d. コンソール

2016年11月 7日 (月)

Japan Avid Blog引越しました

この度、Avid Japan BlogはAvidブログへ引越しました。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

Avideverywhere2016_2

2016年7月14日 (木)

ProControl/D-CommandからS6M10への期間限定トレード・イン・プロモ実施!

S6m10

Avidは、2016/7/15より2016/9/30までの期間限定で、Pro ControlまたはD-Commandから対象S6M10へ交換アップグレード時に、44万円のクレジット・バックを行う「S6M10・トレード・イン・プロモーション」を実施します。

S6M10モデルは、音楽プロジェクト・スタジオや中小規模のMAスタジオ向けのEuCon対応コントロール・サーフェイスです。より小さなスペースと少ない予算で統合的なPro Toolsのミキシング環境を構築できます。S6M10では、1つのMTMと最大14個のモジュール、最大24本のフェーダー、各チャンネルに最大5基のノブで、サーフェスを構築できます。さらに最大2つのワークステーション(Pro Tools等)の同時接続に対応します*。

下記のS6M10製品が対象製品です。

  • S6 M10 8-5:8 フェーダー, チャンネル毎に5ノブ
  • S6 M10 16-5:16 フェーダー, チャンネル毎に5 ノブ
  • S6 M10 24-5:24 フェーダー, チャンネル毎に5 ノブ

*S6M10はディスプレイモジュールには非対応です。

ご返却いただく交換製品は、下記となります。

  • D-Command
  • Pro Control

さらに詳しくは、S6チャンネル・パートナーにお問い合わせください。

関連情報:

 

2016年7月11日 (月)

Creative Summit 2016 オンデマンドビデオ公開

2016年5月26日~27日に南青山のFuture Sevenにて開催した『Avid Creative Summit』から、Avid製品/ソリューションに関するプレゼンテーションおよびデモンストレーションの模様をビデオにてご紹介します。

S6muse__i4a8388edited

Avid Creative Summit for MA

Avidからプロオーディオ・ソリューション・スペシャリストのリッチ・ニーブンスが、Avidプロミキシング・ソリューション「Pro Tools | S6」の最新バージョンv2.2の新機能や改善点をプレゼンテーションとデモンストレーションでご説明します。また、DAD社のルーティングおよびモニタリング・システム「DAD AX32」をS6の統合環境およびその活用方法についてご紹介、これまでのDSPコンソールとの比較を交えてその機能や特徴をご説明します。

ビデオリスト

  1. Avidコンソール・ソリューション概要説明 
  2. S6 v2.2新機能説明&デモ
  3. S6 + DAD "ポストDSPコンソール"概要説明&デモ

視聴

Creative Summit for MAオンデマンドビデオはこちらよりご視聴いただけます。 

 

 

Ptcloudcolab_creativesummit_w520xh2


Avid Creative Summit for Music

Pro Tools 12.5 クラウド・コラボレーションの概要から、TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUNDによるPro Tools 12.5とAvidクラウド・コラボレーション・デモ、さらに音楽プロデュサー/エンジニアの佐藤純之介氏による最新のPro Tools | Dockクイック・デモをご覧いただけます。

ビデオリスト

  1. Pro Tools 12.5クラウド・コラボレーション概要説明 
  2. TECHNOBOYS.P.G x Pro Tools 12.5 クラウド・コラボレーション・デモ
  3. Pro Tools | Dockクイック・デモ

視聴

Creative Summit for Musicオンデマンドビデオはこちらよりご視聴いただけます。

2016年6月17日 (金)

Pro Tools|Dockと同時使用可能な他の EuCon対応コントローラーの情報

Dock2

Pro Tools|Dockは、EuCon対応iPadアプリケーション「Pro Tools|Control」と組み合わせて使用するAvidの新しいコントロール・サーフェイスです。

Pro Tools|ControlとPro Tools|Dockの組み合わせに追加可能な、その他のEuCon対応コントローラーは下記となります。

  • Pro Tools | Control + Pro Tools | Dock + Pro Tools | S3
  • Pro Tools | Control + Pro Tools | Dock + Artist Mix (最大4台) 

* 注意:Pro Tools | DockとArtist Control並びにArtist Transportの同時使用はサポートされていません。

S3dock_2

関連情報:


2016年5月31日 (火)

Pro Tools | Dock発売開始!

小さな筐体、大きなコントロール

2015年10月にニューヨークにて開催されたAES NYにて発表されたPro Tools | Dock(以降Dockと記載)が、いよいよAvidプロミキシング製品の仲間入りして、リリースを開始しました。

Pt_dock_guy02

 

Pro Tools | Dockとは?

Dockは、コンパクトで、人間工学に基づく優れたデザインの、EUCON対応コントロールサーフェスです。無料のiPadアプリPro Tools | Controlをインストールして使用します。Dockは、賞を受賞したPro Tools | S6のマスター・タッチ・スクリーンに基づく高度なタッチスクリーン・ワークフローを提供します。このシステムは、ミキサーには、素早い操作、メーター、スクリーン上からのプラグイン・コントロールのためのタッチスクリーン・テクノロジーと併せて、最高の物理的なフェーダー、ノブ、スイッチという真のハイブリッド・アプローチが必要だという弊社の哲学を実践するものです。Pro Tools | Dockは、編集とミキシングワークフローの両方を強化します。そして、Pro Tools | S3と併用すると、専用のオートメーション・スイッチ、トランスポート・コントロール、アルミニウム製ジョグホイール、色分けされて見やすいソフトキー・スイッチなどにより機能を補完・強化することができます。

Pro Tools | Dockの特長

下のiPadスクリーンイメージに表示されているのは、重要なコンセプト『スーパー・チャンネル・ビュー』です。Dockには8つのソフトノブが搭載されており、EQ、ダイナミクス、パンニング、センドなどのパラメータをコントロールしたり、S6マスター・タッチ・モジュールと同様のアテンション(選択)チャンネル機能を使うことができます。新しい「スーパー」チャンネル・ビューも、無料のiOSアプリPro Tools | Controlに含まれます!この新しいカッコイイ拡張チャンネル・ビュー機能は下記のイメージを御覧ください。

 

Channel_eq1280x960

リクエストの多かった機能強化のひとつに、色分けされたソフトキーの拡大表示があります(Dockに接続した状態)。Dockスクリーン下部にある色分けされた2列のLEDボタンは、スクリーン上のソフトボタンに合わせて色が変えたり、iPad上に小さく表示されるソフトキーにマッピングすることができます。

Softkeys1280x960

また、iPadとPro Tools | Controlアプリは、Apple製2アダプタを使って(ライトニングケーブルとUSB 3カメラアダプタ+USB 2からEthernetアダプタ)、Ethernetネットワークで直接接続して動作することが可能です。

是非お近くの販売代理店で、実際のPro Tools | Dockを御覧ください。機能強化された編集およびミックス・コントロールを体感いただけるに違いありません。Pro Tools | Dockの販売価格は、¥149,000(税別)えす(iPadは別売り)。上記のとおりDockをS3と併用すると、パワフルで人間工学に優れた編集およびミキシングのための統合システムが、約80万円で導入可能です。

ご注意:
Pro Tools|Dock使用時は、Pro Tools 12.5.1(以上)での使用が推奨されます。
Pro Tools 12.5.1に関する情報は、こちらよりご確認いただけます。

2016年5月12日 (木)

5月27日(金) Pro Tools 12.5 ミュージック・クリエイション・セミナー内容のご紹介

01_3

5月27日(金)に南青山のイベントスペース「Future-Seven」で開催されるAvid Creative Summit for Musicは、ミュージック/サウンド・クリエイターの為のノウハウ・セミナーそして制作ツール展示イベントです。

このイベントは、二部構成となっており、第一部ではミュージック・クリエイターの皆様に有意義な製品情報/ノウハウをご提供するテクニカル・セミナー、第二部はアーティストによるPro Tools12.5 & クラウド・コラボレーションの実演をご覧頂きます。

ここでは第一部に実施されるPro Tools 12.5ミュージック・クリエイション・セミナー」の概要をご紹介致します。

セミナー・コンセプト

 Pro Tools 12.5で対応した「クラウド・コラボレーション」機能は、クリエイターの「創造性」を大きく高める可能性持っています。

 その可能性を最大限に発揮する為、Pro Tools 12.5には、コラボレーションの際のプロジェクト互換を高める為の「コミット」「フリーズ」といった運用性向上の為の機能も追加されています。

この二つの機能を持つPro Tools 12.5を使用することで、クリエイターの皆様は「プロジェクト相互互換の維持」という束縛を気にせずに、お好きなクリエイティブ・ツール(VIやエフェクト・プラグイン)を選択し、自分の作品のサウンド・メイクに使うことが可能となったのです。

 Avid Creative Summit for Musicの第一部(11:30開場)*では、「Pro Tools 12.5ミュージック・クリエーション・セミナー」と題して、Pro Toolsとともに下記に紹介するプラグイン・メーカーによる新しい音楽制作の方法論とノウハウを、一流のエンジニア/アーティストの皆様によりセミナー形式でご紹介させていただく他、クリエイターの環境づくりを支援する数多くのプラグイン・ブランドや関連機器も展示コーナーにてご確認いただけます。

 Pro Tools 12.5とクラウド・コラボレーションによって生み出される「束縛の無い自由なコラボレーション環境」を前提に、自分にあったクリエイティブ・ツール/ノウハウを是非見つけてみてください!

各セミナーの概要

12:00-12:45  Pro Toolsの制作環境に直感的で効率的なワークフローを提供するSoftube Console 1とRME最新情報をご紹介

Powered by RME & Softube

スウェーデンのプラグイン/ハードウェア・ブランドSoftubeのConsole 1、直感的なフィジカルコントローラーによるSolid State Logic 4000E)

今年の独フランクフルトmusikmesseにて発表されたばかりのSoftube Modular(ユニークなEuro Rackモジュラープラグインソフト)& British Class A strip、RMEのMADI新製品情報およびテクノロジーをご紹介します。

講師:

Ikumatsu

生松秀之(MI7プロダクトスペシャリスト )

「電子楽器、音響機器メーカーでの技術職の経験を活かし、プロダクトスペシャリストとして製品のデモ、セミナーを行っている。

Max

Max Holtmann(RMEプロダクトマネージャー) 

ドイツ・デトモルト音楽大学にてトーンマイスター(Tonmeister)の資格を取得。クラシック音楽のプロデューサーおよびサウンドエンジニアとしての幅広い経験を通して、「デジタル・オーディオ・エヴァンジェリスト」として40ヶ国以上のさまざまな場所で、デジタル・オーディオの難解な技術的側面を明快に説明しながら正しい知識を広める活動を行ってきた。3Dオーディオ(WFS)やネットワーク・オーディオ・プロトコルについてのエクスパートでもあり、その豊富な知識はプロダクト・マネージャーとしてRMEでの製品開発にも活かされている。

通訳:三橋武(Synthax 市場開発マネージャー)

Softubeセミナー参加者へのプレゼントのお知らせ!

Softube_2

本イベントにご登録いただき、27日(金)12時からのSoftubeセミナーにご参加いただいた方の中から抽選で1名の方に、25万円相当のSoftubeプラグイン(12種類)をPro  Tools年間サブスクリプション版(3.7万円相当)とともにプレゼントいたします!(各製品情報はこちら

  • Summit Audio Grand Channel
  • Heartbeat
  • FET Compressor
  • Trident A-Range
  • TSAR-1 Reverb
  • Tube Delay
  • Vintage Amp Room
  • Bass Amp Room
  • Fix Flanger/Doubler
  • Drawer S73
  • Modular
  • Saturation knob

 ご注意:抽選はセミナー終了時となります。抽選参加には、本セミナー開始時よりご参加いただく必要がありますので、ご了承ください。

第一部セミナー参加登録はこちらから(各セミナー共通登録です)!

13:00-13:45  iZotopeが切り拓く新たなDJサウンド!

Powered by iZotope

業界標準のノイズリダクション・ツールとなったRX5や高品位マスタリング・ツール・Ozoneを生み出したiZotope。

それらの定番プラグインに加え、ビート作成ツール・BreakTweaker、ミキシング・ツールAlloy 2といったDJ/音楽制作ツールの機能/活用方法をPro Tools12.5の先進機能とともにご紹介致します。

02

講師:NoMilk(DJ/プロデューサー)

シカゴ/デトロイト・ハウスに影響を受けプロデューサーとしてのキャリアをスタート、98年よりCapricious、Outergaze、Music Conception、USB、Yore、Quintessentials、The Playground、Ragrange、Third Ear、Universal Musicなど国内外のメジャー、インディー問わず良質なDEEP HOUSEレーベルよりコンスタントにリリースを重ね、中でもプライベートレーベルRHAPSODYよりリリースした2枚のヴァイナルは、デトロイトハウス直系著名DJ達からの熱い支持で、プレミアムレコードと化した。

WACOMのDJ機器nextbeatの開発に携わるなど機材への造詣も深く、2010年にはTokyo Black StarのIsao Kumano、Alex from Tokyoらと共にオーディオブランドPHONONを立ち上げ、日々音質追求を掲げ活動している。

2014年新たに熊本在住の音楽家 池田孔亮率いるAFRI CALIFORNI A FRICAと共にJOYFUN RECORDをスタートさせ、ALBUM「Afri Pan A Frica」をリリース。ハウスミュージックの枠を大きく飛び越えた次なる音楽の探求を開始した。JOYFUNでは全てのミックスを担当している。

iZotopeセミナー参加者特別プレゼント!

Vs_eb3

本イベントにご登録いただき、27日(金)13時からのiZotopeセミナーにご参加いただいた方の中から抽選で1名の方に、新製品VocalSynthをPro  Tools年間サブスクリプション版(3.7万円相当)とともにプレゼントいたします!

さらに.....

27日(金)13時からのiZotopeセミナーにご参加いただいた方全員 DDLY - Dynamic Delay Processorを無償ダウンロード・コードをプレゼント!!

 ご注意:抽選はセミナー終了時となります。抽選参加には、本セミナー開始時よりご参加いただく必要がありますので、ご了承ください。

第一部セミナー参加登録はこちらから(各セミナー共通登録です)!

14:00-14:45  WAVES H-Series : 最先端技術による最新ミックス

~テクノロジー・ファーストなWaves H- Seriesが全Pro Toolsユーザーへ新たなミックスを提案
                                                                                   Powered by Waves 

 講師に飛澤正人氏を迎え、音楽的なアナログのニュアンスを、合理的なデジタルのインターフェイスでコントロールする、Waves H-Seriesハイブリッド・プラグインを中心に、独自の先進技術によるプラグインがもたらすPro Toolsでの新たなミックス手法をご紹介します。

03講師:飛澤 正人(レコーディングエンジニア)

Dragon Ash や 鬼束ちひろ 、SCANDAL、THE野党などを手掛ける。生のバンドサウンドとブレイクビーツをシームレスにミックスして創り上げる空間表現に定評があり、早い段階からコンピューターを使ったサウンドメイキングを積極的に取り入れてきた。近年はアレンジや作曲、ボカロP『寂恋』としても活動。 またサウンドデザイナー誌の連載『飛澤正人直伝 “魔法のMIXテクニック”』やレビューを多数執筆するなど活動の場を広げている。 音創りの信条は、アーティストの感性と自らのイマジネーションを融合し、作品の深層部に入り込むこと。

Waves_nt

Wavesセミナー参加者特別プレゼント!

本イベントにご登録いただき、27日(金)14時からのWavesセミナーにご参加いただいた方の中から抽選で1名の方に、Waves NX をPro  Tools年間サブスクリプション版(3.7万円相当)とともにプレゼントいたします!

 ご注意:抽選はセミナー終了時となります。抽選参加には、本セミナー開始時よりご参加いただく必要がありますので、ご了承ください。

第一部セミナー参加登録はこちらから(各セミナー共通登録です)!

15:00-15:45  KOMPLETE音源活用術
~ Powered by Native Instruments

Pro ToolsシステムでのPlug-in音源をKOMPLETE KONTROL Sシリーズキーボードにて全て統合、集中コントロール。NKS(Native Kontrol Standard)とは何か?

KOMPLETE音源はもちろんの事、NKS対応他社Plug-in音源、AAX非対応VSTiまでもKomplete Kontrol S88を使ってProTools上で楽曲制作に活用する過程を解説していきます。

Ni_03_2_2

講師:Sleepfreaks 大鶴 暢彦(おおつる・ のぶひこ)

クリエイター/アーティストとして活動する一方、DTMオンラインスクールSleepfreaksにて、これまで通 算200名以上にレッスンを行っている。

また、Native Instruments製品を含めた多数の音源やプラグインについて、YouTube動画解説を担当し、好評を博している。

Ks25_2

Native Instrumentsセミナー参加者特別プレゼント!

本イベントにご登録いただき、27日(金)15時からのNative Instrumentsセミナーにご参加いただいた方の中から抽選で1名の方に、KOMPLETE KONTROL S25をPro  Tools年間サブスクリプション版(3.7万円相当)とともにプレゼントいたします!

 ご注意:抽選はセミナー終了時となります。抽選参加には、本セミナー開始時よりご参加いただく必要がありますので、ご了承ください。

第一部セミナー参加登録はこちらから(各セミナー共通登録です)!

16:00-16:45   Pro Tools 12.5ミュージック・クリエイター向け最新ミキシング・テクニック
                                                   Powered by Plugin Alliance & Slate Digital

数多くのビンテージ・ギアを自宅に所有しPro Toolsミックスで活用している杉山勇司氏による、Slate Digital やPlugin Allianceを中心としたAAXプラグイン、そしてAvid HEATの特徴や活用方法を紹介。
併せて、Pro Tools 12.5の「コミット」機能の応用例も実演します。

またセミナー後半では、ゲストに國崎 晋氏をお迎えし、「エンジニア/スタジオにとってのクラウド・コラボレーションの可能性」について、杉山氏とともに語っていただきます。

 講師:杉山 勇司(レコーディングエンジニア)
 特別 ゲスト:國崎 晋(サウンド&レコーディング・マガジン編集人)

04講師:杉山 勇司

エンジニア/プロデューサー

1964年生まれ、大阪出身。

1988年、SRエンジニアからキャリアをスタート。くじら、原マスミ、近田春夫&ビブラストーン、東京スカパラダイスオーケストラなどを担当。その後レコーディング・エンジニア、サウンド・プロデューサーとして多数のアーティストを手がける。主な担当アーティストは、ソフト・バレエ、ナーヴ・カッツェ、東京スカパラダイスオーケストラ、Schaft、Pizzicato Five、藤原ヒロシ、UA、X JAPAN、L‘Arc~en~Ciel、LUNA SEA、Jungle Smile、Super Soul Sonics、広瀬香美、Core of Soul、cloudchair、Cube Juice、櫻井敦司、dropz、睡蓮、清竜人、寺島拓篤、河村隆一など。 また、1995年にはLogik Freaks名義で、アルバム『Temptations of Logik Freaks』(ビクター)をリリース。著書に『レコーディング/ミキシングの全知識』(リットー・ミュージック刊)がある。 

Trigger2_01

Pro Tools 12.5/Plugin Alliance/Slate Digitalミキシング・セミナー参加者特別プレゼント!

本イベントにご登録いただき、27日(金)16時からの「Pro Tools 12.5ミキシング・セミナー」にご参加いただいた方の中から抽選で1名の方に、Slate Digital Trigger 2をPro  Tools年間サブスクリプション版(3.7万円相当)とともにプレゼントいたします!

 ご注意:抽選はセミナー終了時となります。抽選参加には、本セミナー開始時よりご参加いただく必要がありますので、ご了承ください。

第一部セミナー参加登録はこちらから(各セミナー共通登録です)!

*セミナー数増加の為、第一部のセミナー開始時間がPM12:00となりました。それに伴い、開場時間がPM12:30からPM11:30へと変更となりましたのでご注意ください。

 【参加方法】

イベントは参加無料ですが、事前のお申込みが必要です。下記申込みページからご登録ください。

5月27日Avid Creative Summit for Musicの第一部に参加する

5月27日Avid Creative Summit for Musicの第二部に参加する

ご注意:お申し込みフォームは、第一部と第二部に分かれています。
両方にご参加の場合は、お手数ですが、両方にお申し込み頂きますようお願い申し上げます。

第二部の概要は、こちらでご覧いただけます。

5月27日(金)開催:Avid Creative Summit  for Music スケジュール

会場: Future Seven

住所: 港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F(アクセス

11:30 第一部 開場

12:00-17:00  Pro Tools12.5ミュージック・クリエイション・セミナー 

  1. 12:00-12:45    Softube/RME最新情報をご紹介
  2. 13:00-13:45   iZotopeが切り拓く新たなDJサウンド
  3. 14:00-14:45  WAVES H-Series : 最先端技術による最新ミックス
  4. 15:00-15:45   KOMPLETE音源活用術
  5. 16:00-16:45     Pro Tools12.5最新ミキシング・テクニッック     

17:30 第二部 開場

18:00-21:00 Pro Tools 12.5: Avidクラウド・コラボレーション・セミナー

  1. 18:00-18:15   Avid Everywhere for Music/NAB2016最新製品情報
  2. 18:15-18:45 Pro Tools 12.5: Avidクラウド・コラボレーション概要説明
  3. 19:00-20:00  TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND meets Avid Cloud Collaboration
                        出演アーティスト:TECHNOBOYS PULCRAFT GREEN-FUND
                        ゲスト:佐藤 純之介(音楽プロデューサー)
                        進行:國崎 晋(サウンド&レコーディング・マガジン編集人)

Avidコネクティビティー・パートナー・ステーション
第一部/第二部を通して、Avidコネクティビティー・パートナーによるステーション展示/デモ/説明が行われます(詳細近日アップ予定)。
セミナー開演前/合間/終了後等にお立ち寄りいただけます。第一部で実施のセミナーへの入場/退出は自由ですので、ご興味のあるセミナーにご参加頂き、合間に展示をご覧頂くことも可能です。

21:00  終了

※セミナー内容は都合により変更になる場合もございます。 

 

関連情報:

5月27日(金) Avid Creative Summit for Musicセミナーのご案内

5月26日(木) Avid Creative Summit for MA セミナーのご案内

2016年4月25日 (月)

5月26日(木) Avid Creative Summit for MA セミナーのご案内

Top


全世界の導入数が1000台を超えたEuCon対応統合型コントロールサーフェイスS6。その進化は続きます。

5月26日(木)に開催されるイベント「Avid Creative Summit for MA」では、Pro Tools 12.5そしてS6に搭載されたMA(オーディオ・ポスト・プロダクション)向け最新機能/ソリューションにフォーカスしたセミナーを第一部と第二部に分けて実施致します。

イベント名: 2016 Avid Creative Summit for MA

日程: 2016年5月26日(木)

時間: 13:30~18:30

  • 第一部 13:30-16:00 Avid S6:MAソリューション・セミナー (PM13:00開場)
  • 第二部 17:00-18:30 Avid S6 “ポストDSPコンソール” セミナー(PM16:30開場)

会場: Future Seven

住所: 港区南青山6-10-12 フェイス南青山1F(アクセス

【内容】

第一部:Avid S6:MAソリューション・セミナー  
Avidソリューション・パートナーによるS6国内導入事例を元に、それぞれのニーズに適したシステム内容を詳しく解説します。

14:00-14:50: S6 EXTENSION!!~DAD・Trinnov・VMC、繰り広げられるWORKFLOW EXTENSION!!~「VMC-102新機能とDAD AX-32徹底解析」

S6をエクステンションするDAD AX32/ Trinnov D-MON / Tac System VMC-102。S6をさらに羽ばたかせる3rd Partyとの統合ソリューションを相互のファンクションと多彩な機能から比較検証。

Avid S6とのシステムインテグレーションでは、ほぼ定番化しつつあるVMC-102 Studio Monitoring Controllerの導入事例(日本のポストプロダクション、ハリウッドのレコーディングスタジオ)を元にシステムのコンフィグレーションを解説。さらに発展を遂げるVMC-102の次期バージョンへの新機能についてテクノロジー・プレビューを行います。また、DAD AX-32が優れたIOユニットとして選ばれてきたその理由を解析します。

15:00-15:50:  S6国内導入事例のご紹介

ポストプロダクションへの導入で躍動するS6の実例から、Pro Toolsとの親和性がもたらす最新形のポストワークフローを確認します。

プレゼンテーター

Yousuke_san

前田 洋介(ROCK ON PRO Product Specialist)

レコーディングエンジニア、PAエンジニアの現場経験を活かしプロダクトスペシャリストとして様々な商品のデモンストレーションを行っている。映画音楽などの現場経験から、映像と音声を繋ぐワークフロー運用改善、現場で培った音の感性、実体験に基づく商品説明、技術解説、システム構築を行っている。

山崎 淳(タックシステム株式会社)

第二部:Avid S6 “ポストDSPコンソール” セミナー
Pro Tools 12.5機能のご紹介を行った後、Avid USから来日するリッチ・ニブンスにより「ハリウッド・ポスプロ・コンソール最新事情」「S6 v2.2最新機能」「S6+DaDコンソール・ワークフロー」のプレゼンテーションを行います。
デリバリーメディアの多様化により複雑化するオーディオ・ポスト・プロダクション・ワークに最適化された、新しいコンソール・ソリューション「S6+DaD」を是非、ご確認ください。

Rich_nevens_2_2

プレゼンテーター:リッチ・ニーヴンス | Rich Nevens

Director WW Pro Audio Solutions Specialists at Avid Technology
Avid Technology Inc.のワールドワイド・プロオーディオ・ソリューション・スペシャリストチームを率いる。音楽、TV、映画メディアのプロフェッショナルや施設に、 オーディオレコーディング、ミキシングや放送局向けのソリューションを長年提供し、オーディオ業界の全体に対する業界スタンダードの革新に長年貢献。

Daniel

S6+DaDデモンストレーター:ダニエル・ラヴェル | Daniel Lovell

オーディオ・エンジニア、サウンド・デザイナー、ミキサー。現在はAvidのオーディオアプリケーションスペシャリストとして活躍中。

Avidコネクティビティー・パートナー・ステーション
第一部/第二部を通して、Avidコネクティビティー・パートナーによるステーション展示が行われます。
Pro Tools 12.5のハンズオン、S3, Pro Tools|Dockの展示の他、AudioEase, iZotope, IOSONO, McDSP, Plug-In Alliance等からの最新クリエイティブ・ツールをご紹介致します。
開演前/セミナーの合間/終演後等に気になる製品をチェック可能ですので、是非、お立ち寄りください。

【参加方法】

イベントは参加無料ですが、事前のお申込みが必要です。下記申込みページからご登録ください。

 

ご注意:お申し込みフォームは、第一部と第二部に分かれています。

両方にご参加の場合は、お手数ですが、両方にお申し込み頂きますようお願い申し上げます。

第二部終了後、お飲み物等をご用意した簡単な懇親会を予定しております。

第二部ご参加で引き続き懇親会にもご参加頂く場合は、「懇親会参加」の項目へのチェックもお願いいたします。

2016 Avid Creative Summit  for MA スケジュール

13:00 第一部 開場

13:30-16:00  Avid S6:MAソリューション・セミナー

13:30-14:00 Avid Everywhere for Audio Post最新アップデート

  • NAB2016新製品情報
  • Pro Tools 12.5 with Avidクラウド・コラボレーション
  • Avidコネクティビティ・パートナー製品紹介

14:00-14:50 VMC-102新機能とDAD AX-32徹底解析

15:00-15:50 S6国内導入事例

16:30 第二部 開場

17:00-18:30 Avid S6 “ポストDSPコンソール” セミナー

  • 17:00-17:10 NAB2016カスタマー訪問レポート
    • NAB2016後に訪問したハリウッドスタジオの訪問レポート
  • 17:10-18:30 「S6 + DaD 」ソリューション・セミナー
    • S6ハリウッド最新顧客情報:Sony Pictures導入事例
    • S6 v2.2紹介
    • S6+DAD概要説明&デモンストレーション
    • Q&A

プレゼンテーター:Rich Nevens
デモンストレーター:Daniel Lovell
通訳:内藤

18:30-20:00 懇親会


各セミナー及び展示に関する具体的な内容/詳細は、Avidブログ内で随時発表して参ります。

お楽しみに!

2016年3月 1日 (火)

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』におけるPro Tools | S6によるミキシング ビデオ公開

Inter BEE 2015のメインステージに来ていただいたハリウッドのサウンド・デザイナー、 ウィル・ファイルズ氏の講演のビデオを公開しました。

映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』におけるPro Tools | S6によるミキシング 

151118avid007

ウィル・ファイルズ氏とは

Files_interbee_webres1

Pro Tools | S6ユーザーであるファイルズ氏が在籍するカリフォルニア州にあるジョージ・ルーカスのスカイウォーカーサウンドは世界で最も尊敬されているオーディオのポストプロダクション施設の一つで、ファイルズ氏はサウンドデザイナー及びリレコーディングミキサーとして活躍しています。『ミッションインポッシブルゴーストプロトコル』、『ブレイブ』、『スター・トレック』、最近では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』 等の多数のハリウッドの超大作映画に携わりました。

ハリウッドレポーターはファイル氏を、業界で" 最も優秀で才能のある35歳以下の職人" として評価し、またファイルズ氏はサウンド編集において権威あるゴールデンリール賞を受賞しています。



YouTube: 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』におけるPro Tools | S6によるミキシング 第1部


YouTube: 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』におけるPro Tools | S6によるミキシング 弟2部


YouTube: 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』におけるPro Tools | S6によるミキシング 弟3部


YouTube: 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』におけるPro Tools | S6によるミキシング 弟4部


YouTube: 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』におけるPro Tools | S6によるミキシング 弟5部

関連情報:

 製品のお問い合わせ:

Avid オーディオ製品販売代理店


ウィル・ファイルズ氏はプレNABイベントであるAvid Connect 2016で講演します。

4月17日(日) 11:00~  REFINE YOUR CRAFT

Advanced Mixing Techniques

Will_4ウィル・ファイルズ

3月11日まで特別割引価格 US$495にてAvid Connect 2016に登録できます。

Avidconnect2016_2



2016年2月26日 (金)

ICON to S6交換プログラム

D-Command 及び D-Controlから最新のPro Tools | S6 へのアップグレードが最大で20%のセーブ。
より柔軟なカスタマイズが可能でビジュアル・フィードバックに優れたモジュラー型統合コントロール・ サーフェイス環境であるPro Tools | S6へとアップグレードするチャンスです!
2016年3月末まで

A

 

Pro Tools | S6 コントロール・サーフェイスは、プロ・ミキシングの世界を再定義しています。業界トップの導入実績を誇るICONやSystem 5をさらに拡張させ、画期的なスケーラブル・モジュラー・デザイン方式を採用したS6は、現代のサウンド・エンジニアのニーズに適合したインテリジェント なスタジオ・コントロールや直観的な操作性を実現しています。

 

B

The Fried Music S6M40-24-9-D


D-Command to S6 M40 交換プログラム

D-Commandオーナーは、該当するS6M40へとアップグレード(下図参照)する事が可能、最大約130万円のセーブとなります。

交換元:D-Command仕様

交換先:S6M40基本仕様

D-Command 8

S6 M40 8-5-D

D-Command 24

S6 M40 16-5-D

S6 M40 24-5-D

 

D-Control to S6 M40交換プログラム

D-Controlオーナーは、該当するS6M40へとアップグレード(下図参照)する事が可能です、最大約250万円のセーブとなります。

交換元:D-Control仕様

交換先:S6M40基本仕様

D-Control 16

 S6 M40 16-5-D

S6M40 16-9-D

D-Control 32

S6 M40 32-5-D

S6 M40 32-9-D

 
交換プログラム時のシステム構成は「カスタマイズ」可能です。

上記7つの交換プログラムは、基本パッケージの形で事前設定されていますが、お客様のニーズに合わせて、このベーシック・システムに対してモジュール、フレーム、プロデューサーデスクそしてレッグ・スタンド等をオプションとして追加することも可能です。
また、交換プログラムには、既存のICONに付属のXMONをそのままS6でもお使いいただく為のS6 XMON Cable Setが含まれています。

C

nhb – Hamburg, Germany S6 M40-8-9-D



ICONハードウエアの返却
交換プログラムでS6をお求めいただいた場合、現在お持ちのICONハードウエアご返却いただく必要があります。

さらに詳しくは….

交換可能な組み合わせや、具体的なお見積もりに関しては、最寄りのS6ディーラーまでお問い合わせください!

D

Technicolor Toronto-S6 M40 Dual Operator Dub Stage

 

 

関連情報:

 

2016年1月26日 (火)

【Avidプレスリリース】最新のPro Tools | S6バージョン2.1ソフトウェアと 革新的ミキシングモジュールで、Avid Everywhere勢い続く

Photo


最新のPro Tools | S6バージョン2.1ソフトウェアと

革新的ミキシングモジュールで、Avid Everywhere勢い続く


~ Pro Tools | S6の世界での導入実績が約1,000に、
Avidは現代のプロミキシング業界での革新を継続 ~

2016126日(火) 東京   Avid® (NASDAQ: AVID) は、プロフェッショナル・オーディオ業界における Avid Everywhere™ の勢いが拡大し、有名なSony Pictures Studios  (Anthony Quinn Theater)を含む、世界中の主要なスタジオおよび制作施設 Pro Tools | S6 が導入され、その導入実績が約1,000に上ったことを発表しました。革新的なモジュール式デザインを特長とするS6は、現代のサウンドエンジニアに、優れたエルゴノミクス設計、インテリジェントなスタジオコントロール、直感的かつ没入型の体験を提供します。最新のソフトウェアバージョンv2.1、S6マスター・ジョイスティック・モジュール、S6マスター・ポスト・モジュールにより、Avidは、最も要件の高いプロジェクトを扱い、最高の作品を制作するための、さらなる効率化と柔軟性をオーディオプロフェッショナルに提供します。

Sony Picturesのポストプロダクション・サービス担当のエグゼクティブ・バイス・プレジデントのトム・マッカーシー(Tom McCarthy)氏は、新しいデュアル・オペレーター式の大規模なS6 M40コンソールについて次のように述べます。「S6は、Sony Picturesのサウンド設備に対する素晴らしい追加機材であり、ミキサーのクリエイティブなサウンド作業や、画期的なサウンドトラックの制作のための能力を高める手助けをしています。当社のアーティストは、この新しいテクノロジーを使うことができることをとても喜んでいます。」

Avidのシニア・バイス・プレジデント兼ワールドワイド・フィールド・オペレーション担当のジェフ・ロシカは次のように語ります。「Pro Tool | S6システムは世界中で約1,000もの導入実績を誇ります。Avidは今後も、現代のプロミキシング・ワークフローやプロフェッショナルなコントロール・サーフェスにおける革新を推し進め、ミキサーのニーズに応えてまりいます。Pro Tools | S6バージョン2.1ソフトウェアとパワフルな新しいミキシングモジュールの導入により、Avidは、プロミキシング・ワークフローを効率的でシンプルにし、複雑なセッションを柔軟かつ新しい方法で管理できる新しい方法と、クリエイティブな作業環境をミキサーに提供します。」

過去3年の間、AvidはPro Tools | S6コントロール・サーフェスのためにソフトウェア革新を継続してきました。そして、Pro Tools | S6バージョン2.1ソフトウェアで、カスタマイズ、コントロール、ユーザー設定が強化されたことで、プロミキシング・ワークフローが飛躍的に効率的かつシンプルになります。さらに、プロフェッショナルKVMソリューションのサポートが追加され、複数のDAW切り替えをワークフローへ統合しやすくなりました。

「S6マスター・ジョイスティック・モジュールは、2本の非電動タッチセンサー式ジョイスティックを搭載しており、サラウンドミキシング時にサウンドを部屋のどこへでも配置することができます。ミキサーは、2本のジョイスティックスを片手で操作して、サラウンド環境で複数のサウンドをパンやコントロールしたり、プラグインコントロールなどの他のパラメーターをジョイスティックにマッピングすることもできます。エンコーダーは2色に色分けされ、16種類切り替え可能なLED付き付きパンニングモードスイッチなど、多様なパンニング・パラメーターのコントロールが簡単に行えます。」

新しいS6 マスター・ポスト・モジュールは、ポストミキサーが大規模で没入型サウンドトラックの制作・管理を簡単にするために必要な先進的コントロールを提供します。ミキサーは、伝統的パドルでステムをコントロールおよびモニタリングしたり、スクリーンから目を話すこと無く、レベル合わせやパンチイン&アウトができます。S6ポスト・モジュールはまた、統合された映画/テレビ番組モニタ切り替えスイッチを装備しており、ミキサーが必要なときにいつでもすぐ簡単にコントロールすることができます。最後に、オブジェクト・トラックをパドルにアサインできる機能があり、没入型のプリントマスターで、200以上あるトラックを容易に管理することが可能になります。

 

リリース時期と入手方法

Pro Tools | S6バージョ2.1ソフトウェアおよびS6マスター・ジョイスティック・モジュールは現在発売中です。マスター・ポスト・モジュールは近日発売予定です。

 

 

 

Joystickmodule(ジョイスティック・モジュール )

 

20160121namm2016protoolss6100005(マスター・ポスト・モジュール)



AvidオフィシャルWebサイト

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.