« 制作環境に求められる安定した共有ストレージ「Avid NEXIS」 | メイン | スペインのRTVEがAvid Media Central プラットフォームを使いリオ五輪放送 »

2016年8月 4日 (木)

リオ五輪でのAR(拡張現実)

2016年リオネジャネイロ オリンピックは最も没入できる試合とされています。AR(拡張現実)により、世界のどこにいようとも、視聴者をアクションのまっただ中に連れて行きます。ARはスポーツ放送にとって新しい事ではありません。

今までも放送局が簡単に3Dのバーチャルオブジェクトを作り、スタジオや野外でも、まるでそこにいようかに見える高度のデザイン・制作ツールは存在しました。

Rio16

ツールやワークフローは同じである一方、プロダクションで展開されるARはとても進化しました。今日の放送局はARをより使いこなし、何に適していて何に適していないのかより理解しています。
すばらしい物とそうでない物のラインがあります。
しかし今は放送局がコンテンツの面から技術を何年にも渡り実験し、どのように使うべきか、どのようなARが適しているか、ARをより理解しています。

それに、今は、よりパワフルなコンピューターを使い、よりリアルなグラフィックを見ることができます。 

Soccervr

多くの放送局は最近のEuro 2016 サッカー欧州選手権で素晴らしいARで進歩を示しました。
例えばフランスの放送局であるM6は、M6のパリのスタジオの中のプレゼンターであるナタリー・レノックスがテレビの中に歩き入り、ニースのサイドラインのプレゼンターであるカリーヌ・ガリへ話しかけるヘッドラインを作りました。
一方で、中国では国営放送のスポーツチャンネルであるCCTV5が非常に詳細な凱旋門のモデルを作り、ゲームのオープニング時にスタジオに現わせて、視聴者にパリのランドマークを”通りぬける”ことを可能にしました。CCTV5はまた、デジタルサンドテーブル(AvidのパートナーであるEarthMountainが作ったプロフェッショナルなサッカーのアプリケーション)を使い、 試合前の予想や毎日のライブ放送前の統計を行いました。
事前にアプリケーションに組み込まれている32の参加チームと選手の全てを使い、CCTV5のプレゼンターはその日の試合をデスクに設置されているタッチスクリーンの異なるカラーやエフェクトを使い討論することができます。
プレゼンターがスクリーンで選手の名前をドラッグすると、視聴者は選手の3Dモデルがスクリーンを走っているのを見れます。

Virtualolympics1280x720

スポーツ放送が、ファンのエンゲージメントや視聴率を上げるのを助けるためにARをどのように使うか発展し続けていっているので、私はリオデジャネイロで用意されている没入型の経験を楽しみにしています。

Avid website でAvidのARソリューションであるRealSetをご覧下さい。


オリジナルブログ著者

Useravatarpic

ジェフ・ロシカ

シニア・バイスプレジデント兼営業・マーケティング最高責任者として私はAvidでグローバルなセールスとマーケティングを行っています。

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.