« Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.4 - タイムラインで編集する2 | メイン | Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.6 - 複雑なトリミング »

2011年9月 7日 (水)

Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.5 - カット点のトリミング

PST Training Station小池です。
5回目は「カット点のトリミング」です。

トリミングとは、タイムラインに編集されたクリップの長さや使いどころを後から調整する機能です。

今までの作業で撮影したクリップのうち必要な場所にイン、アウトを打ってその間だけをタイムラインに編集してきました。ということはクリップのイン点よりも前やアウト点よりも後ろの部分が使われずに余っています。
その部分を後から呼び出すことでタイムラインのクリップをのばすことができます。

・カット点の片側だけのトリミング
タイムラインのクリップとクリップの間(カット点と呼びます)にカーソルを移動すると横向きの矢印と縦線のアイコンになります。

長さを調整したいクリップのカット点付近を一度クリックするとオレンジ色の縦線が表示されます。トリムポインタと呼びます。
F1

トリムポインタをドラッグしてクリップを短くしたり長くしたりするとそれに応じて後ろのクリップが前後に移動します。
F2

ドラッグしている最中はプレーヤ画面でクリップの端のフレームが表示されますので、どこまで(もしくはどこから)使用するのかを映像を見ながら決められます。
また、プレーヤ画面下の「1フレーム進む/戻る」「10フレーム進む/戻る」ボタンを使うとより正確にトリミングできます。
F3

・カット点の両側を同時にトリミング
カット点の前後どちらかをクリックしてトリムポインタが表示されたら、Ctlキーを押しながらもう一方の端もクリックします。
するとトリムポインタがカット点の両側に表示されます。
F4

この場合はカット点の前のカットがのびると後ろのカットの頭が短くなったり、その逆になったりします。
F5

2クリップの合計の長さは変わりません。


・オーバートリミング
クリップを長くする際に、元々のクリップの長さを超えてもっとのばすとどうなるのでしょう。
クリップをのばしていくとクリップ色が途中から紫色に変わります。
F6

ここが元々のクリップの端になります。紫色の部分はクリップの最後のフレームが表示されています。

備考:
カット点付近をクリックしたままドラッグすると緑色の縦線が表示されます。
F7

この場合はクリップを短くするとその分穴ができて、クリップを長くすると隣にあるクリップを上書きする形で消していきます。


クリップの長さは後から自由に調整できるので、最初のクリップを並べていく段階ではあまり神経質にならずに進めていくのが良いでしょう。
並べた後に一連のクリップを再生しながら、それぞれのクリップの使いどころをトリミングを使って試行錯誤した方が善し悪しが分かると思います。
「な~んかリズムが合わないな」と思ったらクリップの長さを調整してみると良いかもしれません。



Avid Studio の詳細はこちら!

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.