e. 共有ストレージ

2016年11月 7日 (月)

Avid Japan Blog引越しました

この度、Avid Japan BlogはAvidブログへ引越しました。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

Avideverywhere2016_2

2016年8月 2日 (火)

制作環境に求められる安定した共有ストレージ「Avid NEXIS」

Photo_2

15 年以上前に Avid Unity MediaNetwork を発表して以来、Avid はずっとメディア制作に特化した共有ストレージ・システム の開発を続けてきました。我々が目指すのは、制作に関係するチームスタッフが、最も重要なアセットへ常にアクセスできる メディア制作環境を提供することです。最新の『Avid NEXIS』は柔軟で拡張性が高く、制御・運用しやすい次世代メディア制作向けソフトウェア定義型ストレージ・プラットフォームです。

この度、PRONEWSサイトにてNEXISが紹介されました。ワークスペースの柔軟な増減や帯域幅の設定など、NEXIS管理コンソールについても詳しく記載があります。ご興味ある方は是非ご一読ください。

 

[PRONEWS記事]
『制作環境に求められる安定した共有ストレージ〜「Avid NEXIS」』を読む >>

 


 

【参考情報】

2016年7月25日 (月)

ソフトウェア定義型ストレージによる将来性のあるメディア・ワークフロー

AvidがAvid NEXISを発表して以来、「ソフトウェア定義型ストレージって何?」という質問を沢山受けました。Avid NEXISとソフトウェア定義型ストレージを何時間もかけて説明できますが、フロスト&サリバン社より、良い参照となるホワイトペーパー(白書)がでました。 

Download

このホワイトペーパーは今日のメディアプロダクションの課題を述べ、どのようにソフトウェア定義型ストレージが今日や将来、また予測できない将来のプラットフォームを提供するかを考えます。
全てのタイプのメディアプロダクションは複数のデバイスにわたる莫大な量のコンテンツをユビキタスな接続性で視聴される経験をしています。つまり、より多くのコンテンツがより短い制作期間で、より協業する必要性があるということになります。

Newnexiswhite3

ソフトウェア定義型ストレージはハードウェアをストレージサービスの制限から解放します。

つまり共有のインフラストラクチャーが構築できるようになり、さらに必要に応じて割り当て可能な多数のバーチャル・ストレージのプールが構築されます。例えば、保護スキームはもうストレージ・デバイスにより設定されません。プロジェクトの必要性に応じて、メディアワークスペースが設定できます。いくつかのメディアは重要でミラープロテクションが必要、いくつかはとても重要でRAID 6が適し、他のメディアはあまり重要でなくRAID 5が適しているとします。ソフトウェア定義型ストレージはこれらの属性に応じたワークスペースを1つのハードウェアの中に作ります。

メディアプロテクションは選択肢となり、プロジェクトの進行具合に合わせて適用されます。ソフトウェア定義型ストレージはまた、シンプルかつ柔軟で、例えば詳細レポートがついた管理と割り当てが簡単に行えます。

Frostsullivan01

ソフトウェア定義型ストレージは顧客が小さくスタートし、ビジネスの成長や変化に合わせ必要な方法で拡張できます。つまり、長期的な予想をしなくても現在必要なものを購入すればいいのです。そうすればよけいな物にお金を使う必要はなく償却前に不要となるストレージプラットフォームに投資する必要もありません。
ストレージはアジャイル(俊敏)であり信頼性があり、値ごろ感がなくてはなりません。
これらは全てソフトウェア定義型ストレージが提供できます。 

Useravatarpic

エド・ハーパー
エドはAvid NEXIS共有ストレージソリューショングループのシニア・プロダクト・マネージャーで、メディア・エンターテイメント産業に有力なソリューションを提供し続けています。

2016年7月 6日 (水)

Avid NEXISよくある質問とその回答

Avidnexis_overviewtab_600x300


Avid NEXIS よくある質問とその回答:

Q: 最近ISIS | 1000を購入しました。どうすればAvid NEXISに移行できますか?両者を混在させることはできますか?

A: ISIS | 1000はNEXIS | PROとなりました。ハードウェアは同じですが、NEXISソフトウェアで稼働させることができる、NEXISファミリーの一員です。最大4筐体まで拡張させることができ、最大80TBの領域の中で、ワークスペースのサイズを自由に変更できます。PROシステムは、NEXIS Enterpriseモデルと混在させることはできません。ISIS | 1000用には、新しい製品名が入ったフロントベゼルを購入することもできます。

Q: 最近Avid NEXIS | PROを購入しました。何が届きますか?
A: 2RUサイズの筐体には、ISIS | 1000と書かれたベゼルがついています。NEXIS | PROと書かれたステッカーが同梱されているので、必要に応じて貼付してください。これは、ISIS | 1000の在庫がなくなるまでの措置です。

重要: ISIS 5.0.xソフトウェアで稼働しているISIS 1000をお使いの場合は、NEXIS 6.0にアップグレードする前に、必ずISIS 5.0.2ソフトウェアをインストールしてください。NEXIS 6.0およびISIS 5.0.2ソフトウェアは、2016年4月16日以降に製品を登録頂いた場合、または有効なAvid Advantage Support Planをお持ちの場合は、Avidマスターアカウントからダウンロードできます。

Q: Avid NEXIS | Enterprise (E2、E4)をインストールしています。ファームウェアをアップデートする必要がありますか?
A: いいえ。Avid NEXIS E2、E4、SDAには、ファームウェアのアップデートは必要ありません。Avid NEXIS v6.0.1をインストールしてください。
Note: Avid NEXIS | PRO にはファームウェアのアップデートが必要です。詳細はReadMeをご参照ください。

Q: ISISシステムを複数台使用しています。NEXISと同時に使用できますか?
A: Avid NEXIS 6.0 Clientソフトウェアを使用すれば、Avid ISISとAvid NEXISに同時に接続することができます。ただし、ISISストレージとNEXISストレージを物理的に混在させて一つのストレージグループを作ることはできません。

Q: Avid NEXISが使用できるアプリケーションは何ですか?
A: Media Composer、Pro Tools、InterplayといったMediaCentral Platformアプリケーションを始め、Adobe Premiere、Apple Final Cut X、EDIUSといった、幅広い3rdパーティーシステムが認証されています。Avid NEXISはMac、Windows、Linuxの各OSをサポートしています。


Q: 3rdパーティーエディターを認証するときのテストはどのような内容ですか?
A: パフォーマンステストです。3rdパーティーシステムは、Media Composerスタイルのプロジェクト共有とコラボレーションをサポートしていないので、プロジェクト共有についてはテストしていません。

Q: メディア保護の形式はどのようなものですか?
A: NEXIS 6.0では、ワークスペースの保護について、以下のようなタイプを用意しています:
 

Two Drive Protection – RAID 6スタイル。各データストライプに対して2パリティブロック。

1 Media Pack(10ドライブ)あたり2つまでのメディアドライブ故障からデータを守ります。

One Drive Protection – RAID 5スタイル。各データストライプに対して1パリティブロック。

1 Media Pack(10ドライブ)あたり1つまでのメディアドライブ故障からデータを守ります。

Unprotected – RAID 0スタイル。パリティなし。
ドライブ故障からデータを守ることはできません。


重要: 故障したドライブは、システムを停止させることなく交換できます。

Avid NEXISは“Media Aware”です。リビルド時間を削減するため、実際にメディアが書かれた部分だけをリビルドします。

Q: ワークスペースを作成後に保護方式を変更することはできますか?
A: 現在のところ、できません。

Q: 2 Drive ProtectionのMedia Packの、ALL Writeのバンド幅は320MB/sというのは、本当ですか?
A: はい。 バンド幅は、保護形式によって変わります。Single Disk Protectionの場合、Writeのバンド幅は360MB/sです。パリティ分のパフォーマンスが1ドライブだからです。Dual Diskの場合は、Writeのバンド幅は320MB/sです。パリティ分のパフォーマンスが2ドライブ必要だからです。


Q: Single DiskおよびDual Diskのときの、ディスクの実容量はそれぞれどれくらいですか?
A: Dual Diskでは物理容量の80%、Single Diskでは89%が実容量として使用できます。Avid NEXISは、ワークスペース単位で保護形式を変えることができるのが特長です。他のストレージでは、システム内のワークスペースはすべてSingle Disk Protectionです。Avid NEXISでは容量とパフォーマンス、メディア保護の重要性とのバランスをワークスペース単位で設定・調整することができます。

Q: リビルドにはどれくらいの時間がかかりますか?
A: リビルドにかかる時間は、記録されたデータ量によって変わります。60TB Media Packで、クライアントからのアクセスがない状態で最大42時間、20TBでは最大14時間程度です。記録されているメディアの量が少なければ、より短時間で終了しますし、リビルド中にクライアントからのアクセスがあれば、より長時間かかります。

Q: 冗長機能はいつリリースされますか?
A: 冗長コントローラー、冗長ネットワーキング、冗長 SDA、エンジンプロテクション(ミラーリング)等の機能は、2016年後半のソフトウェアアップデートでリリース予定です。

Q: Avid NEXISはLDAPをサポートしますか?ISIS LDAP機能と同等ですか?
A: はい。Avid NEXISは現在のISISと同等のLDAPサポート機能を搭載しています。

Q: Avid NEXISのファイルゲートウェイ機能はいつリリースされますか?
A: ファイルゲートウェイ機能は将来対応予定です。

Q: 現有のISIS VLANにAvid NEXISを加えることはできますか?
A: はい。ISISネットワークとAvid NEXISネットワークとを別のサブネットに設定する必要はありません。

Q: Avid NEXISをニアラインとして使用することはできますか?
A: はい。制作用ストレージとしてだけではなく、ニアラインとしてもAvid NEXISは理想的です。Avid NEXIS Software Defined Storageの特長は、物理的に一つのストレージ内に、いくつものバーチャルワークスペースを作成することができ、それぞれに目的に応じた保護形式を設定することができることです。制作のワークスペースにはDual Diskまたはミラーリングを、ニアラインワークフローにはDual DiskまたはSingle Diskをお勧めします。

Q: マルチカメラを使っています。どのようにNEXISを構成すれば良いですか?
A: マルチカメラに対応するには、必要なフォーマットのストリーム数をプラス1するようにします。例えば、XDCAM-50 (1ストリームあたり8MB/s)で4面マルチカメラを行う場合、4+1=5ストリームと計算し、40MB/sをサポートできるようにします。9面マルチカメラの場合も同じです。

Q: コンフィグレーション、見積もり、発注はどのようにすれば良いですか?
A: すべてのAvid NEXIS Enterprise E2 & E4 Engines および System Director Appliance には、ShortまたはLong Range SFP+トランシーバーまたはTwinaxダイレクトアタッチケーブルといった、10G Ethernet ネットワークインターフェースが必要です。また、Avid NEXIS | E4 Engineにはスペアハードディスクドライブ(2台まで)またはドライブスロットカバーが必要です。Half populated Avid NEXIS | E4 (1メディアパック)には10パックのドライブスロットカバーが必要です。

Q: Avid NEXIS FSとはなんの略ですか?
A: Avid NEXIS File Systemです。差別化を図るために、ソフトウェア定義型ストレージFSであるファイルシステムをブランド化しています。

Q: どんなライセンスが必要ですか?
A: Avid NEXIS | Enterprise (E2 & E4) engine にはAvid NEXIS | FS Foundation ライセンスが含まれます。エンジン内蔵の Avid NEXIS System Directorを稼働し、最大4メディアパック、40クライアントまでをサポートします。
Avid NEXIS | System Director Appliance (SDA) にはAvid NEXIS | FS Extended ライセンスが含まれます。最大12メディアパック、165クライアントまでをサポートします。
Avid NEXIS | FS Advanced ライセンスでは、最大24メディアパック、330クライアントまでがサポートされます。Avid NEXIS | FS Advanced ライセンスはAvid NEXIS | SDAに追加するライセンスです。

Q: Interplay環境で使用するとき、クライアントとしてカウントされるのはどのマシンですか?
A: Avid NEXISに接続されるすべてのデバイスは、クライアントとしてカウントされます。

Q: クライアント数は80台ありますが、帯域や容量的には1台のAvid NEXIS | E4 120で十分です。Avid NEXIS | System Director Appliance (SDA) は使用できますか?
A: はい。Avid NEXIS | SDAを使用するための、メディアパックの最小制限はありません。クライアント数が40を超えた場合は、メディアパックの数に関わらず、SDAが必要です。

Q: Avid NEXIS | SDAを使用し、Foundationライセンスは使用していません。エンジンにはSSDが必要ですか?
A; はい。すべてのAvid NEXIS Engines (Enterprise E2, E4 and PRO) にはDual Mirrored SSD(Solid State Drive)が必要です。このSSDは、以下の目的に使用します。

  • ファイルシステムのアクセラレーション
  • コンフィギュレーションとプロファイルの管理 (コントローラー交換時の設定を不要にするため)
  • Avid NEXIS | FS Foundation ライセンス使用時のSystem Directorメタデータの保存

SSDは、すべてのAvid NEXIS コンポーネント、E2、E4、Pro engine、SDAに必要であり、含まれています。

Q: Avid NEXIS 6.0 Clientで接続できる ISIS 5500 および ISIS 7500 のバージョンはいくつですか?
A: Avid ISIS v4.7.5 以降です。

Q: ミラーリングが必要な時は、3台のE2またはE4が必要です。3メディアパックではないのですか?
A: 違います。Avid NEXIS Mirrorを使用するためには、3台のEngineが必要です。E4が1台(=2メディアパック)とE2が1台(=1メディアパック)では、ミラーリングは使用できません。

Q:ミラーリングさせるワークスペースを選んで設定することはできますか?
A:はい。すべてのワークスペースは、Mirror、Dual、Single、保護なしから設定できます。これがAvid NEXIS Software Defined Storageの特長です。

Q: Avid NEXIS | E4を含んだInterplayバンドルの中には、スペアHDDと10パック分のスロットカバーが含まれていますか?
A: はい。Avid NEXIS | E4が含まれたInterplayおよびBroadcast バンドルには、メディアパックと同容量のスペアHDDが付属しています。これらのバンドルでHalf Populated NEXIS | E4(1メディアパック)を含むものには、10パック分のスロットカバーが付属しています。  これらは、ストレージのみ販売時には付属していません。また、SFP+、オプティカルケーブルまたはダイレクトアタッチケーブルは別に注文が必要です。

Q: ストレージグループを20TBと60TBのストレージで構成した場合、そのすべての容量を使うことができますか?
A: いいえ。安定したパフォーマンスを維持するために、Avid NEXISファイルシステムではすべてのメディアパックの容量は同じである必要があります。同一ストレージグループ内に20TBと60TBを混在させた場合、使用できる容量はすべてのメディアパックが20TBだった場合と同じです。20TBと60TBを混在させて、すべてのメディアパックの容量を使いたい場合は、20TBと60TBを別のストレージグループに分けて設定してください。容量の異なるメデイアパックを混在させること自体はサポートされており、一般的には小容量のドライブからデータを移行したい時等に使用されます。

Q: Avid NEXISは異なるサイズのエンジンを混在できる、とはどういう意味ですか?異なるサイズのメディアパックを混在できるという意味ですか?
A: Avid NEXISはE2 EngineとE4エンジンを1つのストレージグループおよびワークスペースに混在できます。これにより、例えばAvid NEXIS | E2から始めて、容量が必要になった場合はE4を追加するといった、際立った柔軟性が実現できます。容量とパフォーマンスを最適化するためには、すべてのメディアパックは同じ容量である必要があります。容量の異なるメディアパックを混在させることは可能ですが、この場合はメディアパックのサイズは最小容量に合わせられます。 

Q: Avid NEXIS | E4には電源ユニットが4つありますが、そのうちの2つが生きていればで稼働できると聞きました。どの2つが生きていればいいのですか?
A: どれでも構いません。どれでも2つが生きていれば、Avid NEXIS | E4は稼働できます。故障した電源ユニットは、エアフローの関係上、交換作業が始まるまでは引き抜かないでください。

Q: HPネットワークスイッチをサポートする予定はありますか?
A: 現時点ではありません。

Q: Cisco Catalyst 4500-X 16 port は認証される予定はありますか?
A: はい。16および32ポートのCisco 4500-X switchesは認証されています。現在のところ、Avidからは32-port Cisco 4500-Xを販売しています。

Q: Twinax (direct attached copper) ケーブルはAvid | NEXIS Enterprise (E2、E4、SDA)からスイッチへの10G Ethernet接続のケーブルとして認証されていますか?
A: はい。すべてのAvid NEXISデバイスでサポートされています。NEXIS Engineからスイッチへの短距離の接続としては、SFP+ オプティカルトランシーバーを使うよりも経済的です。

Q: Avid NEXIS | PROで使用していた10G Twinax (direct attach cable) をAvid NEXIS | Enterpriseで使用することはできますか?
A: はい。10G Twinax (direct attach cable) は、NEXIS Engineからスイッチへの短距離の接続としては、SFP+ オプティックとファイバーケーブルを使うよりも経済的です。現在価格表に記載されているケーブル [7070-30615-01 and 7070-30615-03, Direct Attach Cable copper 1m and 3m] は、Avid NEXIS | PRO, E2, E4, SDA からDell Networks switchへの接続でサポートされています。

Q: "Active Optical" ケーブルはサポートしていますか?
A: 現在のところ、"active optical" ケーブルはサポートしていません。これはSFP+オプティックと固定長のオプティカルケーブルが一体になったもので、短-中距離での接続においては経済的です。現在はTwinax / Direct attach cable 1-3mをサポートしていますが、将来的にはこれらのケーブルも認証する予定です。

Q: Engine A内のスペアHDDは、Engine B内のドライブ故障に対応できますか?
A: いいえ。スペアドライブは同じEngine内のドライブ故障に対応します。  Avid NEXIS | E4では、同じEngine内のどちらかのメディアパックのドライブ故障に対応できます。同一Engine内の故障に限定することで、Engine間のネットワークトラフィックを抑え、故障時の影響を最小に抑えることができます。メディアパックは1エンジン内に収まっている必要があります。

Q: ドライブ故障が起きた後、スペアドライブは元の位置に戻す必要がありますか?また、どれがスペアドライブなのかを知る方法はありますか?
A: Avid NEXIS | E4 は2つのスペアドライブを持つことができます。ドライブが故障してホットスペアを使って修復したとき、故障したドライブを交換するとそれが新しいホットスペアとなり、結果としてスロット上のスペアドライブの位置は変わることになります。このこと自体に問題はありません。スペアドライブの位置を以前の位置に修正する必要はありません。
スペアを示すLEDライトはありませんが、ドライブへのアクセス時に、スペアドライブのLEDライトは点滅しません。Avid NEXIS Agentページからは、指定したドライブのLEDを1秒ずつ点滅させることができます。

Q: Avid NEXIS | Enterprise および Avid NEXIS | PROのサポートが始まるのはいつですか?
A: Avid NEXIS | PRO のサポートは、製品が登録された時点から開始されます。Avid NEXIS | Enterprise (E2, E4, SDA)では、Avidからの出荷30日後に開始されます。


 

Windows 7にNEXIS 6.0クライアントをインストールするときのご注意

Windows用Avid NEXIS Clientドライバーは、SHA-2証明書を使用しています。Windows 7およびWindows Server 2008 R2クライアントでは、Avid NEXIS v6.0 Clientソフトウェアはインストールできますが、起動してもNEXISやISISを見つけることができず、Clientソフトウェアには何も表示されません。この場合、Windows 7またはWindows Server 2008 R2にService Pack 1がインストールされていることをご確認の上、Microsoft Hotfix KB3033929をインストールしてください。

 

詳細はhttps://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=46148(マイクロソフト社サイト)をご参照ください。

 

Windows 7にNEXIS 6.0クライアントをインストールするときのご注意

Nexis_550x310

Windows 7にNEXIS 6.0クライアントをインストールするときのご注意

Windows用Avid NEXIS Clientドライバーは、SHA-2証明書を使用しています。Windows 7およびWindows Server 2008 R2クライアントでは、Avid NEXIS v6.0 Clientソフトウェアはインストールできますが、起動してもNEXISやISISを見つけることができず、Clientソフトウェアには何も表示されません。この場合、Windows 7またはWindows Server 2008 R2にService Pack 1がインストールされていることをご確認の上、Microsoft Hotfix KB3033929をインストールしてください。

 

詳細はhttps://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=46148(マイクロソフト社サイト)をご参照ください。

 

2016年6月28日 (火)

7月14日&15日開催: 『Avid NEXIS Private Seminar in Photron』イベントご案内

Photo

 

7月14日および15日の2日間、Avid製品販売代理店の株式会社フォトロン主催『Avid NEXIS Private Seminar in Photron』が、フォトロン本社ショールームにて開催されます。

新しいストレージ製品『Avid NEXIS』の実機を使った連携ワークフローデモをご覧いただく絶好の機会です。是非ご参加ください。

 

【開催概要】

  • 日程: 2016年7月14日(木)、15日(金)
  • 時間: 第1部 11:00~12:30
              第2部 13:30~15:00
              第3部 15:30~17:00
       *どの回も内容は同じです。ご都合のよい回にご参加ください。
  • 参加人数: 各回、10名様まで(1社あたり最大3名様まで)
  • 会場: 株式会社フォトロン 本社(Web
  • 住所: 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング21階(地図
  • 参加費: 無料(事前申し込み制)
  • 申込み: フォトロン映像システム事業本部(tel: 03-3518-6273 | email: sales@photron.co.jp)まで

【内容】

  • 新ストレージ「Avid NEXIS」ご紹介
  • Avid NEXいS、Media Composer with Artist | DNxIO、DaVinci Resolve Studioの実機による連携ワークフローデモ

【お申し込み】

本セミナーの詳細およびお申し込みは、下記までお問い合わせください

  • 株式会社フォトロン 映像システム事業本部
  • 電話: 03-3518-6273
  • メール: sales@photron.co.jp

 

 


 

【参考情報】

2016年6月16日 (木)

7月21日(木)、22日(金) Avid@九州放送機器展2016

Avidqbee_2

7月21日、22日に福岡国際センターで開催される九州放送機器展2016にてAvidはセミナーを開催します。 NAB 2016で発表された製品の最新情報を九州放送機器展のセミナーでご紹介します。

 また、各Avid販売代理店ブースで、ビデオおよびオーディオの最新製品を展示する予定です。 是非お立ち寄りください!

Nexis2_2

九州放送機器展2016

開催日時

7月21日(木) 10:00 - 18:00

7月22日(金) 10:00 - 17:00

場所福岡国際センター


Avidセミナーを両日開催!

セミナータイトル 「Avid製品最新情報と4K HDR制作」

日時:

7月21日(木) 15:30-16:30 セミナー室D

7月22日(金) 14:30-15:30 セミナー室D    

Nishioka


講師: アビッド テクノロジー株式会社

ソリューションデザイン・アンド・コンサルティング ビデオ・ソリューションズ・スペシャリスト 

西岡崇行

セミナー概要

  • Avid製品最新情報

新しいストレージ製品Avid NEXISのほか、4K / HDRワークフロー対応やPanasonic AVC LongGフォーマットのサポート、Avid MediaCentralとAdobe Premiere Proとの連携など、次世代のメディア制作を実現する最新のAvidソリューションをご紹介します。

  • Avid Media Composerの4K HDR制作

新たな規格として今注目されている「HDR」。ポストプロダクションにおけるAvid Media ComposerのHDR最新対応状況をご紹介します。

  • Avid | JNEWS

最新の報道支援システムとの連携等Avidの報道ワークフローをご紹介します。

登録方法: こちらよりご登録下さい。

Buttonfw_5

Mae_2Avidセミナーにご参加の方にもれなくAvid特製ポーチが当たる! 

※当日受付にてお渡しします。

ダブルチャンス!!

Mediacomposer_boxshot_right_17aug_2


セミナー出席者の中から抽選でMedia Composer 年間サブスクリプションが10名の方に当たります!

(発表は発送をもって代えさせていただきます。)

 


Avid製品をご覧になれるブース

Booth2016_11f_2

ブース番号Avid販売代理店  製品
#J-76 池上通信機株式会社 4K/HDR対応Media Composer+メディア共有ストレージAvid NEXIS | PROArtist | DNxIOの編集システム
#I-74 共信コミュニケーションズ株式会社 メディア共有ストレージAvid NEXIS | PRO とRevnes4Kの連携
#L-85 株式会社 フォトロン

Avid NEXIS | E4を展示。

「Media composer」だけでなく、EDIUS、FinalCutPro、Adobeなどのノンリニア編集機とのシームレスな運用、またMedia ComposerArtist | DNxIOによる4K/HDR編集ワークフローをご紹介。

#C-26

報映産業株式会社

(伊藤忠ケーブルシステム株式会社 共同出展)

Avid NEXIS | E4Media Composer 4K HDR編集の展示。
Avid NEXIS Pro とGrass Valley EDIUS、Adobe Premiere などの
ノンリニア編集機とのシームレスな連携もご紹介します。
#E-46 タックシステム株式会社 S6Pro Tools | HDX

(※展示・セミナー内容は変更する可能性もあります。)

7月28日(木)、29日(金) Avid@ケーブル技術ショー

Calbe

開催日時:

  • 7月28日(木) 9:30〜18:00
  • 7月29日(金) 9:30〜17:00

開催場所: 東京国際フォーラム

入場料: 無料(入場登録制)

Avid Booth # 60

展示予定:

Avid NEXIS | E4

Avid NEXIS | PRO

Nexis2_34K HDRソリューションやメディア管理システムを展示  

Avid 4K編集スターターパッケージ

業界標準のノンリニア編集ツール「Media Composer」、小規模ポストプロダクショ ン向けエントリーレベルのメディア共有ストレージ「NEXIS | PRO」、最新のビデオ・インターフェー ス「Artist | DNxIO」を組み合わせた、よりコストパフォーマンスに優れたターンキーシステム・パッケージです 。 共有ストレージNEXIS やArtist | DNxIOは、Media ComposerやPro ToolsはもちろんのことAdobe Premiere、Apple Final Cut Pro、Grass Valley EDIUS等3rd partyのNLEにも対応しています。展示ではEDIUS(REXCEED)やPremiereも接続してご紹介します。

 

4kstarterpackage_3

Interplay | Production

世界各国の2,100以上の導入実績を持つメディア管理システムです。
多様なサードパーティのプラグインやアプリケーションと連携することで、PremiereやEDIUSとの接続やLTOやODAのアーカイブシステムとの連携も実現します。

Mediacomposer_boxshot_right_17aug_2

Avidブースにお越しいただき、アンケートに答えていただいた方の中から抽選で毎日2名様に

Media Composer永続ライセンスを、毎日3名様にMedia Composer年間サブスクリプション・ライセンスをプレゼント!

(※当選は発送を持って代えさせていただきます。)

参照:

Media Composerライセンスの種類

Media Composerの使い方はエッセンシャルマニュアルをご参照下さい。

2016年6月13日 (月)

関西放送機器展にてセミナーを開催

関西放送機器展 開催概要

Kanbanner

イベント名 関西放送機器展 Kansai Broadcasting Equipment Exhibition
期間 2016年6月23日(木)・24日(金)
内容 関西の放送・映像・通信・コンテンツ制作関連に携わる方々を対象とした
プロフェッショナル・業務用機器・関連サービスなどの総合展示会です。
時間 10:00~17:00
場所 大阪南港ATCホール アクセス
チケット料金 無料 
※ご入場は事前来場登録が必要です
事前来場登録フォームはこちら
主催 関西放送機器展実行委員会
(構成:アジア太平洋トレードセンター、テレビ大阪、テレビ大阪エクスプロ)

Avidは関西放送機器展でセミナーを開催致します。

セミナータイトル: 

「次世代ストレージAvid NEXISとMedia Composerで実現する4K HDR編集」

主催:株式会社フォトロン

セミナー日時:6月24日(金)11:00-12:00

プロダクションから放送局までカバーする4K&HDR対応のMedia Composerと
新製品「NEXIS」ストレージをはじめとするNAB2016発表最新情報を詳しくご紹介いたします。

※受付は会場にて行います。(事前登録不要)お名刺を2枚ご用意下さい。

Nishioka

プレゼンター:

アビッド テクノロジー株式会社

ソリューションデザイン・アンド・コンサルティング ビデオ・ソリューションズ・スペシャリスト 

西岡崇行

Avid製品展示

4kstarterpackage_2

Nexis2_2

Avid製品展示ブース

Avid販売代理店     展示内容                
 株式会社フォトロン  Avid制作向けソリューション(Avid NEXISMedia ComposerArtist | DNxIO)
 共信コミュニケーションズ株式会社  Avid報道向けソリューション(Avid NEXISInterplay | ProductionMedia Composer、Avid | JNEWS)
 報映産業株式会社  Avid NEXISMedia Composer
 株式会社宮地商会 プロフェッショナル事業部 Pro Tools | S6Pro Tools | HDX Pro Tools | HD I/OPro Tools | DockPro Tools | S3Video Satellite (4K)、 Artist | DNxIO
 株式会社サンフォニックス  VENUE | S6L

(※展示・セミナー内容は変更する可能性があります。)

2016年6月 7日 (火)

Avidセミナー@池上通信機内覧会2016

放送映像機器内覧会2016 -Ikegami Broadcast Equipment- 開催のご案内

Logo


日時

6/16(木)10時 ~ 18時(受付終了17時30分)

6/17(金)10時 ~ 17時(受付終了16時30分)

会場ビジョンセンター東京5階 Vision Hall

併設セミナー 

『Avid NEXISの紹介/Avid Media Composer 4K HDR 制作について』

プロダクションから放送局までカバーする4K&HDR対応のMedia Composerと
NABで発表した次世代ストレージ「Avid NEXIS」をご紹介いたします。

16(木)・17(金)両日 14:15~(約45分)

Nexis2_2

プレゼンター:

アビッド テクノロジー株式会社

ソリューションデザイン・アンド・コンサルティング ビデオ・ソリューションズ・スペシャリスト 

西岡崇行

Nishioka

※事前登録制です

登録はこちら

※空席がある場合は、当日のご参加も可能です。

詳細はこちら

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.