« Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.1 - ライブラリ | メイン | Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.3 - タイムラインで編集する1 »

2011年9月 7日 (水)

Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.2 - クリップをプレーヤ画面

PST Training Station小池です。
2回目は「クリップをプレーヤ画面で再生する」です。

今回から素材のムービー、静止画ファイルを「クリップ」と呼ぶことにします。

・プレーヤを使う
Avid Studioを使って趣味の作品を作る方々の多くはクリップをライブラリから直接タイムラインにドラッグするという方法で編集すると思います。
もちろんそれでも良いのですが、より細かく正確に編集するにはクリップをプレーヤ画面で再生して内容を確認しながら使いたい箇所を設定します。

画面上部のムービーボタンをクリックします。
F1

左上部にライブラリ、右上部にプレーヤ、画面下部にタイムラインが表示されます。
F2

ライブラリで見たいクリップをクリックして選択するとプレーヤのソースタブに表示されます。
F3

画面下部の赤い縦線が再生ライン。これをドラッグしたり他の場所でクリックすることで表示されているフレームを変更できます。
F4

再生は画面下部の再生ボタンをクリックする度に再生、停止となります。
F5

キーボードのスペースバーが再生のショートカットになっているのですが、もう1つショートカットがあります。

・JKL
キーボードの「L」が再生、「K」が停止、「J」が逆再生になっています。
LとJは複数回押すと再生速度が速くなります。
また、Shiftキーを押しながらL、Jを押すとゆっくり再生できます。
JKLを使った再生は多くの業務用ソフトで採用されている再生方法で、より快適にムービーを再生できます。
後述するイン点、アウト点のショートカットが「I」、「O」なこともあり、右利きの人は左手をJKLの付近に置いて、右手はマウスを持つというのが一般的な手の配置となります。
一度挑戦してみてください。

・イン点、アウト点
クリップをライブラリから直接タイムラインにドラッグすると、当然クリップ全部が編集されてしまいます。そこから両端をドラッグして縮めるのも良いのですが、編集する前に使いどころを決めてしまえばそのような手間はいりません。
プレーヤのマークイン、マークアウトボタン、もしくはキーボードの「I」、「O」を使ってクリップの実際に使用する場所にイン点とアウト点を設定します。
F6
F62

イン点からアウト点だけを再生する場合はプレーヤ下部の「繰り返し再生」ボタンを使います。
F7

イン点からアウト点の間の長さはプレーヤの上部に表示されます。
F8

イン点、アウト点は何度でも設定できるので、納得するまで場所を調整しましょう。
また、特にイン点、アウト点を調整していない場合は、クリップの両端に設定されています。つまりクリップ全体が編集の対象になっているということになります。

タイムラインに編集する前に素材の映像を確認してどこを使うべきかを決めるという手順は、作品をどういう構成で作り上げて行くかを考える上で割と重要だと思います。
この素材は作品の中でどういう位置づけで使われるのか、どれぐらいの長さで使うと良いのか、だとしたら素材のどこを使うべきなのか。
そんな事も考えながら編集するといいかもしれません。


JKL以外のショートカット
・最初/最後のフレームに移動:page up/downキー
・1フレームずつ移動:左右矢印キー
・マークイン、マークアウト:Iキー、Oキー
・イン点のフレーム/アウト点のフレームに移動:Ctl + I / Ctl + O
・イン点、アウト点を消去:Shift + I / Shift + O
・イン点、アウト点を両方削除:Shift + U

操作に慣れて来たらどんどんキーボードショートカットを使いましょう。
それだけでも編集の時間が短縮されます。

ちなみにイン、アウトを「打つ」と言うとちょっとプロっぽいです(笑)

Avid Studio の詳細はこちら!

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.