« Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.2 - クリップをプレーヤ画面 | メイン | Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.4 - タイムラインで編集する2 »

2011年9月 7日 (水)

Aの遺伝子: Avid Studio レポートNo.3 - タイムラインで編集する1

PST Training Station小池です。
3回目は「タイムラインで編集する1」です。

前回、プレーヤのソースタブにクリップを表示してそこでイン、アウトを打つというところまでやりました。今回はクリップをタイムラインに編集してみましょう。


・タイムラインにクリップを編集する
まずファイルメニューから「新規作成」>「ムービー」を選択して新しいタイムラインを表示させます。
F1

ライブラリからタイムラインにドラッグする場合は、当然ドラッグした場所に編集されますが、プレーヤから編集する場合はタイムラインの再生ライン(赤い縦線)が編集される位置になります。

タイムラインの再生ラインがタイムラインの先頭にあることを確認します。

タイムライン左端にあるトラックヘッダのうち、クリップを編集したいトラックが選択されていることを確認します。
F2

トラックの概念は他の多くの映像編集ソフトと同じく「下から上に積み上げる」なので、タイムラインの上のトラックが優先して表示されます。
複数の映像を同時に表示したい場合、BGMなど別途音のクリップがある場合などに複数のトラックを使います。

プレーヤ左下の矢印ボタン(タイムラインにクリップを移動またはドラッグします)をクリックします。
F3

これで再生ラインの位置にクリップが編集されました。
F4

タイムラインの再生ラインを先頭まで戻して再生すると、プレーヤのタイムラインタブに映像が表示されます。

まずはいくつかクリップを並べてみましょう。

次のクリップをプレーヤに表示して、イン、アウトを打ち、再生ラインを1カット目の後ろに移動します。
この時プレーヤ下部の「最後に移動」ボタン(もしくはキーボードのEndキー)を使うと正確に移動できます。
プレーヤ左下の矢印ボタンをクリックします。

これで2クリップ編集できました。あとは同じ事の繰り返しですね。
F5

・割り込みの編集
今度はタイムラインに編集されているクリップとクリップの間に新しいクリップを割り込ませて編集してみましょう。

新しいクリップをプレーヤに表示して、イン、アウトを打ちます。
タイムラインの再生ラインをどこかのクリップとクリップの間に移動します。
この時プレーヤ下部の「後方に移動」「前方に移動」もしくはキーボードのpage up / downキーをつかうと正確に移動できます。
F6

プレーヤ左下の矢印ボタンをクリックします。
これでクリップを割り込んで編集できました。
F7

・スマート編集モード、挿入/上書きモード
既にクリップが編集されている場所に新しいクリップを編集すると自動的に割り込みの編集となりました。
本来は割り込む編集(挿入モード)と上書きの編集(上書きモード)があります。
編集の方法を選択するには「モードオプション」から目的の編集モードを選びます。
上から、スマート編集モード、挿入モード、上書きモード
F8

挿入と上書きモードの他に、スマート編集モードがあります。
スマート編集モードではAvid Studioが状況を判断して挿入か上書きかを決めます。初期設定ではスマート編集モードが選択されています。スマート編集モードで作業をしていて、もし 目的のものとは違うモードで編集されてしまう場合は挿入、上書きモードを選ぶと良いでしょう。

備考:
プレーヤ左下の矢印ボタンからタイムラインにドラッグすることでも編集できます。この場合はキーボードのAltキーを 押しながらドラッグすると割り込みと上書きの機能が切り替わります。例えばスマート編集モードで、普通にドラッグすると割り込みの編集になる際にAlt キーを押したままドラッグすると上書きの編集になります。

BGMなど他のクリップを映像のクリップと同じタイミングで編集する場合は、タイムラインの他のトラックヘッダを選択して同じ要領で編集します。
上の方のトラックは映像を複数表示する際に使うことにならうので、音のクリップは映像のクリップを編集したトラックよりも下のトラックに編集すると良いでしょう。


・保存する
取り敢えず編集が一段落したら保存をします。
ファイルメニューから「ムービーを保存」を選んでファイル名、保存先を決めます。
F9

保存された「.AXP」という拡張子のファイルは「タイムラインにどのクリップがどの順序で編集されているか」という編集内容を覚えています。
次回編集を続ける際は保存したファイルをダブルクリックするとAvid Studioが起動してタイムラインに編集したクリップが表示されます。
別の作品を作る場合はまずファイルメニューから「新規作成」>「ムービー」を選択して新しいタイムラインにクリップを編集して保存します。
また、ファイルメニューの「名前をつけて保存」で現在使用しているタイムラインを別名で保存できます。

編集している作品1つ1つがそれぞれファイルとして保存されるというイメージですね。

例えば旅行に行った時に撮影したムービーを編集する場合、
旅行に行った人達が記録として楽しむ為の編集
離れて暮らしている親戚などに見てもらう為の編集
は内容が変わってくるはずです。

同じ素材から複数の作品を作る場合もおおいと思うので作品のファイルを活用しましょう。



Avid Studio の詳細はこちら!

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.