« Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.7 - 速度の変更 | メイン | Aの遺伝子: Avid Studio レポート No.9 - トランジション »

2011年9月 7日 (水)

Aの遺伝子: Avid Studio レポート No.8 - 音の設定

PST Training Station小池です。
8回目は「音の設定」です。

・音量調整
音量の調整をする際は、下のトラックとの境をドラッグしてトラックの高さを広くしておいたほうがいいでしょう。
また横方向も大きく表示させたほうが作業しやすくなります。
F1

タイムライン右上にある「ボリュームキーフレーム」ボタンをクリックします。
F2

タイムラインのクリップに表示されている緑の横線にカーソルを合わせると白くなりますので、そのまま上下にドラッグするとクリップ全体の音量を調整できます。
F3


・音量を段階的に調整する

音量のラインをクリックするとキーフレームが設定されます。
F4

いくつかキーフレームを設定して、それぞれのキーフレームを上下左右に移動することで音量の調整ができます。
F5

キーフレームを削除する場合は削除したいキーフレームの上で右クリックして「キーフレームを削除」を選択します。
F6

備考:
Ctlキーを押しながら音量のライン上でクリックするとフェードインやフェードアウトの為のキーフレームを先頭や最後に追加します。
F7

・吹き替え
作成中の作品にナレーションを追加したいと思った時に、タイムラインを再生しながらナレーションを入れたいタイミングでマイクに向かって話すとそれがそのままタイムラインに録音されるととても便利です。
その為の機能が吹き替えです。

タイムラインのナレーションを追加したいタイミングに再生ラインを移動します。

タイムライン左上の「吹き替え」ボタンをクリックします。
F8

吹き替えツール」ウィンドウが表示されます。
F9

必要があればファイル名を変更します。

マイクが正しく接続されていることを確認して「REC」ボタンをクリックします。

3秒のカウントダウン後に録音が開始されます。

停止」をクリックすると録音が止まります。
保存しますか」というウィンドウが表示されるので「はい」をクリックします。

タイムラインに「吹き替えトラック」という名前のトラックが追加され、録音したクリップが編集されます。
F10

・曲を作成
BGMが欲しい時にとても便利なのが「曲を作成」機能です。

タイムラインでBGMを編集したい場所に再生ラインを移動します。
BGMを編集したいトラックヘッダをクリックしてアクティブにします。

タイムライン左上の「曲を作成」ボタンをクリックします。
F11

Scorefitterウィンドウが表示されます。
F12

カテゴリ、ソング、バージョンからそれぞれ選択し、右下に目的の秒数を入力します。

プレビュー」をクリックしてどのようなBGMなのか確認します。

備考:
クリップを選択した状態で「曲を選択」ボタンをクリックすると、クリップの秒数が設定されます。必要があれば別の長さに設定してもかまいません。

BGMが決まったら「ムービーに追加」ボタンをクリックします。

アクティブになっているトラックの再生ラインの位置にBGMが編集されます。
F13

何かBGMが欲しいけど自分が持っている著作権クリアしているCDでは目的の長さで丁度良い物が無い、という場合も多いと思います。
様々なジャンルから目的の長さのBGMが作れると「無音じゃ困るので何か流れていると助かる」という時にとても助かりますね。

・サウンドエフェクト
ライブラリのサウンドエフェクトに効果音が沢山用意されています。
F14

群衆、アニマル、水など様々な効果音がありますので、こちらも助かります。


Avid Studio の詳細はこちら!


コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.