i. 報道ソリューション

2016年11月 7日 (月)

Avid Japan Blog引越しました

この度、Avid Japan BlogはAvidブログへ引越しました。

引き続きご愛顧のほどよろしくお願いいたします。

Avideverywhere2016_2

2016年8月 4日 (木)

スペインのRTVEがAvid Media Central プラットフォームを使いリオ五輪放送

スペインの国営放送局であるTVE((テー・ウベ・エー)の常務であるエラディオ・ハレーニョ氏は今週「TVEのリオにおける展開は重要で、全てのチャンネルで5000以上の生放送をします。」と発表しました。
リオ五輪放送をするのは、2つのスポーツ番組「プロフェッショナルの感謝と信頼」と、「デジタルとソーシャルメディア」のインターナショナル・プロダクションであるリオとスペインから273名集めた強いチームです。
 
テクニカル・オペレーション・マネージャーであるデビッド・バルカルス氏に率いられたRTVE.es (Corporación Radio Televisión Española)のチームには、テクニカル・マネージャーのビクター・サンチェス氏、モバイルスタジオとユニットのサポート・サービスのアシスタント・マネージャーのジーザス・ガルシア・ロメロ氏、MCR コーディネーターのマヌエル・ゴンザレス氏、デジタル・ニュースルームサポート・ユニット・マネージャーのホアン・カルロス・ブランコ氏がいます。
彼らは過去の数年以上に渡って、8月5日まで準備のため勤勉に働き2016年リオデジャネイロ五輪の興奮を公衆ラジオや放送局の視聴者に届けます。

Planeamientotecnico

100人以上のRTVEのプロフェッショナルが、大会を報道するためにブラジルへ旅立つチームを作ります。具体的には、129人の展開です(6人は最初のセットアップの後帰ります)。

リオ(スポーツの一部のための技術的な解説者だけでなく)のRTVEの3人の記者も、チームに加わります。全員で141人から成り立つ大きなチームが、スペインから活動に参加します。

スペインへの公式信号を放送・カスタマイズするだけでなく、もう一度、リオ大会管理委員は、RTVEにトラック・サイクリングとマウンテン・バイク・イベントの国際的制作を委任しました。これは、RTVEのプロフェッショナルな地位(また、ロンドンで「シルバー・リング」賞受賞局としてIOCによって認められる)の世界的な認知を意味します。

DesplieguetveriowebRTVE はIBC (International Broadcasting Center)に 400 m²のスペースを構え 信号の録画や技術的なメディアの配信、デジタルニュースルーム、インタビューエリア、ワークスペースやラジオスタジオがあります。 TVEは、バラ・オリンピック・パーク(リオデジャネイロの西)に位置するIBCに、編集とナレーション・サービスに加えて、TVEとRTVE.es のためのマスターコントロール、TVEがコパカバーナ・ビーチの中心に配備するセットならびにIBC自体で配備するユニットのためのディレクション・コントロール、ラジオNacionalのための連続性コントロールと様々なニュース・ステーションから成り立つ重要な技術的なオペレーションチームを、集中させました。

Specialoffer_mediacentralux_promo_1

リオで制作されたコンテンツの全てはAvidの共有ストレージに即時アクセスで保存され、ディープアーカイブやドキュメンタリー・コレクション目的でディスクに置き、試合が終われば完全な素材としてマドリッドに送ります。全ての目録やインデックスのプロセスはRTVE自体が開発した自動メタデータソフトウェアにより実行されます。そのソフトはOBSやTVEのドキュメンタリー制作者から選ばれた者に提供されたメタデータの使用を可能にします。OBSはプロダクションメタデータを提供し、 (Data Broadcast Feed, DBF) それはアスリートや時間、バスケット等の情報を含み、順番にTVEは、RTVEのドキュメンタリー制作者よるメタデータに追加し、そのフィードをAvidで使います。

今回初めて、RTVEは試合をTV、ラジオ、インターネットとリモート・ワークを可能にするニュースルームのジョイント・プロダクション・スチームをベースにしています。それゆえ、記者はスタジアムや会場からの直接の録画時間でニュースを編集することができます。

TVEの技術的な発展の基盤の1つは  Avid MediaCentral | UX, オーディオビジュアルプロダクション環境をモバイルやWebベースのデバイスに延長するクラウドベースのソリューションです。このプラットフォームにより、プロフェッショナルは簡単にコンテンツの制作、編集、配信、管理ができます。ゆえにプロダクションを簡素化することができます。

目的がパッケージ制作、素材のカタログ、レビューや承認のためのビデオの編集やサブミットであれ、どのロケーションからでも標準のナビゲータをベースにした統合されたビューにより、ユーザーはプロセスを簡略化できます。

Avid MediaCentral | UXにより、オーディオビジュアルコンテンツを、たとえロケーションが異なっても数々のワークグループ間で検索、調査、トランスファーができ、コンテンツのダイレクトアクセスできるリンクを共有することができます。さらに、テキストマーカーやビデオサブクリップやライブ信号を作ったり、閲覧、エキスポート、削除する機能を持ち、関連のあるコンテンツの検索を促進します。

システムは迅速なのでフィールドの記者はiNewsストーリーを作成、検索、編集でき MediaCentral ビデオシークエンス をタブレットやラップトップでどこにいてもレビューできます。 

Enviotverio

RTVE.es は 4,500時間以上のライブ番組、 最高19ライブ信号を扱う6,000 時間のビデオオンデマンド (VOD)と大きく展開します。のでユーザーは何も逃さず、なにをいつ見たいか選択できます。さらに、アスリートとのビデオミーティングや TV番組に含まれていないイベントや  RTVE デジタルの特別特派員により制作された独占コンテンツ等を展開します。

Fotogrupojjoo

初めて、webや携帯電話、タブレットや接続されたテレビセットの赤いボタンから等、全ての信号がどのデバイスでも見れます。
新しく、スマートウォッチのアプリに試合やメダルの最新ニュースを組み込みます。
ユーザーは、全ての報道、独占コンテンツで、ソーシャルメディアを通してリオで起こる全てをフォローすることができます。

ライブ放送はリポート、インタビュー、分刻みのスターイベント、最新情報、全てのイベントのビデオ、そして詳細、統計、メダルの完備されたダッシュボードで補われます。

RTVEの五輪報道の全記事はこちらでご覧になれます。 www.panoramaaudiovisual.com.(スペイン語)


オリジナルブログ著者

Useravatarpic

マーケティングマネージャーとして、私は自分の仕事の情熱と経験によりプロフェッショナルの制作した映像・放送に関わる機会があります。それを共有したいと思っています。

補足情報:

RTVE/RTVE.es (ラジオ・テレビジョン・エスパニョーラ)

TVE(テレビジョン・エスパニョーラ)スペインの国営放送局。RTVEグループに属しています。

五輪テレビ中継は、IOC直属のホスト放送機関OBS(OlympicBroadcasting Service)が中心的な役割を担います。OBSは国際映像を制作し、各国の放送権を持つテレビ局(ライツホルダー)に映像を配信します。各テレビ局は国際映像に独自のカメラ映像を織り込み、実況・解説などを付与して放送します。国際映像はOBS単体で制作するのではなく、競技ごとに各国の放送局に制作委託する形をとっています。

リオ五輪でのAR(拡張現実)

2016年リオネジャネイロ オリンピックは最も没入できる試合とされています。AR(拡張現実)により、世界のどこにいようとも、視聴者をアクションのまっただ中に連れて行きます。ARはスポーツ放送にとって新しい事ではありません。

今までも放送局が簡単に3Dのバーチャルオブジェクトを作り、スタジオや野外でも、まるでそこにいようかに見える高度のデザイン・制作ツールは存在しました。

Rio16

ツールやワークフローは同じである一方、プロダクションで展開されるARはとても進化しました。今日の放送局はARをより使いこなし、何に適していて何に適していないのかより理解しています。
すばらしい物とそうでない物のラインがあります。
しかし今は放送局がコンテンツの面から技術を何年にも渡り実験し、どのように使うべきか、どのようなARが適しているか、ARをより理解しています。

それに、今は、よりパワフルなコンピューターを使い、よりリアルなグラフィックを見ることができます。 

Soccervr

多くの放送局は最近のEuro 2016 サッカー欧州選手権で素晴らしいARで進歩を示しました。
例えばフランスの放送局であるM6は、M6のパリのスタジオの中のプレゼンターであるナタリー・レノックスがテレビの中に歩き入り、ニースのサイドラインのプレゼンターであるカリーヌ・ガリへ話しかけるヘッドラインを作りました。
一方で、中国では国営放送のスポーツチャンネルであるCCTV5が非常に詳細な凱旋門のモデルを作り、ゲームのオープニング時にスタジオに現わせて、視聴者にパリのランドマークを”通りぬける”ことを可能にしました。CCTV5はまた、デジタルサンドテーブル(AvidのパートナーであるEarthMountainが作ったプロフェッショナルなサッカーのアプリケーション)を使い、 試合前の予想や毎日のライブ放送前の統計を行いました。
事前にアプリケーションに組み込まれている32の参加チームと選手の全てを使い、CCTV5のプレゼンターはその日の試合をデスクに設置されているタッチスクリーンの異なるカラーやエフェクトを使い討論することができます。
プレゼンターがスクリーンで選手の名前をドラッグすると、視聴者は選手の3Dモデルがスクリーンを走っているのを見れます。

Virtualolympics1280x720

スポーツ放送が、ファンのエンゲージメントや視聴率を上げるのを助けるためにARをどのように使うか発展し続けていっているので、私はリオデジャネイロで用意されている没入型の経験を楽しみにしています。

Avid website でAvidのARソリューションであるRealSetをご覧下さい。


オリジナルブログ著者

Useravatarpic

ジェフ・ロシカ

シニア・バイスプレジデント兼営業・マーケティング最高責任者として私はAvidでグローバルなセールスとマーケティングを行っています。

2016年6月16日 (木)

7月21日(木)、22日(金) Avid@九州放送機器展2016

Avidqbee_2

7月21日、22日に福岡国際センターで開催される九州放送機器展2016にてAvidはセミナーを開催します。 NAB 2016で発表された製品の最新情報を九州放送機器展のセミナーでご紹介します。

 また、各Avid販売代理店ブースで、ビデオおよびオーディオの最新製品を展示する予定です。 是非お立ち寄りください!

Nexis2_2

九州放送機器展2016

開催日時

7月21日(木) 10:00 - 18:00

7月22日(金) 10:00 - 17:00

場所福岡国際センター


Avidセミナーを両日開催!

セミナータイトル 「Avid製品最新情報と4K HDR制作」

日時:

7月21日(木) 15:30-16:30 セミナー室D

7月22日(金) 14:30-15:30 セミナー室D    

Nishioka


講師: アビッド テクノロジー株式会社

ソリューションデザイン・アンド・コンサルティング ビデオ・ソリューションズ・スペシャリスト 

西岡崇行

セミナー概要

  • Avid製品最新情報

新しいストレージ製品Avid NEXISのほか、4K / HDRワークフロー対応やPanasonic AVC LongGフォーマットのサポート、Avid MediaCentralとAdobe Premiere Proとの連携など、次世代のメディア制作を実現する最新のAvidソリューションをご紹介します。

  • Avid Media Composerの4K HDR制作

新たな規格として今注目されている「HDR」。ポストプロダクションにおけるAvid Media ComposerのHDR最新対応状況をご紹介します。

  • Avid | JNEWS

最新の報道支援システムとの連携等Avidの報道ワークフローをご紹介します。

登録方法: こちらよりご登録下さい。

Buttonfw_5

Mae_2Avidセミナーにご参加の方にもれなくAvid特製ポーチが当たる! 

※当日受付にてお渡しします。

ダブルチャンス!!

Mediacomposer_boxshot_right_17aug_2


セミナー出席者の中から抽選でMedia Composer 年間サブスクリプションが10名の方に当たります!

(発表は発送をもって代えさせていただきます。)

 


Avid製品をご覧になれるブース

Booth2016_11f_2

ブース番号Avid販売代理店  製品
#J-76 池上通信機株式会社 4K/HDR対応Media Composer+メディア共有ストレージAvid NEXIS | PROArtist | DNxIOの編集システム
#I-74 共信コミュニケーションズ株式会社 メディア共有ストレージAvid NEXIS | PRO とRevnes4Kの連携
#L-85 株式会社 フォトロン

Avid NEXIS | E4を展示。

「Media composer」だけでなく、EDIUS、FinalCutPro、Adobeなどのノンリニア編集機とのシームレスな運用、またMedia ComposerArtist | DNxIOによる4K/HDR編集ワークフローをご紹介。

#C-26

報映産業株式会社

(伊藤忠ケーブルシステム株式会社 共同出展)

Avid NEXIS | E4Media Composer 4K HDR編集の展示。
Avid NEXIS Pro とGrass Valley EDIUS、Adobe Premiere などの
ノンリニア編集機とのシームレスな連携もご紹介します。
#E-46 タックシステム株式会社 S6Pro Tools | HDX

(※展示・セミナー内容は変更する可能性もあります。)

2016年5月11日 (水)

Avid @ 東北映像機器フェスティバル 2016

Tohoku

2016年6月2日(木)、6月3日(金)に仙台国際センターにて「東北映像機器フェスティバル」が開催されます。NAB2016で発表した新製品をいち早く仙台に持っていきますので是非Avid販売代理店ブースにお越し下さい!

■ 名 称   「東北映像機器フェスティバル 2016」

■ 開催日時  2016年6月2日(木) 10:00〜17:00
           2016年6月3日(金) 10:00〜16:00    
■ 場 所    仙台国際センター 展示棟 青葉山コンソーシアム(指定管理者)
         〒980-0856 仙台市青葉区青葉山無番地
         Tel. 022-265-2211(代表)
         Fax. 022-265-2485
  
■ 主 催   一般社団法人 東北映像製作社協会

■ 入 場   無料


今年の NAB2016で Avid は、Avid Everywhere 構想の次の段階となる新製品とソリューションを発表しました。その中でも注目すべきはAvid NEXISです。東北映像機器フェスティバル2016の全てのAvid販売代理店ブースでAvid NEXISをご覧いただけます。

Nexis2_2

次世代インテリジェント・メディア・ストレージ: 今年のNABで発表したAvid NEXIS™ は、ストレージの完全仮想化を実現する業界初、業界唯一のソフトウェア定義ストレージ・プラットフォームです。メディア企業は、プロジェクトの進行中でもワークフローを中断することなくストレージ容量を調整することができます。Avid NEXISは、Avidおよびサードパーティ・ベースのいずれのワークフローにおいても、比類ない柔軟性、拡張性および制御を提供します。大規模メディア企業同様に、小規模制作にもパワフルに対応できるよう設計されたAvid NEXISは、あらゆるステージで、事業と共に拡張する柔軟性を提供する唯一のストレージ・プラットフォームです。

Avid Everywhereのオープン性により、Avid NEXISは、Media Composer®Pro Tools®、Apple Final Cut Pro、Adobe Premiere Pro、Grass Valley EDIUSをはじめとする全ての主要メディア制作アプリケーションに対応します。制作チームは仮想化されたストレージ・リソースの共有プールへ素早くアクセスして、効率性を劇的に向上できます。


Avidの製品は下記のAvid販売代理店のブースでご覧になれます。

報映産業株式会社

  • 4K/HDRに対応したMedia Composer v8.5を展示・デモンストレーションします。
  • Grass Valley EdiusをAvid NEXISに繋いだ編集システムの展示
  • NAB 2016最新情報
  • NAB 2016の製品アップデートと「報道セミナー」をブースで開催

セミナータイトル:『報道のメディア制作とメタデータの統合を実現するAvidソリューション』

Avid Everywhere構想に基づく最新のInterplay | Production、Media Composer | Cloud、Media Central | UX、報道支援システムとの連携等Avidの報道ワークフローをご紹介致します。

Avidの報道ソリューションは、回線収録から編集、オンエア、ライブラリまで報道制作に関わる全ての工程を強力にサポートするトータルソリューションです。またメタデータについては報道支援システムと完全に連携しているので、ディレクター、記者、編集マンの間で情報が抜け落ちる心配がありません。

Jnews

報道セミナーは、東北映像機器フェスティバル2016開催期間中随時開催しておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

展示予定機材:NEXIS | PRO Media Composer (4K/HDR対応)

 

株式会社フォトロン

Avid NEXISとMedia Composer、DaVinci Resolveとの連携4K/HDRワークフローを展示・デモンストレーションします。

展示予定機材:NEXIS | PRO Media Composer (4K/HDR対応)、Artsit | DNxIO

Avid Artist | DNxIO

Dnx

Artist | DNxIOは、SD/HD/UHD/2K/4Kメディアをはじめ、さらに上の高解像度(60fps、12-bitカラーまで)、2D、3D、カスタムラスターのスムーズかつスピーディな制作ワークフロー構築を可能にするよう設計されたプロフェッショナル向けパワフルなビデオI/Oインターフェースです。Artist | DNxIOを使うことで、メディアを最高のクオリティで素早くキャプチャ、モニタリング、アウトプットが可能です。Media Composer、Pro Tools、DaVinci Resolve、Final Cut Pro、Premiere Pro、Grass Valley EDIUS などの様々なクリエイティブ・ツールに対応します。豊富なアナログ/デジタル入出力接続に対応しているため、あらゆるカメラ、デッキ、ディスプレイ、機器と一緒に使用することができます。(製品ページ | データシート

4kstarterpackage

池上通信機株式会社

Dnx_3

4K/HDR対応Media ComposerV8.5+メディア共有ストレージAvid NEXISの編集システムを展示します。

展示予定機材:NEXIS | PRO Media Composer (4K/HDR対応)、Artist | DNxIO

4kstarterpackage_2

共信コミュニケーションズ株式会社

展示予定機材:Avid NEXIS | PRO の4K制作ワークフローを展示します。

Nexis

 

(※展示・デモ内容は変更する可能性もあります。)

お近くの方は足を運んでいただければ幸いです。

 

2016年4月27日 (水)

【Avidプレスリリース】Avid Everywhere、Panasonic AVC Ultra-LongGサポートにより放送業界のワークフローを加速

 

Photo_2


Avid EverywherePanasonic AVC Ultra-LongGサポートにより放送業界のワークフローを加速


~ 業界で最も人気の高いコーデックに対応するエンド・ツー・エンドのワークフローが、Avid Resolution Independence(レゾリュー ション インディペンデンス)を拡大し、比類ない性能と効率性により新たなオペレーションを提供 ~

 

NAB (ブース#SU902)、ネバダ州ラスベガス、2016416: Avid® (NASDAQ: AVID) は本日、Avid MediaCentral™ Platformを基盤とするソリューションとの完全統合を含み、Panasonic AVC Ultra-LongGビデオフォーマットに対応する業界初のエンド・トゥ・エンド制作ワークフローを発表しました。世界中の多くのニュース会社および放送局は、小さな帯域幅で高品質メディアを提供するAVC Ultra-LongGフォーマットで撮影しています。Avid MediaCentral Platformの総合的サポートにより、制作チームは合理的かつ高度に統合されたワークフローを用いる最も効率的な方法で、この最先端の高効率圧縮スキームのメリットを活用することができます。

Avidのバイスプレジデント兼製品管理最高責任者ダナ・ルチカは次のように語ります。「放送局のお客様は、幅広いフォーマットや解像度を制限なく扱うことができる統合されたワークフローを必要とします。Avid Everywhere™のオープン性を通じて、Avidはメディア制作者や企業にとって価値ある業界フォーマットへの対応に力を注いでいます。エンド・トゥ・エンドのAVC Ultra-LongGワークフローとMediaCentral Platformでのサポートを提供することにより、Avid Resolution Independence(レゾリュー ション インディペンデンス)を拡張し、お客様やパートナーへ比類ない性能と効率性を提供します。」

NBCやCox Media等、世界最大手の放送局の幾つかは、既にPanasonic AVC-LongGフォーマットを使用しています。また、多くの企業がフォーマットへの対応を準備しています。AVC Ultra-LongG に対応するAvidのエンド・トゥ・エンド・ワークフローは、ベースバンドおよびファイル・ベース・インジェスト、編集、ロギング、送出、アーカイブ等を含み、Avid Artist、Media、Storage Suiteに及びます。

業界初、Avid独自のAVC Ultra-LongGストリームのスプライス機能では、送出やコンソリデート時に、全体の再エンコードをせずに、既存のシーケンスに変更を加えることができます。Avid MediaCentral Platformとのシームレスな統合により、確立した運用慣習を阻害するリスクなく、ユーザーはこの新しいカメラ・プラットフォームに投資して、旧型のカメラと安全に置き換えることができます。

パナソニック株式会社イメージングネットワーク事業部映画・放送局担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント(イメージングネットワーク事業部プロAVシステム・ビジネスユニット長)宮城邦彦氏は次のように話しました。「パナソニックは、AVC Ultra-LongGワークフローとAvidシステムの統合を発表します。弊社の数多くのお客様が、取り込みからアーカイブまで制作の範囲を広げる総合ワークフローを求めています。このソリューションは、まさにそのものを提供します。弊社とAvidの密接なコラボレーションが、ニュース制作及び放送業界において、お客様にもたらすメリットを楽しみにしてます。」

 

AVC-LongG対応Avidソリューション:

  • Media Composer®— 映画、テレビ、放送業界の標準ソリューションで、SD、HD、高解像度メディアを編集
  • Avid NEXIS™—世界初のソフトウェア定義ストレージ・プラットフォームで制作を加速
  • Interplay® | Production—アセットの管理、コラボレーション、ワークフローを自動化して大規模メディア配信に対応
  • Interplay | MAM—包括的システムでメディア制作全般を一元化して統合
  • AirSpeed® | 5500—マルチチャンネルのインジェスト/送出サーバーで、SD、HD、高解像度ワークフローを加速
  • Media | Director—ファイル・ベース・メディアのインジェスト、一時保存、トランスコードを自動化
  • MediaCentral | UX—クラウド・ベースのインターフェイスから、メディアへアクセスし、プロジェクト作業を実行

 

 

販売について

Panasonic AVC-LongG フォーマットは、2016年第二四半期中にサポートを開始します。

 

 

 

本プレスリリースについては、以下までお問い合わせください。

アビッド テクノロジー株式会社 マーケティング部 03-3505-7937(代表) news_jp@avid.com

 

 

2016年4月22日 (金)

Avid、Panasonic AVC Ultra-LongGビデオ・フォーマットに対応する業界初のエンド・ツー・エンド制作ワークフローを紹介

Top_longg_2

より多くの世界中の報道機関や放送局は今日小さな帯域幅で高品質メディアを提供するPanasonic AVC Ultra-LongGビデオフォーマットで撮影しています。

NBCやCox Media等、世界最大手の放送局の幾つかは、既にPanasonic AVC-LongGフォーマットを使用しています。また、多くの企業がフォーマットへの対応を準備しています。

20160416longgsupportlogo

MediaCentral プラットフォームに渡るAVC Ultra-LongG に対応するAvidのエンド・ツー・エンド・ワークフローは、Avidレゾルーション・インデペンデンスに及び、顧客やパートナーに前例のない派フォーマンスと効率を提供します。

Avidのエンド・ツー・エンド・ワークフローは、ベースバンド及びファイル・ベース・インジェスト、編集、ロギング、送出、アーカイブ等を含み、Avid Artist、Media、Storage Suiteに及びます。

MediaCentral プラットフォームとのシームレスな統合により、確立した運用慣習を阻害するリスクなく、ユーザーはこの新しいカメラ・プラットフォームに投資して、旧型のカメラと安全に置き換えることができます。

20160416longgsupportquote


「パナソニックは、AVC Ultra-LongGワークフローとAvidシステムの統合を発表します。弊社の数多くの顧客が、取得からアーカイブまで制作の範囲を広げる総合ワークフローを求めています。このソリューションは、まさにそのものを提供します。弊社とAvidの密接なコラボレーションが、ニュース制作及び放送業界において、お客様にもたらすメリットを楽しみにしてます。」
—パナソニック株式会社イメージングネットワーク事業部映画・放送局担当エグゼクティブ・バイス・プレジデント(イメージングネットワーク事業部プロAVシステム・ビジネスユニット長)宮城邦彦氏

20160416longgsupportmam


下記のAvidのソリューションが2016年第2四半期にPanasonic AVC Ultra-LongGをサポートします。

AVC-LongG対応Avidソリューション:

  • Media Composer— 映画、テレビ、放送業界の標準ソリューションで、SD、HD、高解像度メディアを編集
  • Avid NEXIS—世界初のソフトウェア定義ストレージ・プラットフォームで制作を加速
  • Interplay | Production—アセットの管理、コラボレーション、ワークフローを自動化して大規模メディア配信に対応
  • Interplay | MAM—包括的システムでメディア制作全般を一元化して統合
  • AirSpeed | 5500—マルチチャンネルのインジェスト/送出サーバーで、SD、HD、高解像度ワークフローを加速
  • Media | Director—ファイル・ベース・メディアのインジェスト、一時保存、トランスコードを自動化
  • MediaCentral | UX—クラウド・ベースのインターフェイスから、メディアへアクセスし、プロジェクト作業を実行


Avid歴17年で、常にAvidのお客様の仕事や視聴者や業界の変化に対応する姿に感心しています。Broadcast & Mediaのシニア・マーケティング・マネージャーとして放送局の需要に適したソリューションをブログで紹介していきます。

2016年4月18日 (月)

Avid Connect 2016速報!新しいストレージ製品『Avid NEXIS』、エンド・トゥ・エンドLongGサポート、MediaCentral PlatformとAdobe Premiere Proとのコラボレーションを発表

NAB 2016に先駆けて、今年で3回目となるAvid Connectを4月17日&18日にラスベガスのWynn Las Vegasホテルにて開催しました!今年も様々な発表が行われました。このブログでは、Avid Connect 2016の様子を速報でお届けします。 

Dscn5146_2

 

まず初日の午前中は、CEOのルイス・フェルナンデスJr.がAvid Everywhere最新アップデートからです。

Dscn5143 

今年のNAB期間中、Avidブース(ブース#902)では、Pro Toolsクラウド・コラボレーションの展示・デモを予定しています。Avid Connectでも、アーティスト・コミュニティから素晴らしいギターリストを見つけ、クラウド・コラボレーション経由でセッションを共有・共同作業し、CM制作するデモをご覧頂きました。

Dscn5161_2

MediaCentral PlatformとAdobe Premiere Proとのインテグレーションを発表しました。Premiere Proから、Interpaly | PAMやInterplay | MAMなどのAvidプラットフォームにある素材をダイレクトにビンに入手したり、編集結果をAvid環境に送ることができるようになります。

Dscn5182

 

Avid Spark、Maestro、Playmaker、4Designerなどのスポーツ&グラフィックス製品もAvid MediaCentral Platformに組み込まれ、よりパワーアップしています。

Dscn5195

さらに、次世代のファイル転送環境に対応するVideo over IP、Panasonic Long Gビデオフォーマットのエンド・トゥ・エンドワークフロー対応なども発表されました。

Dscn5300

 

 

…そしていよいよ、今年の発表の目玉、ネクスト・ジェネレーション・インテリジェント・ストレージ『Avid NEXIS』の発表です!

Dscn5211

Dscn5223

Newnexisblack

Avid NEXISは、リアルタイムのメディア制作のための拡張性の高いインテリジェントなストレージです。

制作規模に応じてストレージ・エンジンを選び、ニーズに応じて柔軟に拡張することができます。小規模なワークグループや施設向けにはNEXIS | PRO、中規模もしくは大規模制作向けにはNEXIS | E2 / NEXIS | E4から選択いただけます。System Directorが内蔵されており、メタデータを高度に管理します。大規模な制作環境の場合には、外付けのNEXIS | System Director Applianceを追加することで、最大1.44 PBのストレージ容量(24個のメディア・パックを使用、合計帯域幅9.6 GB/s)、330のアクティブ・クライアント、2,000万ファイルまで拡張することが可能です。セキュリティのオプションも豊富で、ディスク障害からのメディア損失を防ぎます。ハードウェアも冗長化構成が可能で、現代そして将来のメディア制作に最適です。

Avid NEXISの詳細は弊社Webページを御覧ください。

 

また2日目のAvid Connectでは、MediaCentralプラットフォームの仕組みもご紹介。今後、オープンプラットフォームによる、Connectivity Partnerはますます増えることでしょう。

Dscn5293_2

 

 

いよいよ明日から、NAB 2016が始まります。Avid(SU 902)ブースの様子もお届けしますのでお楽しみに!

 

 

 

 

 

 

2016年4月 1日 (金)

報道制作ワークフロー – 報道支援との究極の連携

Avideverywhere_logo2014_blk

Img_6056

Inter BEE 2015のAvidブースメインステージのプレゼンテーション

『報道制作ワークフロー – 報道支援との究極の連携』 のビデオが本日より公開となりました。

Avidの報道ソリューションとニシコンJaprsとの連携をご紹介します。


第1部 Japrsと連携した取り込みまで

第2部 MediaCentral | UXで素材にメタデータ付け/ Media Composerで編集

第3部 オンエア後の完パケをアーカイブ/アーカイブシステムとAvid間のメタデータ連携

※ビデオは全部で3本あります。


オープンなAvidの共有ストレージ ISISシリーズ

Isis5500_right


Avidの共有ストレージ製品Avid ISIS |1000ISIS | 5500ISIS | 7500 は、編集アプリケーション・サポートを拡大しており、どんな解像度であっても効率的なコラボレーションをサポートしプロジェクトを素早く処理、優れた費用対効果での運用を実現します。
Adobe Premiere Pro CC、Apple Final Cut Pro、Grass Valley EDIUS Workgroup 8、その他編集アプリケーション を複雑な設定や互換性の問題なく、同じISISシステムに繋ぐことができます。

共有ストレージ ISIS | 5500は
経済産業省「生産性向上設備投資促進税制」対象製品です。
詳細はこちら (Avid Japan Video Blog)

製品のお問い合わせ:Avid製品販売代理店

2016年2月19日 (金)

Avid報道制作ワークフロー ~報道支援との究極の連携

Jnews

報道支援との究極の連携

Avid の報道ソリューションは、今日、世界中の放送局で多数の導入実績を誇ります。

現場や支局で威力を発揮するリモート編集システムや記者用のプレビューシステムをはじめ、日本市場に適したニシコンの報道支援システム Japrsとの強力な連携機能があります。

Inter BEE 2015のAvidブース メインステージで行われたプレゼンテーションをオンデマンドビデオで是非ご覧下さい。

Copyright © 2010 Avid Technology, Inc. All rights reserved.