« Aの遺伝子: Avid Studio レポート No.8 - 音の設定 | メイン | Aの遺伝子: Avid Studio レポート No.10 - クリップエフェクト »

2011年9月 7日 (水)

Aの遺伝子: Avid Studio レポート No.9 - トランジション

PST Training Station小池です。
9回目は「トランジション」です。

・フェードイントランジションを追加する
カット点の次のカットの先頭上部にカーソルを置くと端が少しめくれたようなアイコンが表示されます。
このアイコンをそのまま右にドラッグするとめくりが大きくなります。

マウスを放すとカット点から始まるタイミングでフェードイントランジションが追加されます。
F1_2

・トランジションのしくみ
トランジションの効果の部分は、前後の2つのクリップの映像が同時に見えています。
F2_2

例えばフェードインの場合はカット点の次のクリップの最初の部分と、前のクリップの最後のフレームよりも後ろの使われていなかった部分が重なります。

元々のクリップにまだ使われてない部分が残っていればそこを使いますし、もし残っていない場合は足りない部分を最後のフレームで表示します。

トリミングの回でお話した「オーバートリム」と同じ考え方ですね。

・フェードアウトトランジションの注意点
フェードインと同じ要領でカット点の前のトランジションの最後を左にドラッグするとカット点までで終わるタイミングでフェードアウトトランジションが追加されます。
ただしこの場合はフェードインエフェクトに使用するためにカット点の次のクリップの最初の部分が短くなってしまい、その分それ以降のクリップの位置が前に移動してしまいます。
F3_2

F4_2

もしそれが困る場合はAltキーを押しながら左へドラッグするとフェードアウトと同様に使われていない部分を使用しますので、クリップの長さや位置は変わりません。
F5_2

・様々なトランジションエフェクト
ライブラリの「トランジション」タブに様々なトランジションエフェクトが用意されています。
F6_2

それぞれのアイコンをカット点にドラッグして効果を確認してみましょう。
F7_2

備考:
ライブラリのトランジションアイコンをフェードアウトの場所にドラッグすると必ずエフェクトの分次のクリップが短くなってしまいます。
これを避けるには、まずタイムラインでAltキーを押しながらフェードアウトを作成し、そこにライブラリのトランジションアイコンをドラッグします。

・トランジションの調整
追加したトランジションを調整するには、タイムラインのトランジションアイコンを右クリックして「トランジション」>「編集」を選びます。
F8_2

トランジションの時間などを変更できます。

また、トランジションの削除、コピーも同じメニューから選択できます。

トランジションエフェクトは追加が簡単で見栄えも派手になるのでついつい追加したくなるのですが、やみくもに追加すると「エフェクトを紹介するビデオ」のようになってしまいます。
ドキュメンタリーやドラマを見ると、殆どトランジションは使われていません。
作品の冒頭など派手に映像が動くことが目的ならば良いのですが、ストーリー仕立てになっている場合は「どうしてここに必要なのか」を考えながら使うと良いでしょう。




Avid Studio の詳細はこちら!


 

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.