には8年振りとなる2nd.album『good night citizen』を発表。ハイレゾでのリリースも行い、ロングテールなセールスを記録。

2007年、映画『EX MACHINA -エクスマキナ-』にて、音楽監修、細野晴臣氏の抜擢により、『LOST SECOND』を提供。同作品のオリジナルサウンドトラックにも収録される。

2014年、TVアニメ『ウィッチクラフトワークス』の劇伴とED『ウィッチ☆アクティビティ』の制作を担当。アニメーションと共に話題となり、関連CDは好調なセールスを記録。

同年、TVアニメ『トリニティセブン』の劇伴、4種のED曲がアニメ、オーディオ界隈で高い評価を得て、セルフREMIXアルバム等、7枚を数える関連CDが制作された。

2015年、10月クールにおいてはソロ活動も含めTVアニメ6作品に携わり、劇伴も担当したTVアニメ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』のED曲『打ち寄せられた忘却の残響に』は自身初となるメジャーレーベル(LANTIS)からのシングルリリースとなった。

また、TVアニメ『おそ松さん』のED『SIX SAME FACES』『SIX SHAME FACES』は大きな話題となった。

特別ゲスト

Sato_san_1佐藤 純之介
音楽プロデューサー/エンジニア

YMOに憧れ90年代後期よりテレビや演劇の音楽制作の仕事を始め、2001年に上京。レコーディング・エンジニアとして市川由衣、上戸彩、玉置成実、Sowelu等J-POPの制作に参加し、2006年、アニソンレーベル株式会社ランティスに入社。ディレクター兼A&Rとして10組以上のアーティストの発掘、デビューまでを手がける。2011年ランティスの音楽制作部が独立し株式会社アイウィルを設立。アイウィル制作部のプロデューサー、ディレクター、エンジニアとして、アニソンのみならず、他のレーベル作品やインディーズ作品、劇伴等を含め年間約300曲弱の制作に携わっている。

モデレーター

Kunisaki_san

國崎 晋氏

サウンド&レコーディング・マガジン編集人

サウンド・クリエイターのための専門誌『サウンド&レコーディング・マガジン』編集長を20年間務め、現在は同誌編集人。ミュージシャンやプロデューサー、エンジニアへの取材を通じての制作現場レポートや、レコーディング機材使いこなしのノウハウなど、プロ/アマ問わず多くのクリエイターに役立つ記事を多数手掛けている。2010年からはPremium Studio Liveと題したライブ・レコーディング・イベントを開始。収録した音源をハイレゾ・フォーマットで配信するレーベル活動も展開している。

【参加方法】

本イベントは参加無料ですが、事前のお申込みが必要です。下記申込みページからご登録ください。

5月27日Avid Creative Summit for Musicの第二部「Avidクラウド・コラボレーション・セミナー」に参加する

5月27日(金)開催:Avid Creative Summit  for Music スケジュール

会場: Future Seven

住所: 港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F(アクセス

11:30 第一部 開場

12:00-17:00  Pro Tools12.5ミュージック・クリエイション・セミナー 

  1. 12:00-12:45    Softube/RME最新情報をご紹介
  2. 13:00-13:45   iZotopeが切り拓く新たなDJサウンド
  3. 14:00-14:45  WAVES H-Series : 最先端技術による最新ミックス
  4. 15:00-15:45   KOMPLETE音源活用術
  5. 16:00-16:45     Pro Tools12.5最新ミキシング・テクニッック     

17:30 第二部 開場

18:00-21:00 Pro Tools 12.5 & Avidクラウド・コラボレーション・セミナー

  1. 18:00-18:40 Pro Tools 12.5: Avidクラウド・コラボレーション概要説明
  2. 19:00-20:00  TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND meets Avid Cloud Collaboration
                        出演アーティスト:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
                        ゲスト:佐藤 純之介(音楽プロデューサー)
                        進行:國崎 晋(サウンド&レコーディング・マガジン編集人)

Avidコネクティビティー・パートナー・ステーション
第一部/第二部を通して、Avidコネクティビティー・パートナーによるステーション展示/デモ/説明が行われます。セミナー開演前/合間/終了後等にお立ち寄りいただけます。第一部で実施のセミナーへの入場/退出は自由ですので、ご興味のあるセミナーにご参加頂き、合間に展示をご覧頂くことも可能です。

21:00  終了

※セミナー内容は都合により変更になる場合もございます。 

2016年4月25日 (月)

5月26日(木) Avid Creative Summit for MA セミナーのご案内

Top


全世界の導入数が1000台を超えたEuCon対応統合型コントロールサーフェイスS6。その進化は続きます。

5月26日(木)に開催されるイベント「Avid Creative Summit for MA」では、Pro Tools 12.5そしてS6に搭載されたMA(オーディオ・ポスト・プロダクション)向け最新機能/ソリューションにフォーカスしたセミナーを第一部と第二部に分けて実施致します。

イベント名: 2016 Avid Creative Summit for MA

日程: 2016年5月26日(木)

時間: 13:30~18:30

  • 第一部 13:30-16:00 Avid S6:MAソリューション・セミナー (PM13:00開場)
  • 第二部 17:00-18:30 Avid S6 “ポストDSPコンソール” セミナー(PM16:30開場)

会場: Future Seven

住所: 港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F(アクセス

【内容】

第一部:Avid S6:MAソリューション・セミナー  
Avidソリューション・パートナーによるS6国内導入事例を元に、それぞれのニーズに適したシステム内容を詳しく解説します。

14:00-14:50: S6 EXTENSION!!~DAD・Trinnov・VMC、繰り広げられるWORKFLOW EXTENSION!!~「VMC-102新機能とDAD AX-32徹底解析」

S6をエクステンションするDAD AX32/ Trinnov D-MON / Tac System VMC-102。S6をさらに羽ばたかせる3rd Partyとの統合ソリューションを相互のファンクションと多彩な機能から比較検証。

Avid S6とのシステムインテグレーションでは、ほぼ定番化しつつあるVMC-102 Studio Monitoring Controllerの導入事例(日本のポストプロダクション、ハリウッドのレコーディングスタジオ)を元にシステムのコンフィグレーションを解説。さらに発展を遂げるVMC-102の次期バージョンへの新機能についてテクノロジー・プレビューを行います。また、DAD AX-32が優れたIOユニットとして選ばれてきたその理由を解析します。

15:00-15:50:  S6国内導入事例のご紹介

ポストプロダクションへの導入で躍動するS6の実例から、Pro Toolsとの親和性がもたらす最新形のポストワークフローを確認します。

プレゼンテーター

Yousuke_san

前田 洋介(ROCK ON PRO Product Specialist)

レコーディングエンジニア、PAエンジニアの現場経験を活かしプロダクトスペシャリストとして様々な商品のデモンストレーションを行っている。映画音楽などの現場経験から、映像と音声を繋ぐワークフロー運用改善、現場で培った音の感性、実体験に基づく商品説明、技術解説、システム構築を行っている。

山崎 淳(タックシステム株式会社)

第二部:Avid S6 “ポストDSPコンソール” セミナー
Pro Tools 12.5機能のご紹介を行った後、Avid USから来日するリッチ・ニブンスにより「ハリウッド・ポスプロ・コンソール最新事情」「S6 v2.2最新機能」「S6+DaDコンソール・ワークフロー」のプレゼンテーションを行います。
デリバリーメディアの多様化により複雑化するオーディオ・ポスト・プロダクション・ワークに最適化された、新しいコンソール・ソリューション「S6+DaD」を是非、ご確認ください。

Rich_nevens_2_2

プレゼンテーター:リッチ・ニーヴンス | Rich Nevens

Director WW Pro Audio Solutions Specialists at Avid Technology
Avid Technology Inc.のワールドワイド・プロオーディオ・ソリューション・スペシャリストチームを率いる。音楽、TV、映画メディアのプロフェッショナルや施設に、 オーディオレコーディング、ミキシングや放送局向けのソリューションを長年提供し、オーディオ業界の全体に対する業界スタンダードの革新に長年貢献。

Daniel

S6+DaDデモンストレーター:ダニエル・ラヴェル | Daniel Lovell

オーディオ・エンジニア、サウンド・デザイナー、ミキサー。現在はAvidのオーディオアプリケーションスペシャリストとして活躍中。

Avidコネクティビティー・パートナー・ステーション
第一部/第二部を通して、Avidコネクティビティー・パートナーによるステーション展示が行われます。
Pro Tools 12.5のハンズオン、S3, Pro Tools|Dockの展示の他、AudioEase, iZotope, IOSONO, McDSP, Plug-In Alliance等からの最新クリエイティブ・ツールをご紹介致します。
開演前/セミナーの合間/終演後等に気になる製品をチェック可能ですので、是非、お立ち寄りください。

【参加方法】

イベントは参加無料ですが、事前のお申込みが必要です。下記申込みページからご登録ください。

 

ご注意:お申し込みフォームは、第一部と第二部に分かれています。

両方にご参加の場合は、お手数ですが、両方にお申し込み頂きますようお願い申し上げます。

第二部終了後、お飲み物等をご用意した簡単な懇親会を予定しております。

第二部ご参加で引き続き懇親会にもご参加頂く場合は、「懇親会参加」の項目へのチェックもお願いいたします。

2016 Avid Creative Summit  for MA スケジュール

13:00 第一部 開場

13:30-16:00  Avid S6:MAソリューション・セミナー

13:30-14:00 Avid Everywhere for Audio Post最新アップデート

  • NAB2016新製品情報
  • Pro Tools 12.5 with Avidクラウド・コラボレーション
  • Avidコネクティビティ・パートナー製品紹介

14:00-14:50 VMC-102新機能とDAD AX-32徹底解析

15:00-15:50 S6国内導入事例

16:30 第二部 開場

17:00-18:30 Avid S6 “ポストDSPコンソール” セミナー

  • 17:00-17:10 NAB2016カスタマー訪問レポート
    • NAB2016後に訪問したハリウッドスタジオの訪問レポート
  • 17:10-18:30 「S6 + DaD 」ソリューション・セミナー
    • S6ハリウッド最新顧客情報:Sony Pictures導入事例
    • S6 v2.2紹介
    • S6+DAD概要説明&デモンストレーション
    • Q&A

プレゼンテーター:Rich Nevens
デモンストレーター:Daniel Lovell
通訳:内藤

18:30-20:00 懇親会


各セミナー及び展示に関する具体的な内容/詳細は、Avidブログ内で随時発表して参ります。

お楽しみに!

5月27日(金) Avid Creative Summit for Musicセミナーのご案内

Protools1

Avidクラウド・コラボレーション対応により、ミュージック・クリエイターに「創造」の為の新たな方法論を提示したPro Tools 12.5。

この5月27日に開催されるイベント「2016 Avid Creative Summit for Music」では、Pro Tools12.5に装備されている数々の音楽制作向け機能やソリューションにフォーカスしたセミナーを第一部と第二部に分けて実施致します。

 

イベント名: 2016 Avid Creative Summit for Music 

日程: 2016年5月27日(金)

時間: 12:00 ~21:00

  • 第一部 12:00-17:00 Pro Tools12.5:ミュージック・クリエイション・セミナー (PM11:30開場)
  • 第二部 18:00-20:00 Pro Tools 12.5:Avidクラウド・コラボレーション・セミナー(PM17:30開場/PM21:00閉会)

会場: Future Seven

住所: 港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F(アクセス

【内容】

Pro Toolsミュージック・クリエイション・セミナー  
Avidコネクティビティー・パートナーによるPro Tools用のミュージック・クリエーション・ツールの紹介の他、Pro Toolsを音楽制作で活用しているアーティスト/エンジニアの方々にその奥義を語っていただきます。

Pro Tools 12.5: Avidクラウド・コラボレーション・セミナー
AvidによるNAB2016最新製品情報及びPro Tools 12.5機能のご紹介を行った後、ゲスト・アーティスト「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND」とプロデューサーの佐藤純之介氏により、クラウド・コラボレーション作業でクリエイトされた新曲の制作過程をデモンストレーションしていただきます。司会進行には、クラウド・コラボレーションにも造詣の深いサウンド&レコーディング・マガジン編集人 國崎 晋氏をお迎えし、ミュージック・クリエイターにとってのクラウド・コラボレーションの可能性を探っていきます。

Techno

TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

Avidコネクティビティー・パートナー・ステーション
第一部/第二部を通して、Avidコネクティビティー・パートナーによるステーション展示が行われます。Pro Tools 12.5のハンズオン、S3, Pro Tools|Dockの展示の他、iZotope, Waves, McDSP, Plug-In Alliance, Slate Digital, AudioEase, Softube等からの最新クリエイティブ・ツールをご紹介致します。

【参加方法】

イベントは参加無料ですが、事前のお申込みが必要です。下記申込みページからご登録ください。

ご注意:お申し込みフォームは、第一部と第二部に分かれています。

両方にご参加の場合は、お手数ですが、両方にお申し込み頂きますようお願い申し上げます。

 

2016 Avid Creative Summit  for Music スケジュール

12:30 第一部 開場

13:00-17:00  Pro Tools 12.5ミュージック・クリエイション・セミナー 

  1. 12:00-12:45  Pro Toolsの制作環境向けSoftube/RME最新情報紹介
               ~Powered by RME & Softube
  2. 13:00-13:45   iZotopeが切り拓く新たなDJサウンド!
               ~Powered by iZotope 
  3. 14:00-14:45  WAVES H-Series : 最先端技術による最新ミックス
                             ~Powered by Waves 
  4. 15:00-15:45 KOMPLETE音源活用術
                               ~Powered by  Native Instruments
  5. 16:00-16:45   Pro Tools 12.5クリエイター向け最新ミキシング・テクニック
                            ~ Powered by Slate Digital &Plugin Alliance
                         

17:30 第二部 開場

18:00-21:00 Pro Tools 12.5:Avidクラウド・コラボレーション・セミナー

  1. 18:00-18:15   Avid Everywhere for Musicアップデイト
  2. 18:15-18:45 Pro Tools 12.5新機能&Avidクラウド・コラボレーション概要説明
  3. 19:00-20:00  TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND meets
                        Avid Cloud Collaboration
                        出演アーティスト:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
                        ゲスト:佐藤 純之介(音楽プロデューサー)
                        進行:國崎 晋(サウンド&レコーディング・マガジン編集人)
  4. 20:00-21:00  展示コーナーのみオープン

        ※セミナー内容は都合により変更になる場合もございます。 

        21:00  終了

         


         

        各セミナー及び展示に関する具体的な内容/詳細は、Avidブログ内で随時発表して参ります。

        お楽しみに!

        2016年4月21日 (木)

        5月13日(金) Avid Live Sound Summitイベント、第一部「ライブ・サウンド・ワークフロー ・セミナー」の詳細決定!

        5月13日(金)に恵比寿ガーデンプレイス内The Garden Roomで実施されるAvidライブ・サウンド・セミナー「Avid Live Sound Summit」第一部の内容をご紹介します!

        Avid ライブ・サウンド・ワークフロー ・セミナー
        ~ライブ・パフォーマンス・コンテンツ化が持つ大きな可能性

        3月開催の「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at Spiral」で24bit/96KHz収録された「TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND」のライブ・コンテンツを使用したパネルディスカッション形式のワークフロー・セミナー。

        ライブサウンド・エンジニアやPro Toolsユーザーは勿論、ライブ・パフォーマンスのコンテンツ化を考えているアーティスト/プロディーサーの皆様も「必見」のセミナーです。

        1

        HIGH RESOLUTION FESTIVAL at Spiral The REC」でのTECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND

        Photo: Hiroki Obara


        Avidスタッフ等による、当日使用されたS6L, Pro Tools, TASCAM DA-6400に関する製品/技術解説に加え、当ライブのFOHミックスを行った安藤 清氏によるS6Lライブミックス・ノウハウ、収録サウンドをミックスした音楽プロデューサー/エンジニアの佐藤 純之介氏による配信コンテンツ制作時のサウンド・コンセプト/ミックス・ノウハウの解説、さらに、ライブ・パフォーマンスをコンテンツ化していくことのアーティスト/プロダクションにとってのビジネス的な可能性についてサウンド&レコーディング・マガジン編集人でもあり今回の「HIGH RESOLUTION FESTIVAL at Spiral」イベントの仕掛人の一人でもある國崎 晋氏に講演していただきます。

         

        セミナー内容:

        第一部

        • S6L+Pro Tools 24bit/96 KHzライブ・レコーディング・ワークフロー解説
        • S6L収録サウンドのPro Toolsミキシング・ノウハウ
          • S6L経由で収録されたピュアな24bit/96KHzサウンドのPro Toolsミックス
        • ハイレゾ・ライブ音源配信コンテンツの紹介
          • S6Lバーチャル・サウンドチェック機能による1曲丸ごと「ハイレゾ試聴会」!
          • Avidアーティストコミュニティーやマーケットプレイスの可能性

          2

          Photo: Hiroki Obara

           

          モデレーター:

          4_2

          國崎 晋 氏

          サウンド&レコーディング・マガジン編集人

          1963年生まれ。サウンド・クリエイターのための専門誌『サウンド&レコーディング・マガジン』編集長を20年間務め、現在は同誌編集人。ミュージシャンやプロデューサー、エンジニアへの取材を通じての制作現場レポートや、レコーディング機材使いこなしのノウハウなど、プロ/アマ問わず多くのクリエイターに役立つ記事を多数手掛けている。2010年からはPremium Studio Liveと題したライブ・レコーディング・イベントを開始。収録した音源をハイレゾ・フォーマットで配信するレーベル活動も展開している。

          特別ゲスト:

          3_2

          佐藤 純之介 

          音楽プロデューサー/エンジニア

          1975年大阪生まれ。

          YMOに憧れ90年代後期よりテレビや演劇の音楽制作の仕事を始め、2001年に上京。レコーディング・エンジニアとして市川由衣、上戸彩、玉置成実、Sowelu等J-POPの制作に参加し、2006年、アニソンレーベル株式会社ランティスに入社。ディレクター兼A&Rとして10組以上のアーティストの発掘、デビューまでを手がける。2011年ランティスの音楽制作部が独立し株式会社アイウィルを設立。アイウィル制作部のプロデューサー、ディレクター、エンジニアとして、アニソンのみならず、他のレーベル作品やインディーズ作品、劇伴等を含め年間約300曲弱の制作に携わっている。

          Ando_san_3

          KEY-3  安藤 清  

          ライブ・サウンド・エンジニア

          1955年8月5日生まれ

          1973年 : 株式会社東京音響通信研究所入社 同社で数多くのアーティストを手がけ、1979年退社後は、ツイスト・チャゲ&飛鳥・プリンセスプリンセス・美空ひばり・島倉千代子・高橋真梨子をはじめ近年ではMISIA AIなどのFOHを手掛ける。

           

          パネラー:

          • Mack宮村 氏(リワイアー株式会社)
          • 遠藤 一彦 氏(ティアック株式会社)

          PAスピーカー:Martin Audio MLA MINI

          5_2

          第二部

          VENUE | S6L テクニカルセミナー

          S6l_robartscovill_header_w520

          スピーカー: ロバート・スコヴィル


          最新のS6Lについて、基本的な概要から、最新ソフトウェアバージョン v5.1の新機能(モニタリング・エンジニア向けのユニバーサルビュー、スピルワークフロー、レイアウトのカスタマイズなど)をご紹介します。

          • S6Lシステム概要説明
          • S6Lで実現した様々な機能をベースに現場に役立つノウハウを伝授!
          • Q & A

          (セミナー内容は予告なく変更されることがございます。)

           

          イベント情報

          Avid Live Sound Summit 2016

          日程 2016年5月13日(金)
          時間 14︰30~18︰00(14︰00開場)
          会場 恵比寿ガーデンプレイス内 The Garden Room
          住所 153-0062 東京都目黒区三田1-13-2(地図
            セミナー対象:
            • ライブサウンド・ミキシング・エンジニア
            • ライブサウンド・レコーディング・エンジニア
            • ライブサウンド・レンタル会社
            • 音楽プロダクション
            • ライブパフォーマンスをコンテンツ化したいクリエイター/プロデューサー
            • 専門学校及び生徒の皆様
              第一部:14:30~15:30 Avidライブサウンド・ワークフロー・セミナー
                第二部:16:00~17:30 VENUE | S6L テクニカルセミナー
                  開演前/休憩時/終演後に展示コーナーにてPro Tools 12.5, S3L-X, S6Lをご覧いただけます。

                    【参加方法】

                    イベントは参加無料ですが、事前のお申込みが必要です。下記申込みページからご登録ください。

                    ご登録の上、ご来場頂いたお客様の中から、抽選*で3名の方に「Pro Tools年間サブスクリプション」(税別表示価格¥37,300)をプレゼント!!

                    *ご登録の上、ご来場頂いたお客様のみが対象です。抽選並びに製品発送は、後日イベント終了後となりますのでご了承ください。

                     <<Avid Live Sound Summit 2016イベント参加申し込み >>

                      本イベントは、二部構成となっておりますが、上記お申し込みフォームは一部/二部共通となっております。 万一、ご都合により、どちらか一方にご参加希望となる場合でも、上記の参加申し込みページよりお申し込みください。
                      イベント協賛パートナー:
                      • 株式会社オーディオブレインズ
                      • サンフォニクス株式会社
                      機材協力:
                      • MARTIN AUDIO JAPAN Inc
                      • ティアック株式会社

                          2016年4月20日 (水)

                          Avid @ NAB 2016、2日目も大盛況!

                          Dscn5436_2

                           

                          NAB 2016の二日目を現場からお届けします。2日目には、大人気の音楽オーディション番組『The Voice』の、スーパーバイジング・エディターであるジェイソン・スチュワート氏とA.J. ディッカーソン氏によるメインステージ・セッションが行われました。

                          Dscn5437

                           

                          メインステージでは、4種類のAvidセッションが毎日行われています。その中の『Make the World Your Studio』では、メインステージ上のデモンストレータがプロジェクトオーナーとなり、別の場所にいる別のコラボレーターとPro Tools 12.5のクラウド・コラボレーション機能を活用してプロジェクトをシェアし、協業しながら音楽を作成するデモンストレーションです。最初にプロジェクトオーナーがコラボレーターにテキストチャットで協業の招待をします。コラボレーターが追加・編集した内容は、すぐにクラウド上のプロジェクトに反映され、まるで同じスタジオにいるかのようなワークフローを実現します。無償で使用可能なクラウドストレージは500MBですが、必要に応じて1,200円/月で20GB(5プロジェクト)、3,100円/月で60GB(10プロジェクト)のクラウド・ストレージを購入することもできます。

                          Dscn5432_2

                           

                          また、『Be First with Breaking News』のメインステージでは、MediaCentral | UX活用する素早いニュース速報を実現する現代の報道制作のためのAvid報道制作ソリューションをご説明しています。新たに加わったStudio Suite製品もデモンストレーションでご紹介!

                          Dscn5469

                            

                          オープン・プラットフォーム・パートナーのエリアでは、Marquis、Root 6、SGL、Spectra Logic、x.news、Non Liner TechnologyなどのMediaCentral Platformアライアンスパートナーによる製品をご紹介しています。Connectivity PartnerがAPIを活用することでMediaCentral Platformと統合するハードウェアおよびソフトウェアの両方の製品開発が進んでいます。今後、ますますスムースかつ利便性の高いプラットフォームが展開していくことを感じていただけると思います。

                          Dscn5453_2

                           

                          メインステージ後方では、最新のVENUE | S6Lを使ってメインステージセッションを実際にレコーディングしています。VENUE | S6Lは人間工学に優れたデザインのモジュラー・システム式ハイパフォーマンス・ライブサウンド・ミキシング・システムです。搭載されたタッチスクリーンが全チャンネルへの簡単かつ素早いアクセスを提供し、オンボード・プラグインとPro Toolsレコーディングシステムの統合、300を越えるプロセッシング・チャンネル、これまでより多くのプラグインおよびトラック数をサポートできる非常に高い処理能力とパワーを提供します。NAB期間中のメインステージセッションは、S6Lで安心のサウンドをお届けします。

                          Dscn5467_2

                           

                           

                          Dscn5463

                          AvidオフィシャルWebサイト

                          2017年3月

                                1 2 3 4
                          5 6 7 8 9 10 11
                          12 13 14 15 16 17 18
                          19 20 21 22 23 24 25
                          26 27 28 29 30 31  
                          Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.