f. アセット・マネジメント

2016年11月 7日 (月)

Avid Japan Blog引越しました

この度、Avid Japan BlogはAvidブログへ引越しました。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

Avideverywhere2016_2

2016年8月 5日 (金)

[Avidプレスリリース]Avid MediaCentral | UX Connectorにより Adobe Premiere Proとのオープンな連携を実現

Picture2

  


Avid MediaCentral | UX Connectorにより
Adobe Premiere Proとのオープンな連携を実現


~Avid Everywhereビジョンが、Adobe Premiere Pro CCユーザーと
Avidユーザーとのシームレスな協調作業を実現~

201685日(金) 東京Avid® (Nasdaq: AVID) は、Adobe Premiere Pro CC向けMediaCentral | UX Connectorを発表しました。このコネクタにより、Adobe  Premiere Pro CCユーザーは、Avid MediaCentral™ Platform上のAvid制作環境へ接続することが可能になります。Adobe Premiere Proユーザーが、Adobe Premiere Pro CC内部からAvid MediaCentral | UX 拡張パネルを介して、これまで以上に高いレベルでAvidユーザーとコレボレーションすることが可能となり、予算に合わせて、ワークフローに適するツールを使用することが可能になります。

Avidのバイスプレジデント兼マーケット・ソリューションズ部門のアラン・ホフは次のように話します。「使用するツールに関係なく統合された協調ワークフローをメディア制作のプロフェッショナルへ提供するという弊社の約束を、このオープンなMediaCentral Platformが実践します。Adobe Premiere Pro CC向けAvid MediaCentral | UX Connectorを通じて、Avidメディア・マネジメント・システムの高い柔軟性、効率性、コラボレーション能力をAdobe Premiere Pro CCユーザーにご提供します。」

Adobe Premiere Pro CC向けAvid MediaCentral | UX Connectorを使うと、Adobe Premiere Pro CCユーザーインターフェース内にMediaCentral | UXユーザーインターフェースが表示されます。Adobeエディターは、このMediaCentral | UXユーザーインターフェースからInterplay® | ProductionInterplay | MAM およびiNEWS®などのAvidワークフロー・ソリューションに接続することができます。その結果、Adobe Premiere Proを使用しているクリエイティブ制作部門がより多くの制作アセットにアクセスできたり、制作チーム内でのスタッフの繋がりを高め、リソースをより活用することが可能になります。また、AdobeとAvidエディターの両方がアセットをより簡単に管理できるようになるほか、非クリエイティブな制作タスクを自動化、制作プロセス全体を通して作業コストを低減することが可能となるため、AdobeとAvidユーザーのワークフロー効率性を向上します。

Adobe社プロフェッショナル・ビデオ部門のパートナーリレーションズの部長であるスー・スキッドモア(Sue Skidmore)氏は語ります。「Adobeユーザーにとって、オープンで互いに繋がるシステムは長年の目標でした。この統合により、クリエイティブ制作に関わるユーザーにより最適な経験を提供することができるようになります。Adobe Premiere Pro CC向けAvid MediaCentral | UX Connector は、異なるベンダーのソリューションを統合することで、無駄な時間を省きリソースの有効活用を可能にします。つまり、メディア制作プロフェッショナルは、クリエイティブな作業に集中できる環境でコンテンツ制作に打ち込むことが可能になるのです。」

Adobe Premiere Pro CC 向けAvid MediaCentral | UX Connectorにより、Adobe Premiere Pro CCエディターは、下記のことが可能になります。

  • AvidアセットをAdobe Premiere Proプロジェクトでの編集用に登録:
    • Adobe Premiere Pro対応フォーマットでマスタークリップをチェックアウト(登録)
    • Premiere Pro編集用のシンプルなシーケンスをチェックアウト(登録)
    • レンダリングしたシーケンスをAvidへ戻す
    • Adobe非対応のAvidメディアについては、オプションのMXF OP-1aおよびシンプルなXMLショットリストへの変換でアクセス可能
  • Media | Index 経由で、メディアアセットを検索
  • MediaCentral | UXの他のユーザーとチャット
  • データベース階層内をナビゲーション
  • メタデータを閲覧、追加、修正

  

 

Avidについて

"Avid Everywhere™”ビジョンを通じて、Avidは、栄えある賞に輝く映画作品、テレビ番組、ニュース番組、スポーツイベントのテレビ放送から、音楽録音、ライブ・コンサートツアーにいたるまで、世界中が観て、聴いて、愛するメディアの協調制作、アセット保護、配信のためのデジタル・オーディオとビデオ・テクノロジーを開発し、業界で最もオープンで、革新的かつ包括的なメディアプラットフォームを提供します。 Avidの最も有力で先進的なソリューションには、Pro Tools®、Media Composer®、ISIS®、Interplay®、ProSet、RealSet、Maestro、PlayMaker、Sibelius®などがあります。

アビッド テクノロジー株式会社は米国Avid Technology の100%日本法人です。www.avid.com/jp/

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 03-3505-7937(代表) news_jp@avid.com

 

2016年6月16日 (木)

7月28日(木)、29日(金) Avid@ケーブル技術ショー

Calbe

開催日時:

  • 7月28日(木) 9:30〜18:00
  • 7月29日(金) 9:30〜17:00

開催場所: 東京国際フォーラム

入場料: 無料(入場登録制)

Avid Booth # 60

展示予定:

Avid NEXIS | E4

Avid NEXIS | PRO

Nexis2_34K HDRソリューションやメディア管理システムを展示  

Avid 4K編集スターターパッケージ

業界標準のノンリニア編集ツール「Media Composer」、小規模ポストプロダクショ ン向けエントリーレベルのメディア共有ストレージ「NEXIS | PRO」、最新のビデオ・インターフェー ス「Artist | DNxIO」を組み合わせた、よりコストパフォーマンスに優れたターンキーシステム・パッケージです 。 共有ストレージNEXIS やArtist | DNxIOは、Media ComposerやPro ToolsはもちろんのことAdobe Premiere、Apple Final Cut Pro、Grass Valley EDIUS等3rd partyのNLEにも対応しています。展示ではEDIUS(REXCEED)やPremiereも接続してご紹介します。

 

4kstarterpackage_3

Interplay | Production

世界各国の2,100以上の導入実績を持つメディア管理システムです。
多様なサードパーティのプラグインやアプリケーションと連携することで、PremiereやEDIUSとの接続やLTOやODAのアーカイブシステムとの連携も実現します。

Mediacomposer_boxshot_right_17aug_2

Avidブースにお越しいただき、アンケートに答えていただいた方の中から抽選で毎日2名様に

Media Composer永続ライセンスを、毎日3名様にMedia Composer年間サブスクリプション・ライセンスをプレゼント!

(※当選は発送を持って代えさせていただきます。)

参照:

Media Composerライセンスの種類

Media Composerの使い方はエッセンシャルマニュアルをご参照下さい。

2016年5月11日 (水)

Avid @ 東北映像機器フェスティバル 2016

Tohoku

2016年6月2日(木)、6月3日(金)に仙台国際センターにて「東北映像機器フェスティバル」が開催されます。NAB2016で発表した新製品をいち早く仙台に持っていきますので是非Avid販売代理店ブースにお越し下さい!

■ 名 称   「東北映像機器フェスティバル 2016」

■ 開催日時  2016年6月2日(木) 10:00〜17:00
           2016年6月3日(金) 10:00〜16:00    
■ 場 所    仙台国際センター 展示棟 青葉山コンソーシアム(指定管理者)
         〒980-0856 仙台市青葉区青葉山無番地
         Tel. 022-265-2211(代表)
         Fax. 022-265-2485
  
■ 主 催   一般社団法人 東北映像製作社協会

■ 入 場   無料


今年の NAB2016で Avid は、Avid Everywhere 構想の次の段階となる新製品とソリューションを発表しました。その中でも注目すべきはAvid NEXISです。東北映像機器フェスティバル2016の全てのAvid販売代理店ブースでAvid NEXISをご覧いただけます。

Nexis2_2

次世代インテリジェント・メディア・ストレージ: 今年のNABで発表したAvid NEXIS™ は、ストレージの完全仮想化を実現する業界初、業界唯一のソフトウェア定義ストレージ・プラットフォームです。メディア企業は、プロジェクトの進行中でもワークフローを中断することなくストレージ容量を調整することができます。Avid NEXISは、Avidおよびサードパーティ・ベースのいずれのワークフローにおいても、比類ない柔軟性、拡張性および制御を提供します。大規模メディア企業同様に、小規模制作にもパワフルに対応できるよう設計されたAvid NEXISは、あらゆるステージで、事業と共に拡張する柔軟性を提供する唯一のストレージ・プラットフォームです。

Avid Everywhereのオープン性により、Avid NEXISは、Media Composer®Pro Tools®、Apple Final Cut Pro、Adobe Premiere Pro、Grass Valley EDIUSをはじめとする全ての主要メディア制作アプリケーションに対応します。制作チームは仮想化されたストレージ・リソースの共有プールへ素早くアクセスして、効率性を劇的に向上できます。


Avidの製品は下記のAvid販売代理店のブースでご覧になれます。

報映産業株式会社

  • 4K/HDRに対応したMedia Composer v8.5を展示・デモンストレーションします。
  • Grass Valley EdiusをAvid NEXISに繋いだ編集システムの展示
  • NAB 2016最新情報
  • NAB 2016の製品アップデートと「報道セミナー」をブースで開催

セミナータイトル:『報道のメディア制作とメタデータの統合を実現するAvidソリューション』

Avid Everywhere構想に基づく最新のInterplay | Production、Media Composer | Cloud、Media Central | UX、報道支援システムとの連携等Avidの報道ワークフローをご紹介致します。

Avidの報道ソリューションは、回線収録から編集、オンエア、ライブラリまで報道制作に関わる全ての工程を強力にサポートするトータルソリューションです。またメタデータについては報道支援システムと完全に連携しているので、ディレクター、記者、編集マンの間で情報が抜け落ちる心配がありません。

Jnews

報道セミナーは、東北映像機器フェスティバル2016開催期間中随時開催しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

展示予定機材:NEXIS | PRO Media Composer (4K/HDR対応)

 

株式会社フォトロン

Avid NEXISとMedia Composer、DaVinci Resolveとの連携4K/HDRワークフローを展示・デモンストレーションします。

展示予定機材:NEXIS | PRO Media Composer (4K/HDR対応)、Artsit | DNxIO

Avid Artist | DNxIO

Dnx

Artist | DNxIOは、SD/HD/UHD/2K/4Kメディアをはじめ、さらに上の高解像度(60fps、12-bitカラーまで)、2D、3D、カスタムラスターのスムーズかつスピーディな制作ワークフロー構築を可能にするよう設計されたプロフェッショナル向けパワフルなビデオI/Oインターフェースです。Artist | DNxIOを使うことで、メディアを最高のクオリティで素早くキャプチャ、モニタリング、アウトプットが可能です。Media Composer、Pro Tools、DaVinci Resolve、Final Cut Pro、Premiere Pro、Grass Valley EDIUS などの様々なクリエイティブ・ツールに対応します。豊富なアナログ/デジタル入出力接続に対応しているため、あらゆるカメラ、デッキ、ディスプレイ、機器と一緒に使用することができます。(製品ページ | データシート

4kstarterpackage

池上通信機株式会社

Dnx_3

4K/HDR対応Media ComposerV8.5+メディア共有ストレージAvid NEXISの編集システムを展示します。

展示予定機材:NEXIS | PRO Media Composer (4K/HDR対応)、Artist | DNxIO

4kstarterpackage_2

共信コミュニケーションズ株式会社

展示予定機材:Avid NEXIS | PRO の4K制作ワークフローを展示します。

Nexis

 

(※展示・デモ内容は変更する可能性もあります。)

お近くの方は足を運んでいただければ幸いです。

 

2016年4月18日 (月)

Avid Connect 2016速報!新しいストレージ製品『Avid NEXIS』、エンド・トゥ・エンドLongGサポート、MediaCentral PlatformとAdobe Premiere Proとのコラボレーションを発表

NAB 2016に先駆けて、今年で3回目となるAvid Connectを4月17日&18日にラスベガスのWynn Las Vegasホテルにて開催しました!今年も様々な発表が行われました。このブログでは、Avid Connect 2016の様子を速報でお届けします。 

Dscn5146_2

 

まず初日の午前中は、CEOのルイス・フェルナンデスJr.がAvid Everywhere最新アップデートからです。

Dscn5143 

今年のNAB期間中、Avidブース(ブース#902)では、Pro Toolsクラウド・コラボレーションの展示・デモを予定しています。Avid Connectでも、アーティスト・コミュニティから素晴らしいギターリストを見つけ、クラウド・コラボレーション経由でセッションを共有・共同作業し、CM制作するデモをご覧頂きました。

Dscn5161_2

MediaCentral PlatformとAdobe Premiere Proとのインテグレーションを発表しました。Premiere Proから、Interpaly | PAMやInterplay | MAMなどのAvidプラットフォームにある素材をダイレクトにビンに入手したり、編集結果をAvid環境に送ることができるようになります。

Dscn5182

 

Avid Spark、Maestro、Playmaker、4Designerなどのスポーツ&グラフィックス製品もAvid MediaCentral Platformに組み込まれ、よりパワーアップしています。

Dscn5195

さらに、次世代のファイル転送環境に対応するVideo over IP、Panasonic Long Gビデオフォーマットのエンド・トゥ・エンドワークフロー対応なども発表されました。

Dscn5300

 

 

…そしていよいよ、今年の発表の目玉、ネクスト・ジェネレーション・インテリジェント・ストレージ『Avid NEXIS』の発表です!

Dscn5211

Dscn5223

Newnexisblack

Avid NEXISは、リアルタイムのメディア制作のための拡張性の高いインテリジェントなストレージです。

制作規模に応じてストレージ・エンジンを選び、ニーズに応じて柔軟に拡張することができます。小規模なワークグループや施設向けにはNEXIS | PRO、中規模もしくは大規模制作向けにはNEXIS | E2 / NEXIS | E4から選択いただけます。System Directorが内蔵されており、メタデータを高度に管理します。大規模な制作環境の場合には、外付けのNEXIS | System Director Applianceを追加することで、最大1.44 PBのストレージ容量(24個のメディア・パックを使用、合計帯域幅9.6 GB/s)、330のアクティブ・クライアント、2,000万ファイルまで拡張することが可能です。セキュリティのオプションも豊富で、ディスク障害からのメディア損失を防ぎます。ハードウェアも冗長化構成が可能で、現代そして将来のメディア制作に最適です。

Avid NEXISの詳細は弊社Webページを御覧ください。

 

また2日目のAvid Connectでは、MediaCentralプラットフォームの仕組みもご紹介。今後、オープンプラットフォームによる、Connectivity Partnerはますます増えることでしょう。

Dscn5293_2

 

 

いよいよ明日から、NAB 2016が始まります。Avid(SU 902)ブースの様子もお届けしますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

2016年3月16日 (水)

【Avidプレスリリース】Avid Everywhere、ポスプロtwofour54の4Kワークフローを変革

Avidlogo_light


Avid Everywheretwofour54のワークフローを変革


~ Avid MediaCentralプラットフォームが、処理能力を拡大しコラボレーションを促進。
並外れたコンテンツ制作を実現するオープンで安定した4Kインフラストラクチャを提供~

2016316日(水) 東京   Avid® (NASDAQ: AVID) は、中東随一の受賞歴を誇るポストプロダクションtwofour54が、Avid Media Suiteの高性能メディア管理ソリューションとAvidサービス契約の締結により、制作プロセスを効率化、一元管理化したことを発表しました。これにより、Avid Everywhere™のパワーを活用するtwofour54では、Avid MediaCentral™ プラットフォームを基盤とする、信頼性、柔軟性及びコスト効率の高いエンド・トゥ・エンドの4Kワークフローをクライアントへ提供することが可能になりました。

アラブ首長国連邦アブダビのメディア&エンターテインメント・フリーゾーンであるtwofour54は、地域におけるアラブのメディアとエンターテイメントの展開を促進し、映画やブロードキャスト・プロジェクトにプロダクションおよびポストプロダクション・サービスを提供します。限られた予算で運営する同施設では、競争力を維持し、革新的という評判を保ちながら、より多くの映画制作者やハイエンドの放送コンテンツ制作者を惹きつけるために、効率性及び拡張性が高く、ストレージ容量を拡大したインフラストラクチャに置き換える必要がありました。

twofour54のフィルム&TVシリーズ部門のコマーシャル・チームを率いるJamal Al Awadhi氏は次のように話します。「新たなインフラストラクチャ・ソリューションによるエンド・トゥ・エンドの4K環境では、協調作業ができ、私たちが高く評価されている高品質のサービスを維持することができます。3rdパーティ製システムに対応するAvidソリューションのオープン性はとても素晴らしい。また、ストレージ容量を追加することで、より多くの顧客にサービスを提供できます。」

綿密な調査の後、twofour54ではメディア制作インフラストラクチャをInterplay® | Production Interplay | Archive アセット管理システムでアップグレードし、Avid MediaCentralプラットフォームのクラウドベースのWebフロントエンドである Avid MediaCentral | UXを実装しました。また、チームはリアルタイムのSD、HD、4Kコラボレーションが可能で、大規模プロジェクトでは制作を中断することなく容量を増減できるAvidの企業向けストレージ・ソリューションを選択しました。Avidストレージ・ソリューションは、Adobe PremiereやApple Final Cut Proを含む3rdパーティ製の編集ソリューション、および、Avid DNxHR®、REDCODE 5K、4K DCI (DPX)、ProRes, XAVC、Sony F55 RAW 4K等、多彩な高解像度メディア・フォーマットにも対応します。

twofour54は、Avid編集システムの無償ソフトウェア・アップグレードが含まれるAvid SLAに契約しました。これにより、施設全体でコスト効率の良いアップグレードが可能になります。エンタープライズ・ソリューションには、ビデオ素材のアーカイブに対応するSpectra Logic社のBlackPearl™ Deep Storage GatewayおよびSpectra® T120テープライブラリも含まれます。

AvidのEMEAセールス担当バイスプレジデントのトム・コーディナーは次のように話します。「Avid Everywhereを採用することで、twofour54は、競争力を維持し、新規顧客を惹きつけることが可能になりました。Avid共有ストレージとライセンスの柔軟性により、将来的な要件に対応するオープンで拡張可能なソリューションを確保しながら、目の前のニーズに対応することができます。」

 

 

Avidについて

"Avid Everywhere™”ビジョンを通じて、Avidは、栄えある賞に輝く映画作品、テレビ番組、ニュース番組、スポーツイベントのテレビ放送から、音楽録音、ライブ・コンサートツアーにいたるまで、世界中が観て、聴いて、愛するメディアの協調制作、アセット保護、配信のためのデジタル・オーディオとビデオ・テクノロジーを開発し、業界で最もオープンで、革新的かつ包括的なメディアプラットフォームを提供します。 Avidの最も有力で先進的なソリューションには、Pro Tools®、Media Composer®、ISIS®、Interplay®、ProSet、RealSet、Maestro、PlayMaker、Sibelius®などがあります。

アビッド テクノロジー株式会社は米国Avid Technology の100%日本法人です。www.avid.com/jp/

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 03-3505-7937(代表) news_jp@avid.com

 

 

2016年1月20日 (水)

メ~テレ 局内「4K一貫制作システム」を稼動

Nagoyatv_story_header_w520


2015年9月、 レギュラー番組の4K特番『BOMBER-E ダンスナイトSP』制作にあたり、メ~テレの4K編集室がデビューしました。 カラーグレーディングシステム、有機ELマスターモニターを取り入れた東海エリア初のHDR対応編集室でもあります。

「次世代放送の先進局」であるメ~テレのAvid 4Kソリューションの導入事例、是非こちらよりPDFをダウンロードしてご覧下さい。


Avid製品のお問い合わせ

2015年12月 4日 (金)

グラスバレー EDIUSで「Media Hightway」によりAvid Interplayのメディアを編集するデモンストレーションをInter BEEで披露

Hoei

Marquisの日本の代理店である報映産業株式会社はInterBEE 2015においてAvid Interplay環境でグラスバレーのEdiusと完全な統合が可能なMedwayの新しい機能を初披露しました。

新しいMedwayのクライアントによりInterplayのコンテンツを直接グラスバレーEDIUSで編集することができます。ユーザーはクライアントインターフェイスの中でAvid Interplayを検索でき、サムネイルを閲覧、メディアを見つけ、編集のために選択することができます。選ばれたコンテンツはグラスバレーEDIUSにコピー、リラップ、ドロップすることができ、すぐに編集できます。

「Marquisは長期に渡ってデジタルワークフローを強化するためにソリューションを発展させ編集システムと統合してきました。」とMarquis Broadcastのマネージング・ディレクターであるクリス・スティールは話します。 「このMedwayクライアントによりグラスバレーEDIUSユーザーは、Avid Interplayのコンテンツをブラウズし、移動し、編集するパワーが与えられます。弊社が技術的なノウハウを供給し、エディターはクリエイティビティとコンテンツの配信のビジネスに集中することができます。」


オリジナル記事

関連情報:

Avid Interplay | Production

Avid製品お問い合わせ

2015年11月 9日 (月)

Avid ビデオ製品エリア 展示製品@ InterBEE

Avid ブース Hall 2 #2310

Avidブース内のビデオ製品エリアには3つのコーナーに分けて製品を展示致します。

【4K Editingコーナー】

4kstarterpackage_jp_flyer_2015070_2

Avid 4K 編集スターターパッケージをご紹介します。業界標準のノンリニア編集ツール「Media Composer システム、小規模ポストプロダクショ ン向けエントリーレベルのメディア共有ストレージ「ISIS | 1000」、最新のビデオ・インターフェー ス「Artist | DNxIO」を組み合わせた、よりコストパフォーマンスに優れたターンキーシステム・パッケージです 。SD/HD/2K/4K/UHD のプロジェクトをはじめ、カスタムラスターまでサポートし、あらゆる環境での多目的な制作用途に対応します 共有ストレージ ISIS を中心に構築することで、ストレージ容量および再生スループットの拡張、編集機の増設、ファイルベース化、協調作業の完全対応など、プロジェクトに応じて拡張性の高い柔軟な制作環境を構築することができます。

【News Workflowコーナー】

News


Avid の報道ソリューションは、今日、世界中の放送局で多数の導入実績を誇ります。在宅や支局で威力を発揮するリモート編集システムや記者用のプレビューシステムをはじめ、日本市場に適したニシコンの報道支援システムJaprsとの強力な連携機能の操作性を覧いただけます。

[News and Production Graphicsコーナー]

Avid_orad_logo_color_online_150x27


全世界で600以上の顧客が、Oradの最先端ソリューションにより、グラフィックス、ライブイベント、スポーツ放送を制作しています。Avid MediaCentral PlatformとOradソリューションの統合により、ユーザーは使用するツールの選択肢が広がり、能率化されたワークフローを実現して、効率性を向上、中断を低減し、相互運用の課題を解消することができます。InterBEEのAvidブースでは、NAB2015に発表したリアルタイム・グラフィックスのArtwork SeQuencer(ASQ)をご紹介します。

展示製品:

※展示製品は変更する可能性があります。

InterBEE出展概要詳しくはこちら

2015年11月 5日 (木)

Avid、2015年国際放送機器展 (Inter BEE)に出展

Avid Everywhere構想に基づくビデオ・オーディオ・報道ソリューションをデモンストレーション・展示


2015年11月5日(木) - アビッド テクノロジー株式会社 (本社: 東京都港区)は、2015年11月18日 (水) から20日 (金) まで3日間にわたり幕張にて開催される 2015 年国際放送機器展 (Inter BEE 2015) に出展することを発表しました。 Avid ブース は、ホール2 ブース# 2310です。

Avid Everywhere: MediaCentral Platformの推進 世界中で26,000以上のユーザーへと拡大するパートナー・エコシステムを持つAvid MediaCentral Platformは、業界で最もオープンで拡張性に優れ、カスタマイズ可能な共通のサービス基盤です。このプラットフォームは、一連のアプリケーション・スイート、マーケットプレイス、コラボレーション・ツール、柔軟なライセンス・オプション、解像度非依存、3rdパーティとの接続性等を提供し、コンテンツの制作、管理、配信に対応する業界で最もオープンで柔軟、かつ包括的なソリューションを提供します。

Avideverywhere2015

Studio Suiteの革新

報道・制作の価値を高める新たなStudio Suite : Avidは、Avid MediaCentral Platform上でOradソリューションとその他のAvidおよび3rdパーティ製品を使用するユーザー間のコラボレーションを可能にしました。InterBEEでは、業界トップのOrad リアルタイム・グラフィックスであるArtwork SeQuencerを展示・デモンストレーションします。

Media Suite の革新

制作チームのオープン性を拡大: AvidのInterplay® | MAM メディア・アセット管理はAdobe Premiere及びApple® Final Cut Pro® Xをサポートします。InterBEEでは個別ミーティング・ルームを設け予約制でInterplay | MAMのご説明を致します。 ご希望の方はAvid代理店もしくはAvid担当営業、もしくはAvid(03-3505-7937)滝沢までご連絡下さい。

Storage Suite の革新

3rdパーティ製編集システムに対するオープン性を拡大: Avid ISIS® | 1000、ISIS | 5500、ISIS | 7500 共有ストレージ・システムは、Adobe Premiere Pro CC、Apple Final Cut Pro、Grass Valley EDIUS Workgroup 8を含む幅広い編集アプリケーションをサポートします。

Artist Suite の革新

Pro Tools | S6の新たなワークフローと加速する勢い:世界中で800システムの実績を誇るPro Tools | S6にバージョン2.0および新しいミキシング・モジュールを追加し、新たな革新的ワークフローで躍進します。

InterBEEには入場登録が必要です。入場登録はこちら

次回のInter BEEブログではAvidブースメインステージのデモンストレーションのご紹介をします。

InterBEE出展概要詳しくはこちら

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.