« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月18日 (金)

OMNIポストプロダクション、Avid共有ストレージでAdobe Premiere Proおよび Final Cut Pro Xを最大限に活用

Photo_2

 
OMNI produksjonは、ノルウェーの首都オスロ―から南へ120㎞の町ハルデンに拠点をおくポスト・プロダクションです。企業プロジェクトと映画・TV制作を専門に扱う同社では、最近、ビデオ編集、カラーコレクション、8Kのスクリーニング運用の基礎として、Avid ISIS | 1000共有ストレージを導入しました。OMNIの創立者Trond-Atle Bokerød氏は、ISIS | 1000を選ぶ理由と、それが同社の成果に与えている大きなインパクトについて次のように説明します。

「ノルウェーの番組制作会社で、ポスト・プロダクションのプロデューサーを務めました。また、国内の数々の大規模ポストプロダクションで働いてきました。地元に戻った時も、TVと映画業界で働きたいと考え、7年前、自分で会社を始めました。今は、エネルギーや石油会社の仕事が75%、そして25%がTV番組と映画の仕事です。

編集システムには、Apple Final Cut ProやAdobe Premiere Pro等、様々な卓越した制作ツールを使用します。しかし、それらのツールで共有できるストレージ・サーバーがありませんでした。そこで、Avid ISIS | 1000を導入し、Adobe Premiere Pro、Apple Final Cut Pro X、DaVinci Resolveカラーコレクション・システム、その他のプログラムで使用しています。効率的なワークフローは、ここで行うような仕事には不可欠です。ここの設備に十分対応するものが、他にはありませんでした。」

 

Trondatlencebackgroundcopy3

Avid ISIS | 1000は、思い通りの仕事を、手頃な価格で可能にしてくれました」

Trond-Atle BokerødOMNI創立者

 

「ストレージは、OMNIのエコシステム環境で大きな部分をしめています。昨年、ビジュアライゼーションおよびシミュレーション用に、ノルウェーでは唯一、8Kの大型スクリーンを使い始めた時、ストレージは最優先事項の1つとなりました。OMNIにとって、ストレージはストーリー制作においてもインパクトを与えました。幅15m×高さ3.5mのスクリーンに、画をすぐに映せるかどうかが重要になります。再生は、7thSense Deltaメディア・サーバーとつないで行います。

使い始めた当初、大型スクリーンに表示するためにファイルをインポートするには、外部のハードディスクから作業しなければなりませんでした。これには、大規模サーバーが必要であり、実用的ではありませんでした。数多くのサーバー・ソリューションを調査しましたが、どれも大変高額でした。

それで、ノルウェーのAvidチャネル・パートナーであるVideo 4に相談しました。Video 4とは長い付き合いで、いつも、協力し、支援してくれます。そして、サーバー・ソリューションを検討していると話すと、「OMNIに必要なのは、ISIS | 1000でしょうと提案されました。

彼らの言うことに間違いはありませんでした。Avid ISIS | 1000は思い通りの仕事を、手頃な価格で可能にしてくれました。それまでは、5分のフィルムをエクスポートするのに、2時間から3時間かかりました。今では、15分で終わる上に、ISIS | 1000から直接再生することができます。」
 

Trondatletechcopy3

 

「サーバーは、10月末に設置しました。設置直後から、間断なく動いています。全てが思い描いた通りにうまくいっています。システムを初めてテストした時、フリーランスのスタッフも含め、誰もが歓声をあげました。

OMNIは、オスロ―から車で約90分のところにありますが、インターネット接続により、クライアントとの接続も問題ありません。法人相手の仕事では、迅速な納品が全てです。彼らは、全てを明日欲しがります。それゆえ、適切なハードディスクを探すのに多くの時間を費やすことはできません。そして、協業的なワークフローは、とても重要です。外付けのハードディスクは、Avid | ISISのスピードと柔軟性に決して対抗できません。

言ってみれば、プロジェクトに何時間費やすかということです。ISIS | 1000を設置した日、私たちは初めて4時に退社しました。たった1つの変更で、コピーに3時間かかっていた大型スクリーンのプロジェクトが、突然1時間もかからなくなったのです。

仕事のやり方は、わずか一週間で変わり始めました。増えるプロジェクトやクライアントに対応するために、一年以内に、ISISシステムがもう一基必要になるだろうと考えています。フルタイムで働くスタッフ2人と最大4人のフリーランスを抱える小さな地元企業として成功を収めてきましたが、ISIS | 1000の能力や性能は、拡張の可能性と新たなスタッフ雇用の可能性を与えてくれました。私たちのような会社には、とても良い知らせです。」

  


 

Isis1000right

ISIS | 1000でパワーと信頼性を獲得

ISIS | 1000は、編集作業のリアルタイム・コラボレーションとあらゆるメディア・ワークフローを加速するために必要なバンド幅を提供します。ISIS | 1000の高性能ファイル・マネジメント機能は、Avidだけが提供できるデータ保護、柔軟性、拡張性を提供し、Avidと3rdパーティ製システムとの連携を可能にします。(製品ページ | データシート

  


 

オリジナルブログ著者

Photo

ケリー・ミドルトン

Avid UKのフィールド・マーケティング・マネージャーとして、メディア業界の興味深く、刺激的なアーティストやコンテンツ・クリエイター、コンテンツ・ディストリビューターと楽しく仕事をしています。Avid Blogでは、UKから業界の最新ニュースをお届けします。

  


[Avidプレスリリース]CNN IndonesiaAvid Everywhereにより新たな24時間ニュース・チャンネルに対応するワールドクラスの制作ワークフローを構築


CNN Indonesia、Avid Everywhereにより新たな24時間ニュース・チャンネルに対応するワールドクラスの制作ワークフローを構築


~ CNN Indonesia は、Avid MediaCentral Platformにより、コンテンツ制作を加速、コラボレーションを強化、6つの支局を効率的な1つのワークフローに統合 ~

 

20151218日(金) - Avid®(NASDAQ: AVID)は、2億5500万人の放送エリアを持つ放送機関CNN Indonesiaが 、設立から一年足らずで24時間 TVチャンネルを開始するために、Avid Everywhere™ を採用したことを発表しました。Avid MediaCentral™ Platformを基に構築されたエンド・トゥ・エンドの新たな放送ワークフローにより、CNN Indonesiaは6か所の放送支局を繋ぎ、厳しい締切の下で素早くコンテンツを制作し、ニュース速報の配信を加速することができます。

「CNN Indonesiaのようなニュース放送機関は、他のネットワークとの厳しい競争に直面しています。それゆえ、ニュース速報の素早い制作と、最大限の視聴者へ迅速な配信を可能にする最先端ソリューションの導入が不可欠です」とAvidのインターナショナル・セールス担当バイスプレジデントのトム・コーディナーは話します。「CNN Indonesiaのリポーターは、Avid Everywhereのパワーを活用することで、現場から本局内にあるメディア・アセットにアクセスし、現場で撮影した映像と本局内のメディアを合わせて完パケを作成、そしてニュースの完パケを送り返して、共有ストレージ・システムに接続している他の人が利用できるようにしています。これで、制作を大幅に加速することができました。」

CNN Indonesiaは、2015年8月、Turner Broadcastingとインドネシアのメディア・グループPT Trans Media Corporationによる合弁事業としてラウンチしました。放送ネットワーク全体を一年以内に立ち上げて稼働しなければならず、その厳しい期限に間に合わせるには、Avid グローバル・サービス・チームのエキスパートとの密接なコラボレーションが不可欠でした。

PT Trans Media Corporationのテクニカル・ディレクターJohnny Yeung氏は次の話します。「Avidは、ニュース制作とマネジメントに対する弊社の厳しいニーズに対応し、信頼と実績あるソリューションから成るエンド・トゥ・エンドのターンキー・ソリューションを提供してくれました。これにより、時間を大幅に削減できました。ニュース放送ビジネスでは適時性こそ、勝敗を分けるカギなのです。これは弊社にとって大きな成果であり、何よりもAvidの惜しまぬ努力のおかげです。」

CNN Indonesiaは、ジャカルタの本局に加えて、インドネシア全土の都市にある6つの支社から成ります。制作チームを繋ぐために、CNN IndonesiaはAvid Media Suiteの高性能メディア・マネジメント・ソリューションを導入しました。CNN Indonesiaでは、ニュース・コンテンツの作成および配信の核にAvidのニュースルーム・マネージメント・システムを配備し、記者、現場レポート、プロデューサー、エディターは、刻一刻と変わる状況情報、フィード、ストーリー、概要報告へ瞬時にアクセスすることができます。

Avid MediaCentralプラットフォームにおけるクラウドベースのWebフロントエンドであるAvid MediaCentral | UXにより、現場の制作チームは、ノートパソコン、タブレット、モバイル機器を使用して、簡単にメディアへアクセス、プロジェクトで作業、ストーリーを編集することができます。メディア・アセットを完全集中管理するInterplay® | Production メディア・アセット・マネジメント・システムにより、国内にちらばる100人以上のレポーターやプロデューサーが、容易に協業し、メディアを共有し、プロジェクトの作業を同時に行うことができます。Media Composer® | Cloud ビデオ編集ソフトウェアにより、地方の支局はジャカルタの本局からデータを読み出し、離れた場所でクリップを編集、完成したニュース・ストーリーを放送用に送り返すことができます。

24時間365日稼働により作り出される膨大なメディアを効率的に保存、アーカイブするため、CNN IndonesiaはAvid Storage Suiteの最先端メディア・ストレージ・システムを導入しました。全てのメディアは、完全に統合、接続されたAvid共有ストレージ・システムに保存されます。ネットワークで繋がることで、リポーター、プロデューサー、エディターは、居る場所に関係なくメディアにアクセスでき、編集、共有することができる制作環境を構築しています。

 

 

CNN Indonesiaについて

2015年に創設されたCNN Indonesiaは、インドネシア・ジャカルタに拠点を置く24時間ノンストップ放送のニュース放送機関です。この放送局は、Turner Broadcastingとインドネシアのメディア・グループPT Trans Media Corporationとの合弁事業です。

 

 

Avidについて

"Avid Everywhere™”ビジョンを通じて、Avidは、栄えある賞に輝く映画作品、テレビ番組、ニュース番組、スポーツイベントのテレビ放送から、音楽録音、ライブ・コンサートツアーにいたるまで、世界中が観て、聴いて、愛するメディアの協調制作、アセット保護、配信のためのデジタル・オーディオとビデオ・テクノロジーを開発し、業界で最もオープンで、革新的かつ包括的なメディアプラットフォームを提供します。 Avidの最も有力で先進的なソリューションには、Pro Tools®、Media Composer®、ISIS®、Interplay®、ProSet、RealSet、Maestro、PlayMaker、Sibelius®などがあります。

アビッド テクノロジー株式会社は米国Avid Technology の100%日本法人です。www.avid.com/jp/

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 03-3505-7937(代表) news_jp@avid.com

 

 

2015年12月17日 (木)

2016年1月22日開催! Avid Media Composer 4K編集体験フェア

池上通信機株式会社

Images_3

Avid Media Composer 4K編集体験フェア

~手頃な価格から導入できるAvid編集機をご紹介~

会期:2016年1月22日(金) 11~18時(受付終了17時30分)

会場東京国際フォーラムガラス棟4階G407

※ガラス棟入口よりエスカレーターで地下1階に下り、 エレベーターで4階のG407会場にお越しください。

展示内容

1. Avid 認証PCを使用したMedia Composer 編集環境のご紹介

4K60p再生にも対応するハイスペックPCによるパフォーマンスの 紹介から、Media Composerの機能を活用した4Kオフライン編集、 ノートPCでの編集など、幅広い編集環境をご覧ください。

Hp_z840

展示予定機器

HP社製 Z840 ワークステーション+ Avid Artist | DNxIO  HP社製 Z440 ワークステーション

Dell社製 Precision モバイルワークステーション

Apple社製 Mac Pro + Avid Artist | DNxIO

2. ISIS | 1000 小規模素材共有システムのご紹介

小規模な編集システムの導入に最適な素材共有サーバ、ISIS | 1000を展示します。上記編集機を使用しての高いパフォーマンスをご覧ください。

Isis1000left

3. Media Composer 4K編集機能のご紹介

Media Composerの最新バージョンの機能をまとめて紹介します。4K編集作業を 効率的に行う機能、また、最新のトレンドを反映した新機能の数々をご紹介します。

4. 編集室向け各種モニタのご紹介

会場にて、ご来場者様限定キャンペーンをご案内します。

お問い合わせ

池上通信機株式会社

〒146-8567 東京都大田区池上5-6-16

FB推進部TEL: 03-5748-2231

放送第1営業部 TEL:03-5748-2201 /2221

放送第2営業部 TEL:03-5748-2261

e-mail : smdpt@ikegami.co.jp

2015年12月11日 (金)

最新バージョンMC8.4.1まで!Media Composer機能リスト(バージョン5.5 / 6 / 6.5 / 7 / 8 / 8.1 / 8.2 / 8.2.2 / 8.3 / 8.3.1 / 8.4 / 8.4.1)

Media Composer機能リストをPDFで見る場合は、こちらからご覧いただけます。

旧バージョンをご使用のユーザーには、お得なアップグレード & サポートプラン・プロモーションも実施中(2015年12月15日まで)。

機能

ソフトウェアバージョン

5.5

6

6.5

7

8

8.1

8.2

8.2.2

8.3

8.3.1

8.4

8.4.1

AVC-I ハードウェア・コーデック

AMA QuickTime

Sony XDCAM / HDCAM SR Lite サポート

RTAS オーディオ・プラグイン

マルチチャンネル・オーディオ・インポート

H.264サポート

トランジション操作

AJA I/O Express サポート

Avid Artist Control、Mix、Transport

テキスト検索

マルチチャンネル・オーディオAMA

 ○

Avid Open I/O

64 bitアーキテクチャ

Stereoscopic 3D

オーディオ・サラウンド・ワークフロー: 5.1 and 7.1

DNx444

UI Redesign

Artist Colorコントロール・サーフェス

アンシラリー・データサポート

AVC-HD AMA サポート

オーディオ・ミキサーツール

ProResサポート

Interplay 24pサポート

Avid Marketplace

REDソース設定

メディア処理終了後にE-mail通知

Media Composer | Cloud

AS-02

Jpeg 2000

64オーディオボイス

オーディオキーフレームの改良

Open I/O DNxHD 100でのオーディオ・パンチイン・サポート

AMA write-back

RTASプリセット

離れたクリップのドラッグ操作

タイムライン上でのタイトル編集

DATAトラックのAFD

QT AMAソース設定

リリンク機能の改良

AMAファイルリリンク

DNxHD 100

AMAメディア管理

Dynamic Media Folders

バックグラウンドトランスコード / コンソリデート

オーディオクリップ/トラックのためのマスターフェーダー

AS-11

FrameFlex

カラーマネジメント

波形表示の高速化

タイムライン上のAMAクリップ色分け表示

リリンク時のトラック選択

オーディオ・クリップゲイン調整

Spannedマーカー

Alpha付QuickTimeのAMAサポート

XAVCサポート

Interplayのビン、プロジェクト同期

Interplay Central Messaging

フローティング・ライセンス

サブスクリプション・ライセンス

アプリケーション・マネージャ

News Option

Stereoscopicグループクリップ

クリップミュート、トラックの無効化

ARRI Amira LUT サポート

Source & Program Segment CC マージ

64-bit DAE-AAX

複数オーディオ・ミックスダウンの同時作成

タイムライン上でのタイトル追加場所指定

ドラッグによるクリップのコピー

フィラー選択の無効化

トリムエンド表示

Shift + クリックで近接するトリム点を選択

Shift + クリックで近接するトリム点を選択

フレームビューでのボーダーカラー表示

AMA OP1a DNxHD エクスポート

Avid Image Sequenceプラグイン(DPX)

AMAメディア管理機能の強化

マーカーキャンセル

"Contransicode"

オーディオ遅延補正

インターリーブ・オディオサポート

パフォーマンス・チューニング

Open I/O SDKでアンシラリー・データサポート

Red SDKアップデート

フローティングポイント・オーディオ

バックグラウンド・レンダリング

Favorite Bins

プロジェクト選択画面でのプロジェクト情報の表示

プロジェクトウィンドウQuick Filter

マーカー検索

サムネイルキャッシュ

フレームレート変更時の警告表示

DPXのDMFサポート

フローティング・ライセンスのバックアップサーバー

AVX2のGPU処理

Mac Patching

High-Resフォーマットサポート

DPXエクスポート

2K、4K、UHDサポート

BT/Rec. 2020 および DCI-P3 カラースペース

DNxHR

プロキシー・タイムライン

High-Res 4Kモニタリング

ビンQuick Filter

47.9652、48, 50、59.94、60 FPS サポート

Two-Frameセイフティ

Editing Timebase

再生レート変更

LUT管理

List Tool

Color Infoツール

Frame Countカラム

1/4、1/16、オリジナルフレームサイズにトランスコード

DNxHR QuickTime エクスポート

DNxHR OP1A MXF エクスポート

Mac GPU (AMD & NVIDIA) サポート

XAVC-I UHD & 4K 書き出し

ProTools | Duet & Pro Tools | Quartet サポート

UHD & 4Kパフォーマンス・チューニング

カスタムラスター・サポート

ProRes 高解像度メディアをネイティブ再生

XAVC-I 高解像度メディアをネイティブ再生

AAX プリセット

タイムラインおよび外部モニターでのクローズド・キャプション(英語のみ)

Alphaチャンネルを含むQuickTimeラップされた DNxHR サポート

Cloud と DMF の共存

Mac & WindowsでのGPUサポート (AMD & NVIDIA)

Artist | DNxIO サポート

Mac OS X v10.10.4 および v10.10.5 サポート

 

Media Composerの詳細については、弊社Webサイト、またはMedia Composer日本語ポータルをご確認ください。

Media Composerの購入については弊社代理店までお問い合わせください。

2015年12月 4日 (金)

グラスバレー EDIUSで「Media Hightway」によりAvid Interplayのメディアを編集するデモンストレーションをInter BEEで披露

Hoei

Marquisの日本の代理店である報映産業株式会社はInterBEE 2015においてAvid Interplay環境でグラスバレーのEdiusと完全な統合が可能なMedwayの新しい機能を初披露しました。

新しいMedwayのクライアントによりInterplayのコンテンツを直接グラスバレーEDIUSで編集することができます。ユーザーはクライアントインターフェイスの中でAvid Interplayを検索でき、サムネイルを閲覧、メディアを見つけ、編集のために選択することができます。選ばれたコンテンツはグラスバレーEDIUSにコピー、リラップ、ドロップすることができ、すぐに編集できます。

「Marquisは長期に渡ってデジタルワークフローを強化するためにソリューションを発展させ編集システムと統合してきました。」とMarquis Broadcastのマネージング・ディレクターであるクリス・スティールは話します。 「このMedwayクライアントによりグラスバレーEDIUSユーザーは、Avid Interplayのコンテンツをブラウズし、移動し、編集するパワーが与えられます。弊社が技術的なノウハウを供給し、エディターはクリエイティビティとコンテンツの配信のビジネスに集中することができます。」


オリジナル記事

関連情報:

Avid Interplay | Production

Avid製品お問い合わせ

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.